プロムス始まりました   

mahler: symphony no. 8
mardi byers, twyla robinson, malin christensson (sp),
stephanie blythe, kelly o'connor (ms),
stefan vinke (tn), hanno müller-brachmann (br),
tomasz konieczny (bs)
choristers of st paul's cathedral, choristers of westminster abbey,
choristers of westminster cathedral, bbc symphony chorus,
crouch end festival chorus, sydney philharmonia chorus,
jiří bělohlávek / bbc symphony @royal albert hall


昨日、CLASSICAで、BBC Proms 2010開幕の記事を見て、えっもう始まっちゃたの? わたしチケット買ったのに、日にち間違えちゃった(前科あり)って大あわて。日本とは半日ずれてるので日本の今日の深夜からは、イギリスの明日なんですね。良かった。
というわけでプロムス始まりました。わたしとしては同時に始まったスイスのヴェルビエ音楽祭の方が気になるんですけど、お金もないし忙しいのでこちらは断念。ネット・テレビで観ることにします。さて、プロムスの初日、1週間ほど前にキューに並んだら取れたので行ってきました。初めてのプロム、初めてのロイヤル・アルバート・ホール。初めてのマーラーの交響曲第8番です。
ロイヤル・アルバート・ホールのあるケンジントンの周辺は煉瓦色の建物が多くて、とっても良い雰囲気。歴史を感じさせます。ロイヤル・アルバート・ホール自体も美しい建物です。スタジアムのような円いホールでステージの後ろにもステージを取り囲むように席があります。今日はこの席は合唱で占められていましたが。わたしの席は2階(日本では3階)のボックス席。何の予備知識もなくて買ったんですが、ボックス席なのでちょっぴり高級感。25ポンド、ちょうど真ん中くらいのお値段です。とても大きなホールなので心配してましたが、わたしの席からステージまでは意外と近かったです。そしてホールの響きは思ったよりずっと良かったです。残響も適度にあってロイヤル・フェスティヴァル・ホールよりもいいかもって思ったくらいです。天井はドーム状になってるので教会的な響きかな。祝祭感満載で、わくわくする雰囲気。今日の音楽にぴったりじゃないですか。

千人の交響曲は意外と小さな編成でした。合唱は少年合唱を入れて500人から600人くらいだと思うんだけど、オーケストラは必要最低限。コントラバスは8人、ヴァイオリンは各14人か16人くらい。木管楽器も金管楽器も倍管していません。それで音量が足りないとか、迫力がないとかそんなことはなく、ビエロフラーヴェクさんのさばさばとした音楽作りに合ってたと思います。オーケストラのメンバーがトラを入れずに普段の音楽会とほぼ同じだというのもアンサンブルもしやすかったんじゃないでしょうか。とは言え、合唱や独唱、ギャラリーのバンダまで含めるとかなり距離が離れていてところどころアンサンブルが揃わないところは致し方のないことかしらね。でも、そんな瑕はCDで聴き慣れてるから感じることでしょう。会場でわくわくしながら聴いてるのにはほとんど気になりません。それにしてもこの交響曲、ほんとに祝祭的な雰囲気にぴったり。マーラーの音楽の中でぽつんと異質な感じがするけど、マーラー自身はいったいどんな思いでこの曲を演奏したのかしら。当時会場にいた人たちはどんな風にこの破天荒な音楽を受け止めたのかしら。なんだかわたし自身、1910年9月12日の人と気持ちを重ね合わせてるように感じました。わたしにとってもこの曲は生で聴くのは初めてですし、コンサート・ホールでよりもこういう劇場的ホールで聴くのがふさわしい気がしています。
ビエロフラーヴェクさんの音楽は、とっても誠実。華美に飾ることもなく、勢いにまかせて突っ走ることもなく、極めて自然体に音楽的に演奏してくれました。基本のテンポは速めと言えば速めかなくらいで、ゆっくり歌うところではテンポを落としてメリハリを付けています。印象的だったのはオルガンの音。ほの蒼く光を反射してる大オルガンの響きはこのホールにとっても良く合っていて、オルガンの音楽会も聴きに来たいなって思ったほどです。特に第1楽章の短い音のアタックが耳に刺さるのが気持ちいい。それから突然ギャラリーの高いところから聞こえてきたバンダの金管楽器。むちゃ効果的。2つの合唱もとっても良かったです。この音楽が合唱付きの交響曲ではなくて、オーケストラの伴奏付きの合唱曲であるということを思い知らされました。少年合唱は60人くらい。初演のときは350人くらいで演奏しているので、バランスは初演のときとは違うように聞こえるんでしょう。今時少年合唱を350人も集めるって現実的じゃない気もするけど、マーラーが指揮をした演奏はどんな風に聞こえていたのかちょっぴり気になります。CDでいろんな演奏を聴き慣れてる耳には少年合唱350人は膨らみすぎのような気もしますが(実際に大人数の少年合唱を使ってる録音ってあるんでしょうか)。独唱者はさすがに8人の歌手をたった1回の音楽会のために集めるのは難しいことのようで、録音販売用にセッションを組まれたものには劣ります。でも、ライヴですから。生の声が耳に届くことのなんと贅沢な喜びでしょう。その中では圧倒的にメゾ・ソプラノのステファニー・ブライスさんが良かったです。完全に頭2つ飛び出てました。メトでも何回か聴いたことがあったんですが、あの頃からさらに磨きがかかったようです。大きな体を活かしての声量と響きの良さは本当にステキ。もうひとりのメゾのケリー・オコーナさんやテナーのステファン・ヴィンクルさんもがんばっていましたが、やっぱりブライスさんでしょう。

