何を聴かせたかったんだろう? 佐村河内守、ピアノソナタ第2番発表会   

2013年6月13日 @ヤマハホール

佐村河内守:ピアノ・ソナタ第2番(抜粋)

ソン・ヨルム(ピアノ)


ひょんなことから、佐村河内さんのピアノ・ソナタ第2番の完成発表会にご招待されて(間違った敬語)聴いてきました。この間、佐村河内さんのことについて調べていたら、日本コロムビアのサイトに告知があって申し込んでみたの、ファンでもないのに。これが、不思議な申し込みだったんだけど、名前とか、このことをどこで知りましたか?とかのアンケートがあって、最後に、これから日本コロムビアからのお知らせを送付して良いですか?はい、いいえ、すでに会員です、の選択肢があって、はいと答えた人はメイル・アドレスを記入して下さい、ということで、そんなお知らせはいらないから、いいえで、送信。するってえと旦那、相手に送信されるわたしの個人情報は名前だけ。えええっ?どうやって当選のお知らせメイルくれるの??送ってしまった以上は後の祭りなので、もう1回、いいえのままメイル・アドレスを入れて送信しました。気づかなかった人は落選したと思ってるんだろうな〜(当選者だけに連絡だったので)。

ヤマハホールは初めて行きます。ヤマハ自体にはちょくちょく来たことがあるのですが。メイルのコピーを見せて席票をもらうと前の方の結構良い席でした。ラッキー。お披露目会ですからたくさんのプレスの方々が招待されていて、あとは音楽ファンの方々でしょうか。前半は、日本コロムビアの方から、交響曲第1番が録音、発売された経緯についてのお話と佐村河内さんから、ピアノ・ソナタ第2番についての簡単な説明がありました。詳しいことはきっと正式に発表されると思うので、大ざっぱにかいつまむと、この曲は、以前書かれた「レクイエム」を拡大して作られた36分ばかりかかる作品だそうです。「レクイエム」は震災のとき出会った少女に書かれた、個人的な思いの詰まった曲だけど、実際に被災地に足を運んで彼が感じた思いを込めた、個人ではなく被災した人々のために書かれたとおっしゃっていました。そして演奏には超絶技巧のいる大変な作品なんだと。
演奏者として、ソン・ヨルムさん(一昨年のチャイコフスキー・コンクールで2位を取った韓国出身のピアニスト。そのときの優勝者は圧倒的な才能を見せつけたダニール・トリフォノフさん♡)を選んだのは彼女の圧倒的なテクニックと人間性に惚れ込んだからだそう。この短いお話の中で、そして演奏の後でも、超絶技巧ということについて強調されてたのにちょっと不安というか違和感を感じました。

そして、なんと!今日ここで弾かれるのは、ソナタの第1楽章ではなく、佐村河内さんが曲を10分くらいにまとめたものだというのを聞いて絶句。オペラの抜粋ならまだ分かる。それでも、それぞれのアリアとかはあまりカットしないと思うけど。交響曲だとかソナタのような論理的な形式が大切な作品を、それぞれの楽章からかいつまんでつなげる(といってもこの曲がいくつの楽章からできているのかは分かりません。リストのように単一楽章かも知れません)って。。。そこから何を聞き取れっていうの?例えば、シューベルトのD960のソナタをかいつまんで10分ほどにまとめられたものを聴かされて何が分かるというのでしょう。美しい旋律、だけだとしたらこの曲の本質は何も伝わっていないことになりますよね。

正直、聴いた音楽のかけらだから、わたしはこの曲がどんな曲なのかはちっとも分かりません。響きはバッハに似たところがあったり(多分オリジナルの「レクイエム」の部分)、一瞬チャイコフスキーの響きが聞こえたりしたけど、全体的にはリストのロ短調のソナタのような曲なのかな。佐村河内さんがおっしゃってた超絶技巧という部分は、フォルテッシモで激しい感情を露出した部分かしら。
佐村河内さんは、感情をそのまま音に出す作品を作っているのでしょうか。それはとても分かりやすい。でも、底が浅くないでしょうか。「本当の悲しみは、頬笑みながら涙を流すことだよ」誰の言葉かは忘れたけど、本当の悲しみの前でわたしたちは泣き叫ぶことができるでしょうか。泣き叫ぶことで悲しみを伝えることができるでしょうか。泣き叫ぶことでカタルシスを得ることはできるかもしれませんが。狂ったようにピアノを叩きまくる叫びは何を伝えようとしているのでしょう。全体が見えていないので、素っ頓狂な感想に過ぎないのだけど。

やっぱり気になったのは、佐村河内さんが何度もおっしゃっていた超絶技巧です。ヨルムさんも、昨日彼の前で弾いたときよりもっと凄いよ、と速く弾いたみたいだけど、そんな、アンコールで弾くヴォロドス編の「トルコ行進曲」じゃあるまいし。リストのソナタを速弾きするのが良い演奏、という考え方なのかな。極限で弾くことで表現できる音楽?? 

