どうして壊れてしまったの ハンス・ロットの命日に   

1880年、多分10月の22日、ウィーンからアルザスのミュールハウゼン(当時はドイツ)に行く汽車の中で、失意のハンス・ロットは壊れました。一緒に乗った乗客がたばこに火を点けようとしたのをピストルで制止しようとして。ブラームスが汽車に爆弾を仕掛けたという妄想に捉えられて。翌日ウィーンの精神病院に入れられ、翌年の2月には低地オーストリアの州立の精神病院に移されて、そのままほぼ回復することなく、1884年6月25日に亡くなります。享年25歳。彼の残された作品を聴くと、この天才の早すぎる死が惜しいと言わざるを得ません。彼自身も素晴らしい作品を書いていたに違いないし、マーラーの音楽も違ったものになっていたでしょう。

ロットはミュールハウゼンで音楽監督、合唱指揮の仕事に就くために仕方なくウィーンを離れようとしていました。お金がない。彼がこの仕事を受けざるを得なかったのはお金がなかったからです。この週週間前、彼は作曲生活のための奨学金を得ようと奔走しています。8月に出したオーストリアの教育省の奨学金の審査員と会うため、9月の始めには教育省に掛け合い良い結果を得ます。その審査員とは、ゴルドマルク、ハンスリック、ブラームスです。彼は9月17日に尊敬するブラームスに会います。これが、最悪の結果を生んでしまった。ブラームスは「作品はたくさんの美しさ、たくさんのつまらないもの、たくさんの無意味なものを含んでいるけど、その最初のものはロット自身のものではない」と酷評します。なんて残酷な。彼にとって偉大な芸術家と仰いでいた人に完全否定されてしまうとは。

その3日前の10月14日、ロットは指揮者のハンス・リヒターとの面会にこぎ着けます。ロットは、9月から何とか、リヒターに会って自分の交響曲をフィルハーモニー(ウィーンの)に演奏してもらおうと動きます。何回かの失敗のあとついにこの日に意見を聞けるのですが、リヒターは、彼に作曲することを励ますんですけど、この交響曲をフィルハーモニーで演奏することを拒否します。
ロットが亡くなったあと、彼を高く評価していたマーラーも自身がフィルハーモニーの指揮者のとき、演奏を検討しますがそれも実現していません。彼が敢えて採り上げなかったのか、フィルハーモニーの指揮者を辞めたため演奏できなかったのか(フィルハーモニーを辞めたあとニューヨークで彼の地のフィルハーモニー協会の指揮者になるまで、自作以外のコンサートの指揮をほとんどしていません)それは分からないままです。その結果、ロットの音楽は100年も眠ることになってしまいました。

そう、いくつかの作品を鬼神の如く仕上げた直後のこの'最後の'ひと月、ロットを襲った悲劇の連鎖はロットの精神を破壊するのに十分だったのでしょう。でも、もうひとつだけ、これに加えましょう。彼は心からウィーンを離れたくなかったんだって。
ロットには恋人がいました。ルイーズです。交響曲は彼女のために書かれました。青年の潔癖症と妄想の入り交じったこの恋。ロットは彼女に身を捧げるべく死ぬまで童貞だった。彼は振られていますが、でも、彼自身、彼女の不幸な結婚を彼が救うと考えていたようです。なんて、青いんでしょう。青すぎます。ここが多くの浮き名を流したマーラーとの違いでしょうか。
ロットは、ルイーズのいるウィーンを離れたくなかった。それが、お金がなく、奨学金も得られる当てがなく(皮肉なことに奨学金は無事通ったのですが)、自作が演奏される当てもなく、失意のまま、恋人(片思い)のいる町を離れたくなかった。これが、彼の精神の崩壊の最後の引き金を引いたのではないか。そう想像してしまいます。ウィーンに仕事があればもしかして彼の運命も変わっていたのでは、と、わたしも妄想癖ありすぎかなぁ。青いぞ。

ロットの死から3日後の10月28日にウィーン中央墓地に埋葬されました。ブルックナーはお葬式にずいぶんと早くに来てひとりで棺のそばにいました。お葬式のときブルックナーは涙し、不誠実で厳しい扱いをして若い作曲家を死に至らしめてしまったブラームスを公然と非難したそうです。ロットは、本当にブルックナーに愛されていたのですね。

(いくつかの資料を基に再構成しました)
[PR]

by zerbinetta | 2013-06-25 22:31 | 随想 | Comments(11)

