お葬式にはこの音楽を MTT、ロンドン交響楽団 マーラー交響曲第4番   

27.05.2012 @barbican hall

beethoven: piano concerto no. 3
mahler: symphony no. 4

llýr williams (pf)
elizabeth watts (sp)
michel tilson thomas / lso


マイケル・ティルソン・トーマスさん(MTT)はロンドン・シンフォニーの主席客演指揮者のひとり(もうひとりはハーディングさん)。毎年数公演振りに来るのですが、今シーズンは何故か多くて、冬にフランスものを2回振って、今回3回にわたってマーラーの交響曲を演奏します。今日はその1。交響曲第4番。マーラーの交響曲の中では一番編成が小さくて、明るい軽い音楽だけど、わたし的には最も演奏の難しい(なかなか良い演奏に出会えない)音楽のように聞こえます。親しみやすい、古典的(ハイドン的)に見せかけて、とてもたくさんの仕掛けをマーラーが施してると思うから。MTTの演奏は、サンフランシスコ・シンフォニーとのCDを持っていて、好きな演奏のひとつなんだけれども、さて、ロンドン・シンフォニーとの今日はどうでしょう?

このシリーズでは、マーラーの交響曲の前に、協奏曲があって、ピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲、室内協奏曲(ピアノとヴァイオリンが独奏)が演奏されるのだけど、そのソリストには、ピアニストのブロンフマンさん、ヴァイオリニストのギル・シャハムさんがクレジットされていました。でも、今日はブロンフマンさんが病気で急遽、代役にウィリアムズさんが登場です。メイルによると、ブロンフマンさん、次の音楽会では多分大丈夫だろうということ。大事に至らなくて良かった。

ウェールズ出身のウィリアムズさんの音楽は、めちゃロマンティック。ブロンフマンさんが、がっしりと構築されたドライで強固なベートーヴェンの演奏を予想させたのに対して(わたしの勝手なイメジです)、ロマン派の音楽を聴くように大らかに歌う。ちょっとびっくりしちゃいました。MTT自身のベートーヴェンも確か、ここまでロマンティックな演奏じゃなかったと思うので、これはピアニストの音楽でしょうね、きっと。でも、オーケストラもしっかりとそれに応えて、仄暗くもクリーミーで柔らかな演奏でした。ベートーヴェンのピアノ協奏曲には、例えば第5番の第2楽章のように、とってもロマンティックな音楽があるのも事実だけど、わたし好みの演奏かな、と思うと、そうではありませんでした。でも、ここまで外連味なく演ってくれると納得です。

休憩のあとは、マーラー。マーラー聴き始めの頃は、マーラーっぽくないって偉そうなこと言って、あまり好きな曲ではなかったんだけど、今はとっても好き。わたしの好きな演奏は、仕掛けを面白く効かせてくれる演奏。この曲の第1楽章と第2楽章に、マーラーはバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタのフーガで見せてくれたような対位法の仕掛けを存分に埋め込んでいると思うのだけど、何となく聴いただけでは分からないその妙を上手に聴かせてくれる演奏が好きなんです。MTTの演奏は、細かなところを強調するより、丁寧に全体の絵を描くような演奏。ありゃ、わたしの好みとはちょっと違うな〜、と思いつつ、予想外の木管楽器の強調とか、トランペットのコッブさんのヴィブラートめちゃくちゃきれいだわ、なんて思いつつ、聴いて、でも、MTTの語り口が分かり始めてくると、これはなかなかステキって思えて、第1楽章の最後の方からは、とっても楽しめたんです。
第2楽章のスケルツォでは、調弦を高くしたヴァイオリンのソロが活躍で、そういえばリーダーのシモヴィックさん、ロンドン・シンフォニーのテストを受けていたときは、やっぱりMTTの指揮だったのよねって思い出して、あのときは、ずいぶん体を揺すって、指揮者よりも目立っていたわ〜、でも今ではピッタリとロンドン・シンフォニーのリーダーにはまって、良い人選んだんだわって思ってなんだか嬉しくなっちゃった。

そして今日の圧巻は、究極の美しさで奏でられた第3楽章。音楽はゆっくりと息が長く弾かれるのだけど、オーケストラは全く息切れせずに十分な呼吸で弾いていく.上手い。上手すぎ。MTTのマーラーは、彼のオーケストラ、サンフランシスコとの演奏がとっても高い評価を受けてるけど、ロンドン・シンフォニーとの方が親和性が高いのではないかって思いました(交響曲第3番ではサンフランシスコとのCDよりもその前に録音されたロンドンとのCDの方がわたしは好きです)。この音楽はなんという幸福感。天国の扉が開く前のお墓の中の音楽なのに。天国へ至る道の安らかな眠り。決めた!!わたしのお葬式で音楽が流れるとしたら絶対、この曲を流して欲しい。幸せに包まれて死のときを過ごしたいし、来訪者にも満ち足りた死を感じて欲しいから。安易に葬送の音楽を流されるのは嫌。

マリナーさんのうっとりするような弱音のクラリネットで始まったフィナーレ。というか、プロローグの天国の音楽。ワッツさんのソプラノはときおり音量がもう少し欲しいかな(2階で聴いていました)と思ったけれども、清んだ中性的な声でこの音楽の雰囲気にピッタリ。MTTは緩急を付けてくるくると変わる景色を上手く描き出していました。

MTTのマーラーの演奏はロンドン・シンフォニーの柔らかな美しさを最大限に引き出したうっとりととろけるような最高級のマーラー。美しい一幅の宗教画のような世界。まろやかな幸福感に満ちあふれていて、マーラーの描き出した音世界を見事に音にしている。魂が救済される死がこんなに美しく満ち足りたものだなんて。
[PR]

by zerbinetta | 2012-05-27 07:50 | ロンドン交響楽団 | Comments(4)

Commented by Miklos at 2012-06-18 00:55 x
こんにちは。確かにこの日の第3楽章は私も「彼岸」の凄みを感じました。でも、この曲は自分の結婚披露宴で使ったんですよねえ(第1楽章)。お葬式にはちょっと使えません…。
Commented by zerbinetta at 2012-06-18 03:06
ほら、結婚は人生の墓場だ、なんてよく言うじゃない。
うわーーーごめんなさいごめんなさい。Miklosさんのところはお幸せそうですねーー。わたしもMiklosさんと結婚してれば音楽会たくさん行けるのに(って夫婦で破産?)
でも、素晴らしい演奏でしたね!
Commented by Miklos at 2012-06-20 08:08 x
いやいや、墓場があるということ自体、今やものすごく恵まれたことかもしれませんよ。

ちなみに、つるびねったさんは誰と結婚しようと、しまいと、音楽会は鬼のように行くでしょうから、破産は自己責任でしょう(きっぱり)。
Commented by zerbinetta at 2012-06-21 06:46
あのぉ〜〜、わたし一応、夫の人(とわたしは思ってる)はいるんですよ。ということで、わたしも片足はお墓に突っ込んでます。
それにわたし、音楽会には鬼のようには行かない、、、むにゃむにゃ

<< 全てを取り仕切る司祭 ガッティ... 赤いハリネズミでシューベルティ... >>