ピアノのヨルムさんは、この短いショウピースからは何も感じませんでした。ミス・タッチなしで完璧に弾いて上手い人だとは思うけど今の若い人、みんな上手いし。表情を見てるとのめり込み系かな。銀のハイヒールがステキでした。演奏後お話があって、ステキな「レクイエム」がトランスフォームして複雑になった、というようなことをおっしゃっていましたが、ジョークとも穿った見方をすれば皮肉かなとも思ってしまったり。心が曲がっていてごめんなさい。

最後に違和感を覚えたことをひとつ書きます。それは、コロムビアの方が佐村河内さんのことを敬称なしで呼んでいたこと。反対に、佐村河内さんもコロムビアの方を敬称なしで呼び捨てでした。お互いに身内?コロムビアにとって佐村河内さんは売り物を作る社員?芸術家って、売る人からは独立していないの?わたしが、レコード会社の事情について無知なだけかも知れませんが。音楽を売る現場を見た気がします。

今日は何しに行ったんだろう?後味の悪い思いです。もちろん、プレス発表ってこういうものなのかも知れません。わたしがそれを知らなかっただけ。そんなことで取り乱すくらい、わたしはまだまだnaïve(本来の意味はネガティヴな言葉です)なのですね。
[PR]

by zerbinetta | 2013-06-13 23:08 | 室内楽・リサイタル | Comments(30)

Commented by ありこ at 2013-06-14 17:28 x
クラシック初心者の私は、日本コロムビアの女子クラ部に登録してます(笑)

という余談はさておき、新曲の完成発表会に参加なんて、私にはない機会なので、そういう雰囲気だけ楽しんで帰ってきちゃいそうです(苦笑)が、

「本当の悲しみ…」というフレーズ、私の場合は涙も出ないし、悲しみの遣り場もなくて、渇いた薄笑いしか出ず(爆)そういう感じが、クラシックを聴いた時にふと重なり合う時があります。曲が出来た背景とか知らないので、勝手にリンクさせてるだけですが。

私は作曲をやらないので、音楽を作る人の創作がどんなのかよくわかりませんが、作り手本位の音楽なのか、聴き手(ニーズ)にあわせた音楽なのか、どちらに偏ればいいというわけでもなく、バランスを取るべきなのかも謎です…。

ってあれ?なんだか主旨がよくわからなくなっちゃいました(汗)
結局、作り手がこうと思って作った音楽も、聴き手の都合でどう伝わるかわからない、元々普遍性はないから、って割り切れば、ビジネスカットも許容範囲ということでしょうか?
Commented by zerbinetta at 2013-06-14 22:58
女子クラ部って日本コロムビアのなんですか〜?知らなかった〜。
新曲完成発表会なんてクラシック分野ではまずないですよ〜。初演は何度も聴いてるけど、プレス発表なんて初めてだし、正直、行って後悔してたり。

音楽を作る上で、聴き手を意識するのは必要だと思うんです。でないと、自己満足というかひとりで完結しちゃって、それは共有できるものでもなんでもないから。でも、誰を聴き手にするのかは、考える必要があると思うんです。芸術音楽の分野においてみんなが聴き手になるのは幻想だと思うんですよ。バランスを取るというのはそういうことじゃないかと思います。

