語るように歌う   

21.06.2011 @royal festival hall

haydn: symphony no. 64
mozart: Concerto in E-flat major for two pianos, K.365
mozart: symphony no. 33
haydn: symphony no. 95

Katia Labèque, Marielle Labèque
sir simon rattle / oae


ラトルさんと啓蒙時代のオーケストラ(OAE)。ロンドンのオーケストラの中では、ラトルさんと一番仲の良いオーケストラです。毎シーズン1度は共演してるしね。今日は古典の王道、ハイドンとモーツァルト。でも、プログラムは凝っていて、珍しい、ハイドンは交響曲第64番とか、モーツァルトの2台のピアノのための協奏曲とか。ハイドンの交響曲第64番は時の移ろいというなんだかおしゃれな副題がついてるんですけど、これがまた面白い曲でした。
最初、えっ?聞こえないよみたいな弱音のささやきから始まって、いきなり虚を突かれて、ハイドンらしい明快な音楽と思ったら、なんだか取り付く島のないようなつかみ所のないような音楽で、でもそれがかえって面白いんです。音楽は歌うと言うよりぶつぶつとおしゃべりしているようで、特に第2楽章なんて暖炉の前でゆったりと会話しているような音楽です。とってもしみじみ。

ふたつめのモーツァルトの2台のピアノのための協奏曲はラベックさん姉妹の独奏。ラベックスさん、フォルテピアノも弾くんですね。でもOAEとは初めてのようです。そう言えば、ネットで検索するとラベック姉妹さんって日本では過去の人の位置づけなのね。CDが発売されなかったり、来日しなかったりすると、活躍していないように誤解されるかもだけど、わたしはUSでもこちらでも彼女らのステキな演奏を聴いたし、こちらではちゃんとずっと活躍しているんですけどね。
ステージに現れたラベックスさんは相変わらず美人。そして、おしゃれ〜〜。フロックコートを着て、コスプレみたい。わたし、どちらがカティアさんでどちらがマリエルさんか分からないんですけど、このお二人、見事に演奏のスタイルが違っていて、それがデュオにぴたりとはまるんですね。奔放な第1ピアノ(服装も容姿も派手め)を支えるしっかり者の第2ピアノ。二人の個性の違いが音楽の幅を広げて奥行きを深くしているように思えます。と、事件が。
指揮台に立ったラトルさん、真っ赤な拍子の楽譜を持ち上げて、「ここに美しい、モーツァルトの交響曲第33番の楽譜があります。。。取りに戻った方がいいですね。しばらくお待ち下さい」なんてことを言って会場大笑い。和みます。しばらくして戻ってきたラトルさんの手には、正しい協奏曲の楽譜。これも真っ赤な拍子なので、係の人、間違ったんですね。でもね、こういう気の置けない音楽会だったんです。音楽もそんなintimate(日本語でどういうの?)な雰囲気の曲だし、古楽器自体が音が小さくて距離感の小さな音楽を作るから。ただ、大きなロイヤル・フェスティバル・ホール。遠くで聴いていた人には聞こえづらかったかもしれませんね。会場はラトルさん人気で立ち見が出るほど盛況だったけど、本当は小さなホールでやるべきでしたね。
でも、演奏はとってもステキ。モーツァルトは2台のピアノをほぼ対等に扱ってるのでふたりの個性の違いが際だつことはあまりないんだけど、それでもそれぞれの個性は聞こえてくるし、長年デュオで演奏を続けてきているだけに息ぴったり。音の粒まで完璧に合わせてきます。凄いとしか言いようがありません。そういえば、この曲の最終楽章、さっきのハイドンの交響曲の最終楽章と作りが似てませんか?旋律の繰り返しとか似てるような気がするんだけどなぁ。

