晴天、霹靂を飛ばす   

14.01.2011 @royal festival hall

szymanowski: violin concerto no. 2
mahler: symphony no. 6

leonidas kavakos (vn),
johannes wildner / lpo


「水曜日、日本から帰ってくるんだよね。金曜日指揮してくれない?」「いいよ。今やってるヨハン・シュトラウスでいいの?」「シマノフスキとマーラーの6番」がーーん、「まじー」という会話が数日前にあったに違いない。ヨハネス・ヴィルドナーさんとLPO。実は今日の音楽会、もともと指揮者にはズウェーデンさんが予定されていて、ズウェーデンさん評判いいのでとっても期待していたのでした。ところが、数日前ツィッターで、ズウェーデンさんインフルエンザで降板、急遽、オーストリア人の指揮者、ヴィルドナーさんが呼ばれたのでした。50代前半、でも全然知らない人。しかも彼は11日まで日本でウィーン・ヨハン・シュトラウス・オーケストラとニュウ・イヤー・コンサートをやってて、どんなに早くてもロンドン到着は12日。音楽会は14日。しかも、曲目が、シマノフスキのヴァイオリン協奏曲第2番とマーラーの交響曲第6番! よく引き受けたなぁ〜。多分どちらの曲も振ったことほとんどないのではないのでしょうか。特にシマノフスキは。滅多に演奏される曲じゃないし、わたし自身生で聴くのは初めて。マーラーにしたって、こんな大曲そう演奏する機会もないでしょう。ウィーン国立歌劇場でヴァイオリンを弾いていたということなので、ウィーン・フィルではヴァイオリニストとして演奏したことはあるかもしれないけど。だから、どうなるのかとっても不安だったのです。無事に音楽会終わってくれますようにって祈ってましたよ。

さてそのシマノフスキ。聴きたかったのです。第2番はシマノフスキ後期の、民族音楽のイディオムを積極的に採り入れた親しみやすい音楽。で、音楽は予想通り、カヴァコスさんのもの。ヴィルドナーさんとオーケストラはそれに寄り添って伴奏していきます。それはそうでしょう。連絡を受けてヴィルドナーさんがこの曲のスコアを初めて目にしたのは、多分、一昨日なのですから。彼は誠実にプロフェッショナルとしてできることの最善を尽くしたと思います。自己主張を抑えてソリストをサポートしていく。それは上手な伴奏者ならではの姿勢だし、彼がオペラ・ハウスでキャリアを作ってきたことが如実に生きていると思います。予期せぬトラブルにも柔軟に対応できる姿勢(あっ今日、そんなトラブルがあった訳じゃないけどね)。とっても実務的。で、結果としてそれがとても良いものを生み出したのです。弾き込まれたカヴァコスさんの音楽は、それ自体で雄弁だったし、男性ならではの力の余裕のある大らかなヴァイオリンは、この曲の歌謡的な魅力を存分に引き出していました。自由に伸びやかに奏でられるヴァイオリンにオーケストラは多彩な音色で華を添えていました。ヴィルドナーさんの音楽の特徴は、演奏者の自発性にまかせてその音色を最大限引き出すという感じに思えます。特に例えば木管楽器なら木管楽器のセクションごとの音色の対比がきれいで、シマノフスキの曲想と相まって、実はとっても名演だったと思うんです。もちろん、指揮者がもっとしっかりした準備ができれば、オーケストラの側にもっとつっこんだ音楽の深みが生まれて、オーケストラとヴァイオリンが緊張の中に音楽を高め合うような丁々発止の演奏ができたかもしれません。でも、それはこの状況では無い物ねだりだし、全く予想以上のこれ以上の演奏は滅多に聴かれないというようなレヴェルの演奏であったことは間違いありません。音楽が終わって、一番大きな拍手を送っていたのが、当のヴィルドナーさんでした。わたしはこれを見て、この人は演奏者を信じて引き立てる人なんだなって思ったし、今日の音楽会が最後にはとってもステキなものになるだろうと確信したんです。会場からも大きな拍手。通常の2回のカーテンコールの後、拍手が小さくなってきても何故かリーダー(コンサート・マスター)の人が力一杯拍手してる。ふふふ、アンコールがあったんですね。ここで拍手が途切れてはいけない。アンコールはバッハの無伴奏の多分ソナタの第1番のアダージョだと思うんだけど、これが、もううっとりするほど、というか信じられないくらい良かったんです。っていうか今まで聴いたことのないような演奏。歌に溢れていて。バッハなのに。衝撃的でしたよ。わたしにとっては。なんか地中海の青と白のイメジ(ちょっとベタですけど)。それくらい大らかで歌のあるバッハでした。カヴァコスさん侮りがたし。

