幸せの極み   

23.02.2011 @barbican hall

brahms: es tönt ein voller harfenklang
wolf: elfenlied
mahler: symphony no. 3

anke hermann (sp), nathalie stutzmann (ca)
stefan dohr (hr), marie-pierre langlamet (hp),
tamás velenczei (posthorn),
london symphony chorus, bbc singers, choir of eltham college
simon rattle / berliner philharmoniker


IMAXって観たことありますか? わたしはあります。わたしの観たのは、ファンタジアとかだけど、画面が大きいだけでこんなに感動するのかってびっくりしました。今回、4回にわたってベルリン・フィルを聴いてきて、実は同じような感想を持ちました。オーケストラって上手いだけでこんなに感動するのかって。もちろん、普通に上手いんじゃなくて次元の違う上手さ。どうしても、音楽よりもオーケストラの上手さに耳が先に行ってしまう。もちろん、ラトルさんの作る音楽もとっても良くって、ラトルさんってほんとに聴かせる音楽を奏でてくれる。しかも自然でわざとらしさがなく、何よりも音楽が愉しい。この人、純粋に音楽が好きなんだなっていうのが音の端々からにじみ出てくる。この間のマーラーの交響曲第4番を聴いて、このコンビで一番聴きたいマーラーは交響曲第3番か第7番だって思ったけど、さっそく、それが実現しました。いよいよ、ベルリン・フィルのロンドン公演の最後を飾るのがマーラーの交響曲第3番。

しかもその前に、短い曲がふたつ。ブラームスの女声合唱とホルンとハープのための4つの歌から「高らかにハープの音が響く」とフーゴ・ヴォルフのメーリケ歌曲集から「エルフェンリート(妖精の歌)」。マーラーの交響曲で歌うシュトゥッツマンさんの出番が少ないから、短い歌曲をプログラムに入れたのかなぁって思ったら、さにあらず。なんとヴォルフの短い音楽のために、ソプラノのヘルマンさんを呼んでいたのです。びっくり。
ブラームスの曲は、ホルンのドールさんの独壇場。なんかこの3日間のベルリン・フィルの音楽会、ドールさんのためにあったみたい。大活躍過ぎるくらいに大活躍。もう憎らしいくらいに上手くて、文句の付けようもありません(もちろん、文句なんて言いませんよ〜。あんな音楽を聴かされたらははは〜って平伏したくなります(水戸黄門の印籠じゃないって))。で、このホルンの音が山にこだまする角笛のようで、ああ、ここからマーラーの交響曲第3番の世界が始まるんだなぁって思いました。
そして、エルフェンリートは、そういえばヴォルフもなにげにマーラーと同い年で去年は生誕150年だったんですね。すっかり影が薄いけど。もちろん、ヴォルフのエルフェンリートはアニメのエルフェンリートととはほど遠く(フランスに行ったとき、日本のアニメオタクの友達から勧められて観たDVDがエルフェンリートでした。ちょっと困った。。。)、シェイクスピアの夏の夜の夢の妖精なんですね。妖精が軽やかに飛び回るような音楽。マーラーの方で言ったら、第2楽章や第3楽章の雰囲気かしら。わざわざ、ソプラノ歌手まで呼んでの贅を尽くしたプログラミングの妙。この始まりの2曲で、マーラーの交響曲第3番の世界観を確固としました。わたしの気持ちは、ザルツカンマーグートの山々の麓に飛んでいきました。そんな景色に思いを馳せていると、いよいよマーラーの音楽が溌剌としたホルンのユニゾンで始まりました。

マーラーの音楽は、マーラー自身が語ったように、山の偉容や、静かにたたずむ湖面、風に揺れる花々、森の暗さ、鳥たちの鳴き声、自然の全てを音に閉じこめたものでした。いいえ、音楽で世界を創ってしまった、音楽からも演奏からもまさにそのように感じたのです。深く突き抜けるような威厳のある音色、さわさわと軽い風のような音色、どっしりと重い沈み込んだ音色、どこまでも透明できらきらとした音色、明るい音、鄙びた音、真面目な音、剽軽な音、ありとあらゆる音色の妙によって表情豊かに奏でられる音楽。ラトルさんの音作りには一点の曇りも迷いもなく、どこまでも自然に、ステキなニュアンスや表情を付けた音楽。全ての音が生き生きとして、命にあふれかえってる。