売る方は、たくさん売りたいわけだから、芸術性よりみんなに受け入れられる方が良いのですね、きっと。日本コロムビアの思惑はそんなところにあると思うし、佐村河内さんの考えと方向性を一緒にしてるんでしょうね。
Commented by ありこ at 2013-06-15 21:03 x
ありがとうございます!私の中途半端な考えをフォローしてくださって。
聴き手に媚びず、聴き手を尊重する曲たるべき、ですよね?
それなら良くわかります。私もプレイヤーの端くれですが、たとえアマチュアでも、自分だけのめりこんで演奏したって自己満足、ちっとも音楽じゃないと痛感してます。それをそのまま作曲に置換して考えたらスマートでした!
肝に命じます…:;(∩´﹏`∩);:
Commented by ハンスロット at 2013-06-17 15:31 x
ヤマハホールに佐村河内守ピアノ・ソナタ第2番を聴きに行きましたよ。
胸に染みるアダージョ(バロックを利用)、悲しみのウルトラ超絶技巧。
抜粋版でしたがとてつもない音楽にかんげきしました。
ソン・ヨルムは初めて聴きましたが、髪を振り乱しての正確無比な技術は、やはり日本人離れしています。佐村河内守が白羽の矢をたてたのもわかります。
ヨルムさんが佐村河内守をとても尊敬していることがネイチャーな英語から深く伝わりました。
Commented by zerbinetta at 2013-06-18 23:17
ありこさん、
こちらこそ!自分の考えが見えてきて良かったです♪
最近、アマチュアの音楽会をよく聴くのですが、自己満足度合いがそれぞれの団体で違うのが面白いです。自己満足も共有できるというか、まわりもその渦に巻き込んでいくような演奏はステキです。
Commented by zerbinetta at 2013-06-18 23:21
ハンスロットさん、
はじめまして。コメントどうもありがとう。ヤマハホールの聴きに行かれたのですね。わたしは、ああいう場は初めてだったので、ちょっと戸惑ってしまい、あまり楽しめなかったんですが、楽しまれたとのこと、良かったですね♡
ヨルムさんは、わたしはもう少し聴いてみないと、分からないな、と思いました。日本人の若いピアニストは、辻井さんくらいしか聴いたことがないので、比べられないです。。。日本人の音楽家さんの演奏は、徐々に聴き広げ中です。
Commented by cyclisttak at 2013-06-19 14:19 x
完成発表会だったらそんなものでしょう。彼のピアノソナタはまだ聴いたことがありませんが、テレビで田部京子が弾く「レクイエム」を聴いて交響曲より良いなと思いました。交響曲は彼にはちょっと重荷なんじゃないかな。短くても彼の「魂」の籠ったピアノ曲をもっと作ってもらいたいですね。
Commented by zerbinetta at 2013-06-21 11:48
そうですね。ちょっと熱くなっちゃいました。でも、事前発表では、ソナタの第1楽章が演奏されるとアナウンスされてたんですよ。それだったら、曲に対してある程度評価もできるし、十分満足できたハズなんですが。
Commented by cyclisttak at 2013-06-21 12:41 x
そうなんだ。事情がよくわからず書いたよ。ごめん。それなら主催者側が絶対おかしいね。
Commented by keroro at 2013-09-17 17:24 x
斜めからしか見れない主様の度量の無さに同情致します。

昨日、横浜みなとみらいホールに行ってきましたが、佐村河内守のピアノ・ソナタ一番&二番にとてつもない作曲技術を感じました。
アンコール曲の小品も素晴らしかったです。


一番はクラシックの、特に現代音楽になじみのない人には非常に難解な曲でしたが、それをCDにするというのですから、彼が聴衆に媚びていないことが良くわかりました。

Commented by zerbinetta at 2013-09-17 21:33
keroroさん、コメントありがとうございます。
同情いただいて恐縮なんですが、これといって同情されるようなこともありませんのでお気持ちだけいただきます。

わたしは、佐村河内さんのピアノ・ソナタを聴いていないのでそれに対する意見も感想もありません。完成発表会では残念ながら抜粋の形で聴いたのでよく分かりませんでした。後から冷静に考えれば、長い曲を抜粋して紹介することは、プロモーションのヴィデオ・クリップとかにもよくあることなので、このエントリーの内容には今は赤面しています。でも、を付け加えるならば、完成された第1楽章を演奏するという案内だったのに、抜粋になっていたのでむむんとなっちゃったんです。

ひとつの音楽に対していろんな聴き方や評価があるのが良いことであると考えているので、佐村河内さんの音楽を支持する方の意見を聞くのもとても嬉しいです。
Commented by Kasshini at 2013-09-25 11:00 x
はじめまして。さまよえるクラヲタ人および、私自身が、佐村河内守作品でやりとりしているブロ友経由で、貴ブログを見た者です。宜しくお願い致します。