休憩のあとはモーツァルトの交響曲第33番。第29番とともにかわいくて大好きな曲です。ジュピターのメロディが登場するんですね。モーツァルトの若い頃の(って亡くなったのが35歳だから最後まで若いんだけど)音楽って、やっぱり古楽器の演奏が好き。ふくよかに塗り固められちゃうとなんだかべったりとして軽さがなくなるから。音に羽が生えてるような風のような軽さがスキなんです。ラトルさんの音楽って、そんなモーツァルトにぴったり。ラトルさんの指揮ぶりを見ていつも思うのですが、この人と音楽を一緒に演奏したらとっても楽しいんじゃないかって思うんです。ラトルさんの音楽が大好きという気持ちがストレイトに伝わってきて、スキだと告白されるみたいに嬉しくって天にも昇る気持ちになるんです。そんな音楽デショ。交響曲第33番って。

最後のハイドンの交響曲第95番も余り有名でない曲だけど、最後にロンドン旅行の際に書かれた交響曲のセットの入り口で、あとのものほどではないんだけど結構堂々とした構え。チェロの独奏が大活躍するのもなかなか独創的だし(しゃれ?)、最後にフガートが出てくるのが、なんか立派な感じでステキ。ラトルさんはハイドン得意だし、OAEと親密な理想的な演奏だったと思います。今日の音楽会では、ほぼ同時代を生きたハイドンとモーツァルトの対比が面白かったし、話すように歌う音楽が、音楽って実は雄弁な言葉なんじゃないかなって感じられて、とても良い音楽会だったと思います。つい夕暮れ時のテムズ川沿いの夜景を見ながらホールをあとにしました。ハイドンが来たとき、ビッグベンはあったんでしょうか?

そうそう、あとで知ったのですが、今日の音楽会、歌手のマドンナさんがいらしていたそうです。ううう、近くで見てみたかったな〜(ミーハー)。気がつかなくて残念。
[PR]

by zerbinetta | 2011-06-21 00:07 | 啓蒙時代管弦楽団 | Comments(4)

Commented by Miklos at 2011-06-27 09:04 x
モーツァルトとハイドンは普段敬遠している双璧なのですが、素敵な演奏続きでたいへん楽しめました。行って良かったです。マドンナは私も気付きませんでした、残念。

ジュピター終楽章のメロディ、33番にも出てきましたね。ブダペストでモーツァルトの音楽講座を受けた時習ったのですが、このたった4音の旋律は、それこそ幼少の初期作品から、ミサ曲、交響曲まで、彼の生涯で繰り返し流用されてきたテーマ曲のようなものなんですね。
Commented by YU at 2011-06-27 21:14 x
たしかマドンナさん、ラベックスさん姉妹の大ファンで、ご自宅での演奏会主催されたくらいなんですよね・・?

ところで、PC盗難(?)大丈夫ですか?PC自体も大変ですが、精神的な方。怖い思いとかされていないと良いのですが。
女子は色々危険がありますから油断できませんよね・・。
Commented by zerbinetta at 2011-07-04 05:33
Miklosさん、敬遠と言いつつ音楽講座まで受けているのですね。モーツァルトとハイドン、よく分かるようになってきたのはわたしも最近です。若い頃は、聴くけれども退屈に感じることも多かったかもしれません。歳をとるとしみじみと良さが分かってきました。

ほんと、マドンナさんどこにいらしたのでしょう?誰も気づいた人いなかったんですかね。
Commented by zerbinetta at 2011-07-04 05:38
YUさん、そうみたいです。OAEのブログによると、OAEがラベックさんファンのマドンナさんに声をかけてみたらほんとにいらっしゃることになっちゃって、極秘作戦が展開されたみたいです。VIPは大変。

空き巣には出会わなくて良かったと思ってます。衣装ケースとかも引き出されてましたが、パンツとか盗まれてなかったです。。。でも、なんか嫌だったので全部洗濯しました。自分でもこんな反応するとは思わなかったのでちょっとびっくりです。スパイも大変です。

<< 結婚しよう!! だって夏至だから 神の庭に遊ぶ >>