後半はマーラーの大曲、交響曲第6番。ステージの上に人が溢れてます。今度は指揮者自身の勝負。どんな音楽になるのでしょう。始まりは、おっ意外と快速テンポ。そして明るめの音色。重暗く悲愴な行進曲を期待してると肩すかしを食らう感じ。そういえば、わたしお正月にシャイーさんのCDでこの曲聴いたんだっけ。あれも明るい音色が広がるマーラー。わたし、この曲に秋の突き抜けた高い青空のイメジがあるので、こういうのも悪くない。ただ第1楽章はまだ指揮者とオーケストラ(とわたし)がお互いに様子を見合ってるという感じもしました。テンポの動かし方が少しぎこちなく感じるところもあったし。第2楽章はスケルツォ。パート譜は第3楽章がスケルツォになってたので、敢えてスケルツォを第2楽章に持ってきたのでしょう。一昨年聴いたサロネンさんもそうでした。インテンポで、もうちょっと細かな対位法的な面白さを出して欲しいと感じることもあったけど、きちんとまとめていたと思います。そして、良かったのが第3楽章に持ってきたアンダンテ。遅めのテンポで弾く、弦楽器の音色や雰囲気が幽玄の音楽のようでほんとにステキでした。ゆっくりでも引き摺ったりもったりした感じは全くなくむしろ爽やか。両翼に配置したヴァイオリンの掛け合いも面白くて、全曲の白眉と言っていいくらい。真ん中はうって変わって速めのテンポを取っていたのも面白かったです。楽章の間は、ヴィルドナーさん、汗を拭いたりサスペンダーの位置を直したり、わりとたっぷりとっていたけれども、そのままの緊張感でいよいよ最終楽章。悲劇的な闘争の音楽だけれども、音楽は常に美しく雄大。青空に映えるアルプスの景色を目の当たりにしているみたい。のたうちまわるのばかりが悲劇ではない。凛と透明に澄み渡った悲劇だってあるんだ。わたしがこの曲を一番良く聴いていた悲しみが襲いかかっていた時期、空の青さが目に眩しい悲しみの究みだったことを思い出していた。最後の最後、コントラバスとバスクラリネットの音が長く引き延ばされた後、思いっきり叩かれる運命のリズムのテンポにどんでん返しを喰らったようで、打ち倒された英雄の姿にしばし呆然としてしまいました。

