きれいすぎるって青春じゃないよ   

beethoven: violin concerto
mahler: symphony no.1
janine jansen (vn), charles dutoit / philharmonia o @royal festival hall


マーラーの交響曲第1番はわたしが中学高校生時代にとてもたくさん聴いた、青春の思い出がいっぱい詰まった曲です。音楽と思い出を安易に結びつけるのは良くないとは思うんだけど、マーラーの音楽自身もまさしく彼の疾風怒濤の青春時代を謳ってるんじゃないかしら。作曲されたのは20代後半なので青春という言葉が違っていたら若者時代。根拠のない自信でむやみに尖っていて内にも外にも不満を抱えて、些細なことも重大に感じて、いつもやたらめったら走っていた。現実より夢がむやみに大きく、そして恋もまだ甘く酸っぱくて。そんな時代がわたしもあった。そしてそれはマーラーのこの交響曲にぴたりとリンクしる。そんな時代が過ぎてしまったわたしにとって、この曲は美しい過去を思い出す起爆装置でもあり、まだ熱く燃えるものを心の中に秘めていることを確認できる大切な音楽なのです。この曲は聴くたびにそんな化学変化を心に引き起こすのでどんな演奏でも泣いてしまう。そして今日も泣いた。確かにそうなんだけど、でも満たされない気持ちも残ったのは事実です。第1楽章はとってもきれいにのどかな春の気分を表出してステキ〜って思ったんだけど、夢のようにきれいすぎて何だかほんとに夢を見ているよう。心穏やかに感情の起伏もなく過去を懐かしんでる。青春のとげとげしさも抱えていた不満も負のエネルギーもみんな平坦化してもはや揺れるものがない感じ。それは疾風怒濤の第4楽章でも同じで、夢見るような第2主題のとろけるような美しさは特出ものだけれども、全体が形が整いすぎてて、燃えるものが心にわき上がってこないの。もっともっとはちゃめちゃに演奏して欲しい。CDの録音じゃないんだから。老齢の大家の音楽ではない、もっとアグレッシヴで触れれば火傷するくらい熱くて尖ってる音楽をマーラーは書こうとしたんだから。
[PR]

by zerbinetta | 2008-11-25 19:53 | フィルハーモニア | Comments(0)

<< 漢のなかのロマン ゲルギーカロリー控えめ? >>