ロンドンプライド再び サー・アントニー、ロンドン交響楽団   

10.01.2012 @barbican hall

adès: dances from 'powder her face'
walton: viola concerto
elgar: symphony no. 1

antoine tamestit (va)
sir antonio pappano / lso


ロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督、パッパーノさんがナイトの叙勲をされたのは去年の暮れ。オペラ・ハウスではもう、マイスタージンガーを振ってるけど、オーケストラ・コンサートでのお目見えは今日が初です。パッパーノさん、毎年この時期、ロンドン・シンフォニーを振ってるんですね。今日は3世代にわたるイギリスの作曲家の音楽会。最後のエルガーの交響曲なんて、イギリスの意気だから、まるでサーのお披露目の音楽会のようになったけど、もちろん偶然。プログラムはとっくの昔から決まっていましたしね。

パッパーノさんが出てくると会場は大きな拍手。お客さんも叙勲を祝福します。始まりの曲は、トーマス・アディスさんのオペラ「彼女の顔に白粉を塗れ」からダンス・ミュージック。ポップな曲を抜き出しているので、現代的な音使いをしているものの聴きやすい音楽。そういえば、わたし、このオペラ観たのでした。結構どぎついオペラだったけど、今日は物語なしの音楽だけだったし、ポップな部分だけだったので素直に楽しめました。オペラの方はとっても小さなオーケストラを使っていたのだけど、こちらの組曲版は大きなオーケストラなんですね。賑やかだけど、もともとが小編成なせいか見通しの良いすっきりとして響きでした。

ウォルトンのヴィオラ協奏曲は珍しい曲。初めて聴きます。ヴィオラ業界の人にとっては有名曲なのかな(ヴォーン・ウィリアムスのチューバ協奏曲みたいに)。ヴィオラを弾くのは、フランスの若いヴィオリスト、タメスティさん。この人も以前、BBCの若手育成プログラムに選ばれていたんですね。
この曲、ウォルトンって交響曲くらいしか知らなかったけど、乾ききった感じではなくて、しっとりとロマンティックな部分もあってとってもいい曲です。早速お気に入り楽曲のフォルダーに。そして、ヴィオラの音が♡ ヴァイオリンのような派手さはないけれども、人肌の温もりがあって、どんな楽句も出しゃばりすぎずに控えめに、でも味わい深い音が、音楽にぴったりと寄り添うの。タメスティさんもそんな風にしっとりと楽器を歌わせていました。豊かな音がすばらしい。ヴィオラのソロって聴く機会少ないけど、タメスティさん来たらまた聴きたいな。

最後のエルガーの交響曲第1番は、もうなんて言っていいか、オーケストラの音楽を聴く喜びに満たされていました。ロンドン・シンフォニーの柔らかで艶やかな響き、それを引き出したパッパーノさん。なんだか相思相愛。ゲルギーのあとはパッパーノさんがロンドン・シンフォニーの主席指揮者になったりして。
でもね、始まりはあれあれって思ったんですよ。低音の弦楽器で始まるところはなんだか不安をあおるような感じでこんな曲だっけか?って思って。そして、行進曲風に出てくるこの曲のテーマ主題。チェロとコントラバスの刻みが、田舎の小学校の足踏みオルガンの音色のように古風で渋くて、そして、わざとよたよた。主題の方も自信なさげで、トランペットが入って盛り上がるところも一時的で(そう書かれている)、それがおややと思ったの。これがパッパーノさんの音楽だってことが分かったのは最後になってから。なんてステキなパッパーノさんの音楽設計。
その最初に感じた違和感は、もうすぐに解消されて、とにかく音楽を堪能。どんなに音楽が激しくなったりスター・ウォーズっぽくなったりしても、クリーミーな音でホール全体が木肌の柔らかさで響いてる感じ。バービカン・ホールとロンドン・シンフォニーならではの響き。
初めて気がついたんだけど、繰り返し出てくる最初のテーマの主題、決して変奏されないんですね。若干の音の長さの変化や、伴奏は大きく変わるんだけど、主題自体は変わらない。そして最後は高らかに奏されて、なんだか頑固な英国紳士の心意気を見た感じ。保守的で律儀で伝統を大事にするんだけど、同時に新しいものを生み出していく(民主主義も産業革命もニュートンもダーウィンもイギリス生まれ)英国人のプライド。最初は控えめにためらいがちだったけれども最後には自信と栄光を持って歌われるプライド。かっこよすぎ。
パッパーノさんは押しつけがましくそんなドラマを描いたのではありません。オペラ指揮者の自然の技でしょう。だからこそものすごく説得力があったし、ものすごくかっこよかった。イギリス人の心意気にやられてしまった感じ。わたしもデイムにはなれないけど、かっこいいプライドは身につけたいな。せっかくロンドンにいるんだし、見習うところは見習わないと。。。少し高かったけどロンドンプライドは、今冷蔵庫に冷えてる。フィッシュ・アンド・チップスで飲もう。(って全然方向性がずれてる気が。。。)
[PR]

by zerbinetta | 2012-01-10 09:55 | ロンドン交響楽団 | Comments(4)

Commented by Miklos at 2012-01-15 10:10 x
こんばんは。最近レビューが全然追っ付かなくて、さっきようやく書き上げました。私も、パッパーノ大将は将来の(次の?)LSO首席の最右翼なんじゃないかなと思いました。フィッシュ&チップスもサンデーローストも(嫌いじゃないけど)めったに食べず、パブではいつもドイツビールかチェコビールかせめてギネスを選び、ウイスキーはスコッチよりも絶対アイリッシュ、アフタヌーンティーは未だに経験なし、という非国民?の分際で僭越ではありますが。
Commented by zerbinetta at 2012-01-16 07:08
やっぱりMiklosさんもパッパーノさんが次期LSOの主席の座を射止めると思いますか。わたしもそんな気がしてます。
おやおやビールはエールを飲まないと。それにしてもこんなにたくさんビールの種類があるのに大陸のビールが幅をきかせてますね。まぁ、わたしは味の違いがちっとも分からないのですが。
Commented by Miklos at 2012-01-16 09:43 x
まあ、エールやビターは「ビール」とは違いますから。私も原則は地のものを食べ、地のものを飲むと言うのをモットーとしているのですが、エールは正直、飽きました…。

パッパーノ大将はLSOの首席に向いていると思います。少なくともゲルギーよりは。(私は、ゲルギーが何故LSOの首席になっているのか、そのココロがさっぱりわからない…)
Commented by zerbinetta at 2012-01-17 06:29
おっ発泡酒?もう飽きるまで飲んでいたんですね。まあおいしくないのに地のものにこだわることもないですしね。毎日フィッシュ・アンド・チップスというのも嫌だし。

ゲルギーはちょうど勢いのあるときにタイミング良くLSOの座を射止めたんではないかしら。でも、ちょっと忙しくしすぎてる感じがしますね。本人は好きでやってるんでしょうが。ゲルギーのあとはパッパーノさんでいいと思うのですが、サー・コリンの後釜を見つけなきゃいけませんね。パッパーノさん古典は振れるのかしら?

<< 「ロミオとジュリエット」はもう... 金子扶生さんの妖精の踊り @y... >>