Commented by cyclisttak at 2013-06-27 15:22 x
ツェルビネッタさん。ハンス・ロットは交響曲を作曲する前から統合失調症だったという説がありますね。ブラームスはそれを彼の曲の中に見たのではないでしょうか。
Commented by zerbinetta at 2013-07-04 21:13
そうなんですか!それは知りませんでした。
それにしてもブラームスは大人げないです。将来の敵はつぶせるうちにつぶしてしまえ、ですかね。
Commented by cyclisttak at 2013-07-05 14:15 x
ツェルビネッタさん。なるほど。しかしブラームスのまじめでた控えめな性格から見て、私はブラームスがそういう大人げないことをロットにしたということがちょっと信じられないのです(彼なら素晴らしい音楽なら素晴らしいと認めると思うので)。ブラームスびいきでしょうか。ロットの音楽が是非聴きたくなりました。
Commented by zerbinetta at 2013-07-06 23:02
自分の理解できないことや、違ったものを多くの芸術家は認められないんでしょうね。自分の信じている道が最高と思ってるから、それにそうじゃないと最高の作品は作れないし。ブラームスといえども。
ブラームスって敵対者に対しては結構大人げない対応をしてるみたいですよ。
Commented by cyclisttak at 2013-07-09 14:11 x
ツェルビネッタさん。同感です。芸術家はわがままで利己的でなければ通用しないでしょうね。ブラームスにとっての「敵対者」とは自分の芸術を乗り越える怖れのある芸術家のことでしょうね。
Commented by zerbinetta at 2013-07-15 23:10
ブラームスは、でも、秘かにワーグナーを好きだったんじゃないかって思います。引用してるし。
Commented by cyclisttak at 2013-07-17 13:01 x
確かにブラームスはワーグナーが好きで尊敬していました。取り巻きの連中が勝手にワーグナー派とブラームス派に分かれて対立していただけで、実際本人同志はお互いに認め合ってましたよ。
Commented by cyclisttak at 2013-07-22 17:16 x
ツェルビネッタさん。ハンス・ロットの交響曲を聴きました。
すばらしい!青春の若さがよく表れている、といって技術的に20歳前後の作曲とは全く思えません。彼の曲の中にはブルックナー、ワーグナー、シューマン、それにブラームスの音まで聞こえてきます。それでいて彼の個性のある響き、それに高揚感!
またマーラーがのちにこの曲を研究したという通り、マーラーの第1番「巨人」の中にこのロットの曲とそっくりのフレーズがあるのでびっくりです。
その上、出だしのゆったりとしたメロディをどこかで聞いたことがあるなと思ったら、ジェームス・ディーン主演の「エデンの東」のテーマ曲の出だしとそっくり。(まあこれは偶然かもしれませんが)
彼はシューマンやワグナーのドイツロマン派から、後期ロマン派のマーラーへの橋渡しをしたということですね。
私は上で述べた病気に関するコメントを撤回したいと思います。これからもこの曲聴き続けたいと思いました。
どうもありがとうございます。
Commented by zerbinetta at 2013-07-22 21:09
ロットの交響曲、聴かれましたか。良い曲でしょう〜。若書きの作品とはとても思えない充実度。もっと普通に長く生きて作品を書き続けたら、どんな素晴らしい音楽の実がなったろうって思います。
マーラーの中にもたくさんのロットの影がありますね。ロットを「発見」したイギリスの音楽学者は、交響曲第2番、第5番、第7番に影響を認めてます。
ロットが精神に病を持ってた(持ってしまった)として、彼の芸術的価値には何ら疵をつけないと思います。精神のバランスのぎりぎりのところで身を削るような創作を続けてたのかも知れませんし。でも、もう少し強ければ、と思います。彼の音楽をもっと聴きたかったから。
Commented by 我門隆星 at 2013-10-11 07:34 x
初めまして。我門隆星と申します。
ブルックナーの作品・伝記からハンス・ロットを知り、このページにたどり着きました。
……ハンス・ロットは作品を見せる相手を間違えたと思います。ブラームスといえば、ムチャクチャの毒舌家ですし。
ブラームス1番の第4楽章がベートーベンの第9に似ているといわれて「何を聞いても同じに聞こえる人にはそう聞こえるのだろう」とブラームスは言ったらしいですが。
どうしてどうして。ブラームスの1番に比べるとハンス・ロットの交響曲は、もっともっと気が利いています。……これは邪推にすぎませんが、映画「アマデウス」で、「サリエリのマーチ」をモーツァルトが即興で編曲しフィガロの「もう飛ぶまいぞこの蝶々」にしてしまうシーンがあります(むしろ音楽監督がフィガロをサリエリ風?に編曲したのを劇中のモーツァルトに元に戻させた)。その直後、サリエリが憤怒の表情で十字架をにらみつけるシーンがあったのですが。……ブラームスは、そのサリエリの気分だったのかもしれません。自分のメロディーが、もっと綺麗に変身してハンス・ロットの交響曲に収まったのですからw。
Commented by zerbinetta at 2013-10-16 00:13
隆星さん、はじめまして。
コメントありがとうございます!
ロットの死は悲劇でしたね。でも、ブラームスといえば当時のウィーン音楽界のドン、ロットにとっても絶対的なアイドルです。ロットが憧れるのも分かる気はします。ロットの音楽にもブラームスの音が色濃くありますしね。彼はブラームスのようになりたかったんじゃないかと思います。

ブラームスは最初の交響曲を成功させて意気揚々としてたときに、ロットに似たような旋律を使われて怒ったんでしょうか。実はわたしは、そんなに似てるとは思っていないんですが。
若い作曲家に対して、ブラームスはもっと鷹揚に構えていれば良かったのにと思います。と同時に、ロットにも図太さを持っていればと思います。成功した大家と同列に見なすのは無理なのですから。

<< 一般参賀 わたしが指揮されちゃった 小笠... >>