時間がなかったせいもあるのかもしれないけど(たぶんでも違う。本質的にヴィルドナーさんの音楽がそうなんだろう)、自分の音楽を押しつける感じではなく、演奏者の自発性に委ねて、オーケストラの持っている音色や音楽性を見事に引き出した演奏でした。オーケストラの側もそれに応えて、この緊急事態の中で持てる力以上のものを出していました。正直、こんなに上手いロンドン・フィルだったのかって驚きました。マーラーのこの曲を演奏するのは多分、ずいぶん久しぶりだと思うけど、毎年マーラーの交響曲は演奏しているし、テンシュテット以来の見えない伝統がオーケストラに備わっているような感じがして、期待していなかったのに、(指揮者が替わって)大丈夫だろうかって不安があったのに、蓋を開けてみたら、力一杯の名演でした。
正直に告白すると、ヴィルドナーさんのこと、2流の指揮者だと思っていました。50代の中堅どころなのに名前を聞かないし、キャリアを見ても超一流のオーケストラは振っていないし、CDはたくさん出してるけど、名曲コンサート系のが多いし、今日は外れかな、と。そんな先入観を抱いてしまった自分を恥じ入ります。彼は人の心の底をのぞき込むようなデモーニッシュな演奏をする音楽家ではないけれども、録音された演奏ではあまり高く評価されないきらいのある指揮者であると思うけど、本物のプロフェッショナルな指揮者だと思います。与えられた条件で誠実に最高の結果を出す職人。わたしが最も尊敬するタイプの人です。
[PR]

by zerbinetta | 2011-01-14 08:47 | ロンドン・フィルハーモニック | Comments(4)

Commented by voyager2art at 2011-01-16 18:32
zerbinettaさんおはようございます。
最初のやりとり、面白すぎます。でも本当によく引き受けたなと僕も思いました。
多分マーラーは以前に振ったことがあったんでしょうね。シマノフスキも、ヴィルトナーさんはヴァイオリン出身だからある程度は知っていたのかも知れない。いずれにしてもこの演目での代役としては満点を超える出来だったと思います。ちゃんとリハーサルをした演奏で、僕は彼の振るマーラーの7番や9番を聴いてみたいと思いました。
そしてカヴァコス氏のバッハ。僕もしびれました。協奏曲よりもアンコールに感動した、と言ったらカヴァコスさんはあんまり嬉しくないかもしれませんが、でも本当にすごい演奏でした。
Commented by zerbinetta at 2011-01-16 23:40
こんにちは。
準備期間も(自身の勉強も含めて)短いし、ツアーから帰ってきたばかりで時差ぼけもありそうなのに、ほんとよく引き受けたと思います。それであんな演奏しちゃうんですから、指揮者もオーケストラも相当気合い入れてたんだと思います。全てが奇跡的に良い方向に向かって。彼の手でじっくりと作られた音楽をちゃんと聴いてみたいですね。それにしても、世界にはまだ知らないステキな音楽家さんたちがいるんだって思いを新たにしました。

アンコールの方に強い印象を残すって、初めて聴く音楽家の場合、わたし結構あります。ヒラリーの時もそうでしたし、アンズネスさんやユジャの時もそうでした。その人の全部が聴けるからかしら。
カヴァコスさんのバッハの無伴奏、最近の録音があったら聴いてみたいです。
Commented by Miklos at 2011-01-17 00:56 x
>「シマノフスキとマーラーの6番」がーーん、「まじー」

わははは。妙にリアリティがありますね。
ただ、運命と皇帝と未完成、みたいに何もしなくてもオケが勝手に演奏してくれそうなプログラムならともかく、こんだけ難曲揃いのときは、さすがに全く指揮経験のない人は呼んで来れないんじゃないですかねー。ヴィルトナーさんは調べるとNaxosでブルックナーの9番補筆完成版なんてクセモノ曲をレコーディングしているくらいで、けっこうレパートリー広いんじゃないかと思っています。

さて、今日もまたこれからRFHです。
Commented by zerbinetta at 2011-01-17 08:10
そうかもですね。ヴィルドナーさん、いろいろ勉強してるのかもしれませんね。音楽学者でもあるし。今回の借りができたので、ロンドン・フィルはヴィルドナーさんを客演に呼ぶかもしれませんね。彼がプログラムを選ぶとしたら何を演るんだろう。

今日はブダペスト祝祭オーケストラだったんですね!すっかり忘れてました。聴きたかったのにな。あっいや目標は音楽会減らすんだった。。

<< バレエは無理しても良い席で観たいなぁ 見てはいけないものを見てしまった >>