生の断片化、もしくは記憶の固着 シルヴェストロフ、交響曲第5番   

お休みの日の夕方、雨が降っている。なんだか物憂いような気怠い午後のまだ夜には遠いたそがれ時。いろいろな過去の、時が凍りついて止まった想い出に心を漂わせてみる。時を止めた廃墟の上に静かに時は流れている。わたしたちの今も、いつか同じように時を止めて、未来から眺められるときがくるのだろう。

シルヴェストロフの音楽は、廃墟を思い起こさせるの。でも、それは過去のものではない、今という時。そこに凍りついた時を未来から眺めているような音楽。時を止めたわたしが、時を越えた先から眺められている。彼を初めて知ったヴァイオリン協奏曲を聴いたときもそう感じた。そして、このCDの交響曲第5番を聴いて、またその追伸といえるポストリュディウムを聴いてその思いを強くしたの。音楽はとても美しい。その響きは不協和音だけど、とげとげしたのではなくて柔らかな響き。そして美しいメロディの断片。そう断片。崩れていく廃墟のように、メロディは断片でしかない。たった2つの音の繰り返しのような。でも、添えられた和音がとても美しいから、音楽が儚いのに美しい。そして、あまりにもロマンティック。ときの彼方に埋もれたロマン主義の廃墟。そしてそれはわたしの今。わたしもその中に埋もれて横たわっている。わたしの体から遊離したわたしの魂がときを越えて音楽と一緒に未来からそれを見つめている。わたしとわたしの生きた時代の廃墟。

音楽が進むともう少しメロディが形をなしてくるのだけど、失われた記憶を手探りで形にするように、その形は、不確かで、曖昧で、柔らかくて、愛おしい。そして静かな闘争が始まるの。失われたものを取り戻すように。時間を戻して記憶の廃墟を、記憶の中にあった世界をわたしのまわりにもう一度取り戻すように。メロディの断片が今度ははっきりとした輪郭を持って奏される。でも。。。メロディは還ってこない。埋もれて目をつぶっているわたしの体はそのまま、目を開けることはない。わたしの魂は行き場所を失って、もう一度ときの中にさまよい出す。ロマンティックな瓦礫はまた砂の中に埋もれるかのように、時を凍らせ眠りにつくの。想い出は決して二度と触れることはできない。

追伸

あなたはもう再びそこには戻れない、でもうんと大切なすてきだった過去の時間を想うとき、どんな気持ちになりますか。想い出が鮮明としてるのに届かないもどかしさ。もやもやして形にできないもどかしさ。甘じょっぱい涙のような気持ち。甘酸っぱい恥ずかしさ。そんないろいろな想いが美しさの向こうにありませんか。交響曲第5番を聴いたあと、体に重みを感じるような、心の中にそんな想い出を見るような感じがしませんか。そして、もう一度だけ、その想い出の中に帰ってみたいという気がしませんか。もしかするとそれは小さな頃読んだ物語の世界に近いのかもしれませんね。美しいピアノの音。儚いメロディ。そのように書かれたのが、ポストリュディウムなのかもしれませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしは今思い出そうとしている。ずいぶん昔観て好きだった絵を。作家の名前をもはや思い出せない。幻想的に廃墟のような裸婦を、未来から観た現代の記憶のように描いた絵たち。頭の中のイメジを検索できればいいのに。
でも、そんな手の届かない記憶が、なんて愛しいんだろう。多分、記憶の中にあるからこそ慈しいのかもしれない。そんな風景をこの音楽は思い出させるの。そして。わたしを何もすることができない、金縛りのような、脳の意識の繊維が運動器官から断ち切られた、静かな雨の世界に連れて行く。なにもできない。なにもしない。電池の切れたサイボーグのわたし。
わたしはこの音楽を表す言葉を残念にも持っていないので、虚脱系音楽と呼んでいるのだけど、聴くと、カラータイマーの切れたウルトラマンのように何もできなくなる、そんな音楽がわたしにはいくつかあるんです。
そのひとつで最大のものが、このシルヴェストロフの作品。そして、グラスのヴァイオリン協奏曲の第2楽章とか、ペルトのいくつかの作品、フェルドマンの「マリの宮殿」。。。
音楽って、癒やしを感じることはあるにしてもポジティヴな希望や力を与えてくれるし、悲劇的な作品でさえ、生きる力を与えてくれる。でも、虚脱系音楽って。吸血鬼のように身体からエネルギーを吸い取ってしまうんです。ネガティヴというんじゃないけど、気を奪い取られるというか、そういう音楽って、もしかするとサティーにその兆しはちょっぴりあったかも知れないけど、つい最近まで書かれることはなかった新しい音楽なのかもしれません。

(2002年の4月に書いたCD(シルヴェストロフ:交響曲第5番、ポストリュディウム:ロバートソン/ベルリン・ドイツ交響楽団)評に書き加えました。実演を聴いた無気力系感想はこちら
[PR]

by zerbinetta | 2013-06-19 23:06 | 録音 | Comments(0)

<< シベリウス愛好国 世界に羽ばたけ!るか、日本の音楽 >>