孤独、ブルックナーって自然が嫌い?   

mozart symphonia concertante, k364
bruckner symphony no.4
benjamin schmid (vn), rachel roberts (va),
christoph von dohnanyi / philharmonia o @royal festival hall


初めて聴くフィルハーモニア・オーケストラ。指揮者は前に弦の切れた若いソリストを上手にサポートして好印象のドホナーニさん。そして1回聴いてみたかったブルックナーのロマンティック。実はこの日記は1ヶ月以上おいて書いてるので(ブログを書こうと思い立ったのが最近なので)、強く印象に残ったところだけを書きますね。本当ならば大好きなモーツァルトにも一言触れるべきなんでしょうが。
ブルックナーの交響曲、弦のトレモロの上に裸のホルンで始まります。このトレモロ、ピアニッシモだし何となく淡い雰囲気って思いこみがあったのですが(もしかして大好きな7番の印象が強くて?)、結構力強いんですね。コントラバスが入ってるから。で、ホルンのソロが聞こえたとたん戸惑うわたし。孤独?こんなに孤独だったっけ?この曲。確かにホルンが一人で単純な旋律を吹いていきます。でも、夜明けの太陽が森に射していくような光の暖かみがあったような気がするけど。音楽が進んでも孤独感が消えることがありませんでした。ソロの多用がそう感じさせるのかな。この曲ってこんな曲?こんなイメジでCDを聴いたことがありません。わたしに見えてくるのは孤独感と、ブルックナーが苦心したであろう曲の構成感、各楽章の関連性をとっても意識して作られてるのを聞き取ることができました、そして、自然と神(教会)との融合の失敗。ブルックナーは本質的に自然が嫌いだったのでは。そうでなければ(自然からの)こんな孤独な疎外感を感じさせるはずがありませんもの。ドホナーニさんはとても繊細に丁寧に音楽を作ってました。ブルックナーはこの曲ではまだ自分を表現する技術を持たなかったのか、ずいぶんと考えることとなりました。
[PR]

by zerbinetta | 2008-10-30 05:12 | フィルハーモニア | Comments(0)

<< 我らが音楽 始まりはいつも突然 >>