最強のバーママ サラ・チャン、ゲルギー、ロンドン響 ショスタコーヴィチ、ヴァイオリン協奏曲   

23.02.2012 @barbican hall

britten: four sea interludes from peter grimes
shostakovich: violin concerto no. 1
tchaikovsky: symphony no. 6

sarah chang (vn)
valery gerviev / lso


サラちゃん、じゃなかったサラ・チャンさんのヴァイオリンって意外と聴いたことがなかったんでした。ロンドンで聴いたのは、何年か前のリサイタル。そのときは度肝を抜く、金のしゃちほこ風ドレスでした。彼女のツイッターを読むと、衣装道楽っぽいところがあって、今回、ショスタコーヴィチの曲にぴったりのドレスを買ったと書いていたのでどんなドレスなのかワクワクしていました。そしてまたまた度肝を抜かされました。きらきらと輝くメタリック・グリーンのドレス!黄金虫もびっくりです。いや〜、わたし、タコのヴァイオリン協奏曲ってぶつぶつとくらい音楽だと思っていましたが、、、ド派手なドレスですか。そうですか。
演奏は一言で言うと、場末のバーにやってきたくたびれた中年サラリーマンの男たちが、ぶつぶつと愚痴を吐くのを、ド派手なバーのママが、一喝、ぴしりとうっちゃって横綱相撲、最後はみんなで踊り狂う、という音楽でした。サラちゃんは、ときおり足を蹴り上げたり、お相撲の朝青龍さんみたいな怖い顔(どや顔とっかって言うの?)でフィニッシュを決めたり、音楽にのめり込んでくると、もう恐ろしいくらいに自分の世界に没入。もう少し静かに(雑音ではなく見た目)弾いてくれればと思うもののこれが彼女のスタイルなのよね〜。珍しくゲルギーもたじたじで、なんだか彼女の音楽に必死に付けているみたいでした。彼女、派手だし、アグレッシヴな演奏スタイルに惑わされてしまうけど、実は、とても深く音楽を捉えていて、非常に真面目、非常に正統派。マズアさんに私淑していて、彼の許可が下りるまでブラームスの協奏曲を録音しなかったというエピソードがあるくらい、根は真面目。せっかくの音楽会なので、ずっと演奏を観ながら聴いていたけれども、目をつむって聴けば全く違ったものが聞こえてくるかも知れない演奏ですね。まあ、でもサラ上手いわ。始まりは、韓国風の情念(わたしの勝手なイメジかなぁ)のこもった演奏で、泣きの入ったヴィブラートはわたしにはちょっと過多だったけど、最後の楽章のスピーディーではっちゃけた狂気の踊りはサラの本領発揮。興奮のるつぼで音楽は終わったのでした。

音楽会は、タコの協奏曲の前に、ブリテンの「4つの海の間奏曲」、これほんとにロンドンでは頻繁に演奏されますね、がありました。ちょっと聞き飽きてしまったこの曲は、ううん、音楽会のつかみには良かったけど、可もなく不可もなしって感じかな(偉そうに!)。ゲルギーがこのオペラを振るかどうかは知らないけれど、ゲルギーだったらオペラで聴きたいな。狂気が立ち現れる間奏曲をどう演奏するのか、興味あるじゃない。

音楽会のお終いは、「悲愴」交響曲。去年からのゲルギーとロンドン・シンフォニーのチャイコフスキー交響曲サイクルの最後を飾ります。前半の録音を兼ねていた、初期3曲は、堂々とした体躯の男らしいというか、情に溺れないがっしりとしたチャイコフスキーの名演(好みの良し悪しはありますが)を聴かせてくれたけれども、今シーズンの後半の第4番、そして特に第5番では、未来の演奏を模索している部分が多く見受けられたので、今日の第6番はどうなるんでしょうとワクワクドキドキしていました。そしてそれは、ゲルギーの王道を行く堂々とした音楽にヨロコビへと変わりました。
基本的には速めのテンポを基調として、ゆったりと落とすところではゆっくりと歌わせる、分かりやすい効果的なメリハリの効いた演奏。ここまで分かりやすくしなくてもという部分は一部あったのですが、それは将来音楽が成熟していけば変わってくるのでしょうね。もう何回も演奏して自家薬籠中の音楽だと思うけど、まだ深化し続けてるゲルギーの探求心には素直に敬服します。第1楽章の第2主題に入るところで大きく絶妙な間をとったのも息を飲む効果。それにピアニッシモの吸い込まれそうな美しさ。相変わらずクラリネットの上手いこと(今日はトップがマリナーさんでした。がもうひとりの主席の人、小クラリネットの主席の人も上手い上手い)。やっぱりこの曲、上手いオーケストラで聴くと至福です。なんだかとっても贅沢な時間が流れます。参りました。文句の付けようもありません。
最後は「悲愴」らしく、悲しく音楽は終わるのですが、この音楽、悲しいけれども絶望ではないのですね。絶望ではないということは希望があるということです。そんな音楽をチャイコフスキーは書いたと思いましたし、ゲルギーの演奏はそれを確信に変えてくれました。芸術作品に、死へと至らしめる絶望に終わる作品はあるのだろうか、いえそれを生み出すことはできるのだろうか、ふと、考えさせられました。
[PR]

by zerbinetta | 2012-02-23 09:57 | ロンドン交響楽団 | Comments(2)

Commented by Miklos at 2012-03-02 10:09 x
>場末のバーにやってきたくたびれた中年サラリーマンの男たちが、ぶつぶつと愚痴を吐くのを、ド派手なバーのママが、一喝、ぴしりとうっちゃって横綱相撲、最後はみんなで踊り狂う

いやはや、まさにそういう音楽でした。過不足なく的を射た表現力に感服いたしました。「どや顔」も、自分のブログを書くときには喉まで来てて、出て来なかったんですよね。国語力低下を嘆く今日この頃です。
Commented by zerbinetta at 2012-03-04 06:32
むぎゅ。どや顔で国語力褒められても。。。(とどや顔で)
でもやっぱり見たとおりなので、演奏を一言で説明するのが簡単でした。サラはいいヴァイオリニストだと思いますよ。Miklosさんの撮られた素のサラ、かわいいし。

<< 音遊びをする人たち シベリウス... 天国的な長さのブラームス「ヴァ... >>