楽譜と音楽のはざま 佐藤宏充、江東シティオーケストラ   

2013年6月8日 @ティアラこうとう 大ホール

メンデルスゾーン:交響曲第5番
ブラームス:交響曲第2番

佐藤宏充/江東シティオーケストラ


ティアラなんて貧乏でいつもださださな格好をしているわたしには一生関わりないと思っていたのに、今日はティアラこうとうに行ってきました(って全然話がかみあわないじゃん)。ティアラこうとうでただで聴ける太っ腹の音楽会があったんです。ただで聴ける音楽会はなるべく行こうかな、と(セコイ?)。
ティアラこうとうってお洒落っぽい(ほんとにお洒落かは別にして)名前が付いてるけど、区の公会堂の一種なんですね。区民センター?そう言えば、葛飾のシンフォニー・ヒルズも同じ仲間ですかね。

江東区(という区分で良いのでしょうか?)には、アマチュアの市民オーケストラが2つあるみたいです。今日はそのうちのひとつ、江東シティオーケストラ。メンデルスゾーンの「宗教改革」とブラームスの交響曲第2番という、ロマン派超正統派交響曲2曲ということで、腕に自信があるのかなって期待しました。誤魔化しきかないし、ブラームスなんかはかなり弾くの難しそうですし。

残念ながら、やっぱり、オーケストラの技術的な疵が演奏には出てしまいました。勢いで弾き飛ばせる音楽ではないので、ちょっとムズカシイ。例えば音を膨らますクレッシェンド、デクレッシェンドや楽器間のバランス、後ろに回ったときの弾き方、ときに音程など、そういう細かなところにまだまだ理解の足りないところが聞こえました。
楽譜は結構きちんと弾けているんです。弦楽器のセクションを見ても、後ろの人までちゃんと弾いてるし(いぢわるなとこみてるわたし。食器棚の隅の方に指を滑らせてお掃除が、なんて言う義母みたい)、そういう意味ではひとりひとりの技量は悪くないのです。ヴァイオリンもときどき澄み切った青空のようないい音を出していたし。でも、そこから一歩、音楽に近づいていないのです。楽譜通りにならしただけでは、ただの音で、音楽になりません。それがおしい。もったいない。

指揮者の佐藤さんとは、長く共演を続けてるみたいだけど、コミュニケイションが上手くいってないように思えました。倦怠期の夫婦みたい。佐藤さんは、淡々と振ってるだけで、音楽の馭者の座を放棄したみたいに感じました。ブラームスの最後では、上手く盛り上がりを作ったけど、例えば旋律の裏に回った静かな細かいヴァイオリンの音型には注意を払わず、そこだけ現代音楽のように聞こえてきたり。正面から見たわけではないので、確かなことは言えないけど、あまりアイ・コンタクトもなさそうだったし、オーラみたいなものも感じられません。表情にはあまり出さないタイプの指揮者なのかも知れませんが、オーケストラをもっと積極的にコントロールしても良いんでは、って思いました。ただ、指揮者だけの問題かというとそうではなく、オーケストラの方も楽譜を追うことばかりに気を遣っていて、指揮者や周りを見る余裕がなかったように見えます。上手いオーケストラってじいっと観察してると、ものすごくたくさんコミュニケイションしてるんです。指揮者を見たりコンサートマスターを見たり、パートリーダーを見たり、隣を見たり。ヨーロッパの大陸の方のオーケストラは、さらに身体を揺らしてオーケストラの中で室内楽を演奏するように演奏してる。そんな様子が、江東シティオーケストラからは見られませんでした。力はあるオーケストラなので、もう一皮剥ければ、ものすごく良くなるって思いました。

1回では分からないので、機会があったらもう1度聴きに行ってみようと思います。がんばれ〜〜。
[PR]

by zerbinetta | 2013-06-08 13:59 | アマチュア | Comments(4)

Commented by 久兵衛 at 2014-06-08 23:25 x
こんばんは。TWのほうに突然茶々を入れた久兵衛です。白状しますと、2~3日前の仕事中(汗)にこちらのブログを拝見し感嘆しフォローまでしました。私もつるびねったさんの爪の垢でも煎じて飲んだらもう少し音楽わかるようになるかなぁ・・・
で、今日江東シティオーケストラの第40回記念演奏会(メインは幻想)にタダなんで行ってきました。つるびねったさんが来そうにないことを推察しつつ(でもつるびねったさんならどんな感想書かれるのだろうという興味はあります)。
そこそこうまいけど大人しい印象なのはコンマスが大人しそうだから?Vn半分トラみたいだから?指揮者がドライブするタイプでないから(師匠の影響?)?かと思いました。それに指揮見難そう。。。
Commented by zerbinetta at 2015-05-06 16:08
久兵衛さん、こんにちは。ツイッターの方でお名前を存じ上げていました。
わたしなんて、音楽のことちっとも分かっていませんよ。なんとか音楽を上手に聴こうといつもいっぱいいっぱいです。
江東シティオーケストラを聴かれたのですね。わたしはそちらの音楽会には聴きに行っていませんが、聴いて感じたことが一番ほんとです。他の人の感想と比べて、新しい聴き方を見つけたり考えを深めるのもステキだけど、ご自身で感じられたことを大切にして下さいね。
Commented by 久兵衛 at 2015-12-08 19:53 x
私が記事後1年も経ってからコメントを書いていたら、その更に1年後につるびねったさんから暖かいコメントを頂いたことに今気が付き、大変嬉しく思います。ありがとうございます。聴いて感じたことが一番ほんとって良いお言葉ですね。自分の感覚/感想大事にします。
でもね、同じオケを何度か聞いたり、同じ演奏会の他の方の感想を聞くのはなかなか楽しいものです。このオケでも、上述の指揮者との演奏に比べて、2015年11月の和田さんとの演奏(好きな曲なので私も聴きに行きました)は、呟いた通りパワー全開スッキリ系でとても嬉しくなりました(フルート本当に上手でした)。
そして読んだのがつるびねったさんの記事です。心に浮かんだよしなしを紙の上(PC画面の上?)に繋ぎとめるならこういう風、というようにわかりやすい文章を読んで二度ニンマリできるのです。勿論違う印象の部分もありますが、それはそれ、これはこれで、全体としては読み返して思い出になります。
これからも、記事楽しみにしています。
Commented by zerbinetta at 2015-12-31 23:06
ごめんなさいごめんなさい。
またお返事遅くなってしまいましたね。ううう。ダメダメ。
ひとつの音楽でも感じ方が色々あってうんうんと肯いたり、そこは違うなぁと思ったり、それが面白いですね。喧嘩になっちゃう人もいるけど、感じるのは自分だし決して否定は出来ないのにね。
違う意見を聞くのは好きです。気がつかなかったところに気づかせてくれるし、自分が少し大きくなれる気がするから。同じようにいろんな演奏を聴くのが好きです。それぞれに素晴らしくてどっちがいいなんて意味ないです。
和田さんはこれからの指揮者だと思います。どこでどこまで活躍できるのか、楽しみに聴いていきたいですね。プロのオーケストラに行かなくてもアマチュア・オーケストラのカリスマ指揮者でも(本人が望んでいれば)素晴らしいと思います。

<< 交響曲という器 佐村河内守さん... 佐村河内守さんの交響曲第1番「... >>