さて、私自身は、去年の8月からのファンであり、手に入る音源は、悉く手に入れ、交響曲も実演で聴き、またピアノ・ソナタの初演も、嵐の中聴きに行きました。さまよえるクラヲタ人さんと初めてお会いする予定が、交通マヒでお会いできなかったことがこころのこりでしたが。

youtubeのPVでイメージを補完するのですが、この時の発表会で演奏されたところは、ピアノ・ソナタ第2番 第1楽章の提示部 第1,第2主題だと思います。初演で確認もしましたが、第3楽章でこの2つの主題が再提示されていました。その後の展開は、平たく書けば、その主題を徹底的にポリフォニックに変奏しながら、弁証法的に発展していく、そういった形式の作品だと思います。ラフマニノフのピアノ作品、ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第31番 嘆きの歌、モーツァルト K.540にも近い印象を覚えましたが、佐村河内守さんにしかできないプロットだと思いました(続)

Commented by Kasshini at 2013-09-25 11:01 x
ピアノ・ソナタ第1番は、三全音、調性を感じさせるパッセージと反復を含む十二音と、調性的なメロディーの対比展開が印象的でした。個人的には、ショスタコーヴィチ ピアノ・ソナタ第1番、バルトーク 戸外にてにも近い印象を覚えました。もともと、バルトークを佐村河内守さんは左手薬指が機能不全になるまで好んで演奏されていたとのことなので、納得がいきました。

発表会の、アナウンス、私は存在を知りながら応募しなかったので、会場に入っていませんが、突然の変更があったのかもしれないけれど、広報側のミスリードを感じました。変更があれば、できるかぎり早く訂正するべきだと思います。この辺に関しては、全聾を強調しすぎるプロモーションにも辟易しています。
Commented by zerbinetta at 2013-10-05 11:46
Kasshiniさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。お返事が遅くなってごめんなさい。

佐村河内さんの音楽については、わたし、しばらくは口をつぐもうと思っています。生で聴いてことがないし、録音でも十分聴いているとは言えないので語る資格はないと思うからです。いつか実際の演奏に触れられればいいのですけれども、その日を待ちます。
彼の音楽というか、彼自身の物語を作るみたいなテレビ的な、その宣伝のされ方には、一時のブームは作るけれどもっていう危うさは感じています。でも、本物だったら、レパートリーとして残っていくのでしょうね。どうなっていくのか静かに見つめていきたいです。

ピアノ・ソナタについての詳しい解説(Kasshiniさんのブログ記事も含めて)どうもありがとうございます。聴きたくなりますね。
ピアノ・ソナタや無伴奏のヴァイオリン曲は、演奏されやすいので、佐村河内さんの音楽が世界に知られるとしたら、こちらの方がチャンスがありそうですね。彼の作品を採り上げる音楽家がたくさん出るかが分かれ目だと思います。プロの演奏者に彼の音楽がどう評価されているのか気になります。
Commented by ハーン at 2013-11-14 20:57 x
プロの演奏家の佐村河内守音楽の評価ですか?!
ウィーンフィルの第1コンサートマスター、ライナー・キュッヒル氏が佐村河内音楽に惚れ込んで来年佐村河内のソナチネを演奏することが決まりました。
ライナー・キュッヒルがプロフェッショナルかどうかのご判断は管理人様にお任せ致します。
Commented by zerbinetta at 2013-11-20 23:07
ハーンさん、コメントありがとうございます。
それはステキなことですねっ。キュッヒルさんどこで演奏するのだろう?外国でも知られる(ゲーム音楽作家ではなく芸術音楽作家として)1歩になればいいですね。


