専門家はステキっ♡♡ オール(?)ボロディン 米津俊広、アウローラ管弦楽団、他   

2013年6月16日 @ミューザ川崎シンフォニーホール

ボロディン:交響曲第2番、歌劇「イーゴリ公」より

菅又美玲(ヤロスラヴナ)、菅井寛太(イーゴリ公)、折田真樹(コンチャク汗)
米津俊広/柏フィルハーモニー合唱団、混声合唱団コール・ミレニアム、オーソドックス合唱団、アウローラ管弦楽団


素晴らしかった!

ミューザ川崎に行くのは初めてです。というか、川崎の駅に降りるのも初めて。川崎というと工場の町という、勘違いの印象を持っていたけどJRの駅を降りた先はお洒落な商業施設。ミューザ川崎も駅からすぐで、屋根が付いている歩道があるので雨が降っても傘なしで行けるんですね。便利。

ホールは、サントリー・ホールと同じような形。でも、客席の入り口が1階2階3階と分かれているのでとても分かりづらい。わたしは近くで聴くのが好きなので最初1階に座ってみたんだけど、今日は合唱も入るから2階に移動。歩いてみた感じだと1階と2階はステージに近いけど3階(4階?)以上は少し遠い感じ。でも、聞こえてくる音はどこも良さそう。ここをホームにしている東京交響楽団は鼻高々でしょう。地震のとき壊れて最近、修復再オープンしたそう。今日の、アウローラ管弦楽団の音楽会のプログラムも、本来は地震のすぐあと演る予定だったのができなくて今日になったとのことです。

ボロディンの交響曲なんてこれを逃したら一生聴く機会がなさそうなので、ワクワクしながら聴きに来ました。この曲自体は中学生か高校生の頃聴いたことがあるので知っているんですけど。そして、アウローラ管弦楽団は、都内で5番目のロシア音楽系のアマチュア・オーケストラだそうです。ロシアに特化したアマチュア・オーケストラなんて珍しそうって思っていたら、東京には5つもあるんですか。何とマニアックな!

交響曲第2番(「勇士」ってタイトルなんですか。知らなかったーー)が始まったとたん、にやり。いい。凄くいい。オーケストラは下手ではないけど、今まで聴いたアマチュア・オーケストラの中で上手いとは言えない。金管楽器なんて結構汚い音出してるし、木管楽器もひょろろ〜と延びたスパゲティのようになっちゃう部分もある。でも、これは、本物のボロディンの音。ロシアものに特化してるだけあって、真がそこにある。ひとりひとりが音楽を分かって演奏しているのがとてもいいんです。ヴァイオリンなんかは本当に良い音出してたし、金管楽器もリスクを負って果敢に攻めてくる。こうでなくちゃ。絶対みんな、うちでロシア・オケのCDばかり聴いてるに違いない。いろんな曲を演奏するアマチュア・オーケストラやプロのオーケストラでさえ、できないことです(だってオーケストラ60人くらいいたら、ボロディンなんて〜って思う人もひとりやふたり(いやボロディンならそれ以上)いるハズ。超一流のオーケストラならいざ知らず、ボロディンのこと分かってない奏者が混じってるもの)。もうわたしは嬉しくって、勇士と一緒にコザック・ダンスを踊りたくなる勢い。 <--一番ボロディンのこと分かっていない奴。

休憩後は、オペラ「イーゴリ公」からの音楽。ボロディンの構想を下に(ボロディン自身は楽譜にしなかった)グラズノフが書いた序曲に始まり、アリアや合唱の入った曲、有名な韃靼人の娘たちの踊りや、韃靼人の踊り。プログラムの解説も、もうロシアものが大好きという感じで好感度大だし、今日は、合唱(3つの合唱団を使った割に人数少なかった)も3人の独唱者もオーケストラも、指揮者もみんな好きな音楽に全霊で奉仕してたし、一天の曇りなく音楽に埋没できたまれに見る、じゃないまれに聴く公演。全員が等しく一体になっていたように思えました。指揮の米津さんは、テンポを落とすところでもたついちゃうところがあったけど、オーケストラを尊重してとても上手く音楽を引き出していました。「イーゴリ公」の途中で、外で言葉汚く叫んでた女の人がいたけど(何なんだろう?)、全く気にせず音楽に集中できました。こういう演奏を聴くと、本当に音楽って技術以上に心だなとあらためて確信できます(もちろん心を表現できる位の技術は必要ですが)。次回もぜひ、聴きに行きたいオーケストラです。このオーケストラにはぜひ、いつか、ムソルグスキー特集をやってほしいです。原点版の荒々しい「はげ山の一夜」やラヴェル編曲でない「展覧会の絵」、「死の歌と踊り」なんかを聴きたいです。それから、カラマーノフの交響曲。プロじゃなかなか演ってくれないものね。

それにしても、都内にロシア・オケが5つかぁ。確かシベリウスに特化しているオーケストラやマーラーの名前の付いたオーケストラもあるし、そういう専門性の高いアマチュア・オーケストラは聴きに行く価値大ありかも知れませんね。日本とかアジアの作品ばかりやるアジア系オーケストラとかないのかしら。あとはポーランド系を希望♪
[PR]

by zerbinetta | 2013-06-16 23:01 | アマチュア | Comments(0)

<< ベートーヴェン賞の混乱 ロット... 何を聴かせたかったんだろう? ... >>