ゲルギーとロンドン・シンフォニーのマーラーのレコーディング   

進行中のゲルギーとロンドン・シンフォニーによるマーラーの交響曲レコーディング・プロジェクト。わたしは聴きにいけなかったけど、好評だった、9月の交響曲第5番のCDが1月の終わりに発売される予定で、残すところあと第9番のみ(大地の歌は入れるのかしら?)になりました。その第9番も3月に2回演奏されるので、そこでレコーディングされるでしょう。楽しみです。その2回の音楽会、シーズン始めにはマーラーの1曲だけのプログラムがアナウンスされていましたが、最初の日はショスタコーヴィチのチェロ協奏曲が、2日目にはマーラーの交響曲第10番のアダージョが一緒に演奏されることになったようです。ということは。ゲルギーの第9番のCDには第10番のアダージョがカップリングされるのでしょうか。言い換えれば、ゲルギーは第10番の補筆全曲版を演らないということなのでしょうかね。それにしても、ロンドン・シンフォニーってよくこの曲を演奏しますねぇ。去年のシーズンはハーディングさんで全曲、一昨年のシーズンはセーゲルスタムさん(代役)でアダージョを聴きました。というわけで3シーズン連続。クックによる演奏会用全曲版の最初の完成版(第2稿)はロンドン・シンフォニーによる初演ですものね。縁が深いのです。
[PR]

by zerbinetta | 2011-01-09 05:29 | ロンドン交響楽団 | Comments(2)

Commented by voyager2art at 2011-01-11 06:59
zerbinettaさん

大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
曲目の追加は全然知らなくて、zerbinettaさんの記事を読んで僕が行く日程を確認すると、マーラーの10番の日でした。僕は10番が大好きなのでとても嬉しいです。
最近になって、この10番(特にクックの全曲版)は本当にすごい音楽だなと思うようになりました。事情や好みが色々あるのかも知れないけど、みんなもっとクック版で演奏してほしいなと思う今日この頃です。
Commented by zerbinetta at 2011-01-12 08:37
voyager2artさん、
こちらこそ、遅ればせながらあけましておめでとうございます。
voyager2artさんもマーラーの交響曲第10番の補筆全曲版お好きなんですね。わたしも、マーラーひとりの作品とは認めてないのですけど(だって補筆した人の業績も大きいので)、大好きなのです。ほんとはマーラー自身で完成させて欲しかったのだけど、そうじゃなくてもマーラーの曲の中で一番と言っちゃいたいくらい好きです。去年、今年はマーラーの記念年なのに全曲版を演ってくれる団体がないのが寂しいですね。オリジナルや補筆者による違いを聴かせてくれるレクチャー・コンサートみたいなのがあればいいのにって思います。クック版を生み出したBBCの夏のプロムスでなにかやらないかしらねぇ。

<< 軟弱者の追っかけ道 三ツ橋敬子さん >>