Commented by Makita at 2013-12-12 15:54 x
わー!佐村河内守ピアノ・ソナタ、評論家が総絶賛すね!タワレコのタダ雑誌で山野雄大も傑作!言うとる。
Commented by zerbinetta at 2014-01-07 00:00
そうなんですか。いつかわたしも聴いてみたいです。
Commented by としあき at 2014-02-06 10:26 x
残念なことが発覚しましたけど先見の明がありましたね
Commented by 紳士 at 2014-02-06 10:34 x
こんなことは絶対に許されません
Commented by 浅原しょーこー at 2014-02-06 11:16 x
目が見えなくてもキャッチボールの人と同じでしたね
先ほど初めて例の「広島」をようつべで聞きました。
感想・・・どっかで聴いたような旋律が・・・。これを高く評価とは?
終わっとるね~~日本のクラシック界。
Commented by 通りすがり at 2014-02-06 19:38 x
ああ、当時ブログ主さんを叩いてる人の今の顔を見てみたい!
もちろん曲自体の良さに変わりはないという意見も理解するんですが、どれだけの方が純粋に音楽のみを見てたんでしょうね。
Commented by 素晴らしい! at 2014-02-09 00:02 x
私はクラシック聴かないので、サムラゴウチさんも曲も知りませんでしたが、管理人さんの耳と感性が素晴らしいということは分かりました。大変参考になる事件でした。
Commented by 通りすがり at 2014-02-09 11:54 x
今回の事件でこの作曲家を知りました
音以外のストーリーに酔っちゃうというか流されちゃう人が多いのでしょうね
Commented by zerbinetta at 2014-02-12 22:56
としあきさん、
先見の明ではありませんよ。わたしが批判したのは、まだ評価の定まっていない音楽のことです。これが素晴らしい音楽であると言う人がいてもちっともおかしくありません。

紳士さん、
そうですね。人を欺いていたのはダメでしょうね。法律に反している部分があるのなら、法律で裁かれるべきです。

浅原しょーこーさん
交響曲の評価はまだ定まっていないと思います。だから高く評価する人がいてもちっともおかしくありません。今では無価値の音楽でも、初演当時は高く評価競れていた音楽は、たくさんあります。同時代の音楽を評価することはそれほどまでに難しいと思います。

通りすがりさん、
音楽につきまとっていた物語で曲を聴いていた人も多いですね。クラシック音楽の、それも現代音楽の聴き手って普段はとても少ないのでこれだけのブームだから雰囲気に飲まれて聴いた人も多いと思います。でも、それも音楽の楽しみ方なのでダメだとは言えません。世の中、クラヲタさんで溢れていたらそれもあんまりな世界でしょ。

Commented by zerbinetta at 2014-02-12 22:56
素晴らしい!さん
わたしは自分の感性が素晴らしいとは一度も思ったことはありません。ただ、一所懸命聴いて、心の中のものには正直でありたいと願ってます。

通りすがりさん、
多いのでしょうね。こんな事件があって、今度は反対方向に流されている人が多いです。
Commented by 石原軍団 at 2014-03-20 15:24 x
はじめまして。

佐村河内守は以前NHKのニュースでとりあげていたのは
知っていましたが、この事件が起きるまで忘れていました。
正直言って、ゴーストライター問題よりも障害者手帳や年金を
だましとったり、自分の金儲けのために障害者の少女や
東日本大震災の被災者の子供を利用したのが許せません。
それに記者会見を観ていたのですが、あまりの銭ゲバぶりに
あきれました。
おそらくNHKスペシャルなどを制作した関係者は、ほとんど
佐村河内守が耳が聴こえる事は、気がついていたでしょう。
視聴率を上げるためのヤラセもあったのでは?
Commented by zerbinetta at 2014-04-24 00:40
石原軍団さん、こんにちは。はじめまして。

わたしは、佐村河内さんの社会的な罪については全く興味がありません。それは然るべき人が相応の対処をするのでしょう。
それよりも佐村河内さん作と言われていた音楽が真の親を得て、きっちりと処分を受けることを期待しています。作曲家として納得した作品ならば残せば良いし、そうでなければ破棄してしまうのが良いと思います。
Commented by 栗山 at 2014-06-13 16:59 x
初めてコメントさせていただきます。
新垣隆さんのコンサートの情報を知りました。
東京小金井市民交流センター小ホール、6月28日土曜日です。
問い合わせやチケット予約の電話番号は、0120-240-540 です。
全席自由、2000円.19時15分開演です。
突然のお知らせ、申し訳ありません。
梅雨の毎日、お元気でお過ごしください。
Commented by zerbinetta at 2015-05-06 16:38
栗山さん、はじめまして。
新垣さんの音楽会の情報どうもありがとうございました。
聴きに行ってはいないんですけど。。。
新垣さんの音楽には興味がありつつも興味がないというか。正直新垣さんの評価は保留しています。何だかよく分からなくて。

<< 専門家はステキっ♡♡ オール(... 私の周りで友達が狂っていく〜 ... >>