第一楽章の始めの金管楽器の切り立つ岩のような峻烈な響き。鋭く打ち込まれるティンパニと大太鼓。木々の緑に反射する日の光のような木管楽器。さっと頬を涼やかに流れる夏の風のようなヴァイオリンのソロ。真ん中のホルンとヴァイオリンのソロのあとで、すうっとテンポを落として入ってくるとろけるようなチェロ。乱痴気に騒ぎ回るピッコロや小クラリネット。展開部の終わりのこの部分って、真面目におとなしくやったらつまらない。ラトルさんはさすが、羽目を外してくれました。そして最後の加速。
大好きな第2楽章の野原で寝ころびながら風に揺れる花を見ているような音楽。絶妙な柔らかさとニュアンスで奏でられる弦楽合奏と木管楽器たち。第3楽章のちょっぴり反響のあるステージ裏から聞こえるポスト・ホルンのなんて柔らかな響き。トランペットの主席のヴェレンツェイさんが管の長いトランペットで吹いていましたが、完璧なソロに感激、うっとり。そして、第4楽章の始まりのコントラバスの超弱音。ホールの1階の真ん中あたりで聴いてたわたしの耳にもかすかに聞こえるくらい。それでいてベルリン・フィルの楽器の音ってしっかり鳴ってるんです。音が小さいからと言って音が弱くならないの。弦楽セクションなんかは、ピアニッシモからフォルテッシモまで同じ音色で弾けるので、マーラーの音楽によく出てくる、ひとつの音符で音を膨らませたりするとことか、フォルテから突然音量を落とすスビト・ピアノがもうとってもきれい。アルトはステージの後ろの方ホルンの横で歌ったんだけど、第3楽章と第4楽章の間にそって出てきました。実は、颯爽と指揮者の隣に登場してきたらどうしようかって思ってたのでした。だって、盛大な拍手が起こって音楽が途切れることが間々あるんですもの。シュトゥッツマンさんの、声はまるで円柱形の管の楽器のよう。人の声とは思えないような輪郭のはっきりした響きです。神々しいばかりに。深い心の底から聞こえてくるような声はニーチェの詩にぴったりです。そして一転して、第5楽章では人間の声。声もここまで音色を変えてくるなんて、シュトゥッツマンさんに脱帽。ロンドン・シンフォニー合唱団とBBCシンガーズの女声合唱は、とっても良かったです。少年合唱も上手かった。ビムバムじゃなくて歌詞を歌うところでは、手でメガホンを作るようにして歌った演出が微笑ましくてステキで、何か大事なことを伝えてる感じがして、こういうのいいなって思いました。ラトルさんのアイディアかしら。
そのままフィナーレへ。ヴァイオリンの主題を少し速め、チェロの主題を遅いテンポ設定で、わたしとしてはもっともっと遅い演奏が好みなんだけど、だって、この幸せなときを終わらせたくないから、少しでも長く音楽が続いて欲しいから、ベルリン・フィルの弦楽合奏の底力を感じさせる、究極の美しさを持った演奏でした。ただひたすら音楽に身をまかせている感じ。フルートの旋律が空に響いたときは、もう切なくて切なくて悲しくなってしまいました。だってもうすぐ音楽が終わってしまう。最後は、わたしの思いとはうらはらに、どんどん音楽が進んで、もっと粘ってくれればいいのにと思いつつ、終わっちゃった。でも、幸福感は残った。わたしは確実にひとつ幸せを手に入れたんだと思います。だって、この記憶はいつまでも消えないから。ラトルさんの音楽はほんとに凄いですね。会場は全員総立ちのスタンディング・オベイション。

それにしてもベルリン・フィルの金管の人って体力ありますね。トランペットの主席の人は最後の最後のトロンボーンとのコラールのところで、ちょっとへろりとしてしまったけど、すぐさま楽器を変えて持ち直したし、第一、普通のオーケストラならたいてい使う補助奏者を置かずに楽譜に書かれた人数きっちりで吹いてる。そしてベルリン・フィルのアンサンブル能力の高さと言ったら。彼らは自分たちで合わせているのですよ。指揮者に合わせているんではないんです。だって、ふたりのティンパニ奏者が同時に叩くところはお互いに見合って叩いてるし、管楽器だってお互いの音を聴きあって、それは弦楽器も同じ、全員が他の人の音を聴きあって演奏しているんです。指揮者は、合わせることに振り回されずひたすら音楽することに全霊を注げる。