あの劇場の中はまるで別世界でした。千人の交響曲なんて一生のうちに何回も聴けない音楽ですし、何回も聴かないのがふさわしい音楽だと思います。特別な体験を語り継いでいくような、もはや音楽の枠には入りきらず、音楽によって震わされた内なる宇宙が身体の中に残って、実体になる。プロムという祝祭的な空間でその初日の音楽会での体験はCDでどんな優れた演奏を聴いても消えることのない記憶となるでしょう。わたし自身が鳴り響いたのだから。

ロイヤル・アルバート・ホールの巨大な祝祭的なステージ
c0055376_2048425.jpg

女性歌手陣 ブライスさんは手前から二人目
c0055376_20492980.jpg

男声歌手陣 アリーナ席とステージは手の届く距離ですね
c0055376_20503199.jpg

ビエロフラーヴェクさん
c0055376_20524046.jpg

[PR]

by zerbinetta | 2010-07-16 20:46 | BBCシンフォニー | Comments(8)

Commented by dokichi at 2010-07-17 21:35 x
zerbinettaさん、こんにちは
プロムスが始まりましたね
マーラーの8番は、聞いたことないので
めちゃくちゃ楽しみです!
それと最後のチェロの両首席の笑顔の写真サイコーです
私のお気に入りのスーザンさんは、日本に来てくれなかったので
さらにそう思っちゃいます
(昨日、来日公演は、NHK教育で放送されました)
Commented by zerbinetta at 2010-07-18 01:51
良い音楽会の後の演奏者たちの表情が大好きです。本当に充実した音楽会のときはみんな本当に幸せそう。チェロのおふたりの笑顔、ステキですね。スーザンさんほんの短いソロがあったんですが、ああこの人こういう風に弾くのか、dokichiさんがファンになる気持ち分かるなぁって思いました。
Commented by Miklos at 2010-07-18 08:26 x
いつも思うのですが、いいカメラと腕前をお持ちですね。

私はその上のCircle席(反対側)でしたのでステージが遠かったのですが、写真くらいステージが近いと歌手の声もけっこうよく聴こえたのではないでしょうか。

2階ボックスは暑くなかったですか?Circleは空調があまりきいてなくて、終始汗をフキフキしながら聴いていました。
Commented by zerbinetta at 2010-07-18 17:10
どうもありがとうございます。でもやっぱりへたっぴですよ。カメラはデジイチとかいうものでちょっといいかもしれませんが。

わたしの席からステージまではバービカンの3階席よりもほんのちょっぴり近いかなという感じでした。ホールの響きは良いと感じたので、席によって全然違うのかもしれませんね。ボックス席は暑くなかったです。半袖だったし、暖かい方が好きなせいなのかもしれませんが。
Commented by gezkaz at 2010-07-19 01:46 x
つるびねったさん、こんにちはーー。
私も行きましたよー、初日。感動しました。やっぱり「宇宙」という言葉を一番に思いましたよ、私も。ほんと、そういう場でしたよね?

ヴァルビエ音楽祭のネット中継のこと、教えてくださってありがとうございます。私も登録してみます!
Commented by zerbinetta at 2010-07-19 06:14
gezkazさん、お久しぶりです〜。
聴きましたか〜。良かったですよね。BBCの放送で観てまた感動を新たにしています。とちったとことかちゃんと記憶してるんですね。いろいろ思い出します。あのときのあの空間は本当に宇宙でした。

ヴェルビエ音楽祭の放送も楽しみです。今はこうして行けなくても、ネットで簡単に映像も観られちゃうのでステキな時代になりました。
Commented by yokochan at 2010-07-20 00:41 x
こんにちは。こちらには、はじめまして。
臨場感あふれる記事と、演奏者たちの満足そうなステキな画像を拝見させていただき、遠い日本でネットで聴いた音源の印象を見事に補完することができました!
アイスクリーム記事も楽しいですね。
ロンドンの音楽会の様子を拝見しに、またお邪魔させていただきますね。
日本は各地で36度を記録、むちゃくちゃ暑いです~。
Commented by zerbinetta at 2010-07-20 08:15
yokochanさん、こんにちは。ここまで彷徨っていらしてどうもありがとうございます。プロム初夜の千人の交響曲、いまだに脳内リピート中です。
音楽会の印象をちまちまといい加減に書いてきたけど、今やネット・ラジオなんかで結構な数の音楽会を共有できるので、いい加減に書けなくなるって戦々恐々です。
ロンドンはむちゃくちゃな数の音楽会があって、しかも安い!ので毎日が大変です。
こちらも今日は暑かったですよ〜。28度だって。

<< ああわたしが豆粒みたい マッケラスさんの訃報 >>