美女と野獣 クレア・ブース、BBC交響楽団、オリヴァー・ナッセン還暦音楽会   

25.8.2012 @royal albert hall

alexander goehr: metamorphosis/dance
oliver knussen: symphony no. 3
helen grime: night songs
debussy: the martyrdom of st sebastian

claire booth (sp)
polly may (ms), clare mccaldin (ms)
oliver knussen / new london chamber choir, bbc national chorus of wales, bbcso


なんてったってプチ追っかけですから。クレア・ブースさんが歌はなるべく(というところが軟弱者)聴きたいのです。今日はナッセンさんの還暦祝いということで、ヘレン・グライムさんの新作が初演されました。ナッセンさんのために書かれた曲です。
それにしてもナッセンさん、巨躯。昔から大きかったと思うけど、ますます大きさに磨きがかかったみたい。ってか、足腰、大丈夫かしら。レヴァインさんみたいに痛めませんように。よちよち歩いてきて、椅子に座っての指揮でした。

最初の曲はアレクサンダー・ゴーアさんの変態/ダンス、なんてついうっかりメタモルフォーシスを変態と訳してしまうんだけど(カエルの変態)、変容かな。ゴーアさんも80歳の記念年。ゴーアさんの曲は、40代の、今から40年前の作品。きれいなんだけど、聴いてて心地良いんだけど、あまり心には残らなかったな。

続くナッセンさん自身の交響曲第3番は、何と、20代の作品。はっきりと力の差を感じさせる、20代の若者がこんな作品を書けたのかと、びっくりさせられた充実の作品。ナッセンさん天才だったのね。明るくてきらきらする感じの音楽。ナッセンさんの音楽は、集中して聴いたことがなくて、ぽつりぽつりと聴いて入るんだけど、今まで聴いた(でも数は少ない)なかでは一番かな。プログラムには、この曲を初演した(当時の)若い!MTTさんの写真が出てたけど、彼も当時は20代。あとで知ったことだけど、MTTさん、今日は会場にみえてたそうですね。それなら見たかったなぁ(ただのミーハー)。実は、ナッセンさんの秘蔵っ子、ブースさんがこの曲を歌うのかなと思っていたのだけど、純粋にオーケストラだけの音楽でした。BBCシンフォニーは、来るシーズン、確かナッセンさんの曲をいくつか採り上げる予定だったと思うけど、聴きたかったな。

休憩のあとは、30そこそこの若い、ヘレン・グライムさんからのお誕生日プレゼント、「夜の歌」です。これもオーケストラのための曲。5分くらいの短い曲だけど、なかなかステキ。グルーヴ感があって、うきうきするようなノリ。響きが透明で、グライムさんは自分のイメジしている音を的確に楽譜に書き取ることができる人みたい。とっても良かったです。演奏のあと、ナッセンさんが「多分大丈夫とは思うけど、メガネを落としたのでちゃんと演奏できたか分からない。念のためもう1度」と会場を笑わかすジョークなのか、ほんとなのか分からないことをおっしゃって、今度はちゃんとメガネをかけて繰り返されました。同じように聞こえたので大丈夫だったよ。
ところで、こんなことは書きたくないけど、次の曲のためにステージに上がっていた合唱の人。どこの合唱団の人か分からないけど、ひとり、演奏中に扇子で煽ってる人がいました。黒い目立たない扇子とはいえ、それはないんじゃないかと。丸見えだし。2回目の演奏のときは止めてましたけど。

最後は、ドビュッシーの大作「聖セバスティンの殉教」。オーケストラのための断章ではなくて、1時間あまりの全曲版。この版での演奏は初めて聴きます。ナッセンさんは、オーケストラからドビュッシーらしい澄んだ官能的な響きを引き出していて、指揮者としても実力の高いことを聴かせてくれました。それにしてもドビュッシーのオーケストレイションってなんてきれいなんでしょう。そして、ナッセンさんもグライムさんも、きっとドビュッシーの影響を受けてる。
ブースさんの声は、透明で軽いのでドビュッシーにはぴったり。でも、これは合唱にも言えることだけど、多分、フランス語のデクテイションがフランス語の分からないわたしが言うのもヘンだけど、甘かった気がします。フランス語ってきれいに発音されるとほんとにさわさわときれいで耳に心地良いのだけど、今日のはちょっとべったりしているように聞こえました。
でも、この珍しい曲を、1時間、飽きずに聴かせてくれたのは嬉しい。お客さんの入りは予想どおり少なかったけど、とてもよい音楽会でした。

巨躯のナッセンさんと並ぶとますます可愛らしいブースさん 美女と野獣?
c0055376_3323888.jpg

[PR]

by zerbinetta | 2012-08-25 03:30 | BBCシンフォニー | Comments(0)

<< 昼間の月光浴 シェーファー、ブ... ビバカッパ(町田康的イメジ) ... >>