ラトルさんとベルリン・フィルはこの4日間の音楽会で、音楽の喜びを強く感じさせてくれました。ラトルさんは本当に音楽する幸せを演奏して伝えることのできる希有な指揮者のひとりだと思います。ひとりひとりが馬鹿みたいに上手く、高い音楽性を持ったヴィルトゥオーゾ集団のベルリン・フィルを演奏者の個性をつぶさずに、自発的に音楽するオーケストラとして統率することは並々の才能ではないでしょう。
ラトルさんは、この4日間にマーラーを中心に据えて、音楽の喜びを素直に表せる本当にステキなプログラムを持ってきてくれました。「大いなる喜びへの賛歌」、音楽や芸術の神「ミューズを率いるアポロ」なんかは象徴的な題名だし、題名のないハイドンやシューベルトの交響曲、そして最後のマーラーの交響曲第3番も愉しい喜びや幸福感のある音楽。そして、シューベルトやブラームス、ヴォルフは、歌謡的なマーラーの音楽の性格を浮き立たせて見せてくれました。この音楽会のひとつでも聴けた人を幸せものと呼びたい。体はきつかったけど、4つとも聴けたわたしは天下一の幸せ者ですね。

(ラトルさんとベルリン・フィルによるマーラーの交響曲第3番。ロンドンでの音楽会ではないですが(去年のルツェルン音楽祭での録音)、BBCラジオ3のこちらのペイジで聴くことができますよ。期間限定なのでお急ぎを。他にもミューズを率いるアポロやシューベルトのザ・グレイト、マーラーの交響曲第4番なども聴けます)
[PR]

by zerbinetta | 2011-02-23 11:20 | 海外オーケストラ | Comments(6)

Commented by Miklos at 2011-02-26 18:51 x
こんにちは。5連ちゃんお疲れさまです。オケの方だって疲れているだろうに、最後のマーラー3番も手抜き一切なしの素晴らしい演奏でした。少年合唱の手メガホンは、かわいらしかったですね。
Radio 3のご紹介、感謝します。早速録音して、しみじみ回想したいと思います。
Commented by かんとく at 2011-02-26 21:16 x
連戦、終了お疲れ様でした。私なんぞは、聴いていて、こんな上手い人たちを思いのままに操れるラトルはなんて果報者なのかと思ってましたが、むしろ逆なんですね。こういう集団をリードしていくっていうのは、とてつもなく大変なことなんですね。
Commented by zerbinetta at 2011-02-27 21:01
Miklosさん、
ほんと、疲れましたね〜。でもオーケストラの方々も体力勝負。最後の最後の音まで完璧だったのは、やっぱりソーセージとジャガイモ・パワーでしょうか。ものすごい集中力で脱帽するしかありません。
わたしも録音して思い出にふけることにします。結構長〜いっ。
Commented by zerbinetta at 2011-02-27 21:08
かんとくさん、
連載になってしまいましたね〜。今回皆さんアップするのが早いのでついて行くのにやっとでした。
ラトルさんは果報者だと思いますよ。敢えてイギリスの地方都市のオーケストラで地道に力を付けて、ベルリン・フィルのシェフを射止めるんですから、意識の高さは凄いとしかいいようがないのですが。実力がないと、海千山千の世界最高の演奏者集団に馬鹿にされてしまいますよね。音楽家として一家言ある相手に自分の音楽を納得させて演奏させるのは並大抵のことではないでしょう。
Commented by Miklos at 2011-03-01 08:40 x
BBC iPlayerでせっせと聴いているのですが、アナウンスを聞いていると、これ多分、昨年のルツェルンではなくて最近のPhilharmonieでの演奏録音ではないんでしょうか?
ロンドン公演直前の本拠地でのマーラー4番を聴くと、シェーファーの調子がけっこう悪くて音程ヨレヨレなので、びっくり。ロンドンではもっと良かったように思うんですが。あるいは、生と録音はやっぱりずいぶんと違って聴こえるもんなんでしょうかねえ。
Commented by zerbinetta at 2011-03-01 09:57
ぎくっ。ばれてましたか。最初の(確か交響曲第1番の)がルツェルン音楽祭だったのでうっかり全部そうだと思ってしまったのでした。
わたしはまだちゃんとは聴いてないのですが、歌手は調子の維持が難しそうですね。ロンドンは一発勝負なので(多分、ベルリンでは3回公演)、その分気合いが入ったのかも知れませんね。
録音は歌の場合ずいぶん違いますよ。たいていは録音の方が歌が良く聞こえる(マイクで直接声を拾った場合)ように思います。

<< listen again LPO わたしってば日頃の行い良すぎ? >>