印象的な収筆 ハリソン・バートウィスルの音楽   

2013年5月23日 @オペラシティ・コンサートホール

バートウィスル:ある想像の風景(1971)、ヴァイオリン協奏曲(2009−10)、エクソディ'23:59:59'(1997)

ダニエル・ホープ(ヴァイオリン)
ステファン・アズベリー/東京交響楽団


イギリスの作曲家、サー・ハリソン・バートウィスルさん(サー・ハリー)の曲、3曲(全て日本初演)まとめた音楽会、コンポージアム2013の音楽会のひとつ。今年度の武満徹作曲賞の審査員がサー・ハリーさんなので組まれた音楽会かな。武満賞の本選の音楽会は日曜日にあってそこで受賞作が決定します。
バートウィスルさんは,管楽器の凶暴な音使いもするけど、仄かに旋律的だったり調性的だったり(このさじ加減がとってもいい)わりと聴きやすい音楽です。今回の音楽会とこの間聴いたCDとで、1960年代から現代までにわたる彼の代表的な音楽を聴いてみたんですけど、サー・ハリーさんって金太郎飴のようにどこを切ってもハリーさん。もちろん、成熟度には違いはあるんですけど、作風は変えてないのですね。ということは、個展という形でまるまる1音楽会を彼の作品に費やしてしまうより、1つの作品を他の作曲家の作品と並列して採り上げた方が、音楽会に変化が出るかも知れません。よっぽどサー・ハリー・マニアならともかく(ってそんな人ほとんどいない?会場は音楽関係者っぽい人たちとマニアっぽい人たちがいっぱいでした)、一般の音楽ファンにはアピールしづらいものがありますね。今回響きの似た音楽が後ろに2つ並んでたので、小編成の歌モノが真ん中にあれば良かったかも知れません。それにしても、日本ってすごい!会場は満席とはいかないけれども、お客さん入ってたし、あたたかく音楽を受け入れていた様子。オーケストラもきちんと真面目に(こういうところが日本のオーケストラの良いところ)演奏していました。日本の音楽ファンってステキだなって思いました。

最初のある想像の風景は、前半は4群、後半は3群に分けられた金管楽器と、2群の打楽器(それぞれシロフォンとティンパニ)、2群のコントラバスのための音楽です。金管楽器は、トランペット、ホルン、トロンボーン(ところによりチューバ)が組になって4群、途中席替えして(打楽器とコントラバスの音楽は続いてる)、楽器ごとに3群になります。なので、前半は金管楽器のハーモニーよりも、点描的な音の表現、席替えして楽器ごとに分かれた後半は、水平的なハーモニー。それにしても、金管楽器の扱いが上手い。ミュート(カップ・ミュート系?)や音の強弱を駆使して多彩な音色を引き出していました。特に、ミュートしたトランペットの人の声のような音色にびっくり。

2曲目は一昨年初演されたばかりのヴァイオリン協奏曲。テツラフさんが初演を担当しているのですが,今日はホープさんが独奏。ホープさんはずっと前に聴いて印象薄かったので、どうなるのかなぁと思ってました。テツラフさんだったら良かったのにって。この曲、一昨年のプロムスでも演奏されたのですね。あれ?わたしどうして聴きに行かなかったんだろうと訝しんだら、その日は日本に帰っていたのでした。プロムスよりラーメンを選んだんですね。
ヴァイオリン協奏曲。作曲者の言葉を借りれば、ヴァイオリンとオーケストラの対話。オーケストラは合唱のように作曲されているとのこと。ヴァイオリンの独奏とオーケストラが,対等な関係で、でも対立するわけではなく、向き合ってます。力の入った名曲だと思います。ウェブ・サイトでテツラフさんとBBCシンフォニーとのプロムスでの演奏を聴きましたが、テツラフさんのは結構アグレッシヴ。対して、ホープさんは柔らかみがあって、音楽がとげとげしくない感じ。その分、オーケストラにもうちょっと控えた方がいいと思った瞬間もありました(音量で凌駕したと言うより、表現の方向性違い)が、どちらも気合いの入った演奏でした。ホープさん、どうなるかしら、と心配して損した(っていうか、今日はホープさんだから聴きに来ようか迷った失礼なわたし)。この曲、ヴァイオリンにメロディアス(といっても朗々と歌うメロディではなく、短くふと聞こえる隠れた旋律)な部分があったり、技術的には難しいのかも知れないけど、ヴァイオリン弾きにとっては楽しく弾けるのかもね。納得のいく良い曲だと思います。
ここでびっくり、サプライズで、サー・ハリーさんがこの日のために書き下ろした、ヴァイオリン・ソロのための短いアンコールがあるともっと良かったのですが、もちろん、そんなのはなし。あと、ホープさんって友達に似てて、ああ友達が弾いてるってずうっと思ってました。ってか、写真で見るよりずっといいじゃん。おでこそんなに広くないし。もしかしてわたし、ツェートマイアーさんと勘違いしてた?

最後は、エクソディ。タイトルが示唆するとおり、出(しゅつ)何かから。なんだけど、わたしはタイトルのような音楽には感じませんでした。脱出するイメジというより、何かそこに堆積するイメジ。もしくは見えない壁で脱出できないイメジ。全く正反対です。その理由かきっと、ずうっとそうされてる通奏旋律のせい。音楽の背後に、楽器を変え、隠れたりときどき現れたり、低い声部に行ったり高い声部に行ったりする持続的な音符があったからです。あまり動かないパッサカリアのような、というか心の中にずうっと聞こえている音。その上に、いろんな音がスパークする音楽です。ミニマムじゃないアダムスさんの音楽をいうのが頭に閃いたんですけど,何のことだか分かりませんね。
今日の音楽の中で,この曲が圧倒的に良かったし,演奏も良かったんです。
30分にわたる緊張の持続。30分ってモーツァルトやハイドンの最後の方の交響曲と同じくらいの長さだから、長くないように見えて、実は、ひとつの連続する音楽としては、ブルックナーの交響曲第8番のアダージョやマーラーの交響曲第6番のフィナーレの長さなので,かなり長いです。この長さで最後まで聴かせてしまうのですから凄いです。しかも、音楽が対比的というより、漸進的な変化と持続なので、一見コントラストに乏しいんです(だから、もう少し変化を付けてもとは正直思った)。最後の方の、はっちゃけたダンスのようなクライマックスは楽しかったですが。

そして。
音楽の最後、突然(という言葉がぴったり。予期してなかったことなので)、音楽が静かにふわりと終わるんです。何かがすうっと抜けたように。魂が抜けた?ああ、そうか、これがエクソディということなんだ。今までずっと聴いてきたものは、産みの苦しみ。でも、抜けるときはつるりと抜けるんですね。枝豆が鞘からつるりと抜けて口に滑り込むように。そんな、何かからの引力から解放されてふわりと自由に飛び出した瞬間の心地よさ。これなんですね。サー・ハリソンさんの音楽。筆をすうっとはらって最後に筆を、字を解放して書を留める。とてつもない開放感。似たような感覚は、ヴァイオリン協奏曲の最後にも少し感じたので、サー・ハリソンさんの音楽に含む秘蹟はここにあるんだって思いました。
[PR]

by zerbinetta | 2013-05-23 22:50 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

<< 審査員になったつもりで作曲賞 ... ヴァルハラで会おう >>