第9交響曲の呪いは真実だった!!!   

夏にふさわしいホラーな話題です(?)。

交響曲第9番の呪いって知ってますか?ベートーヴェンが交響曲を9番まで書いて亡くなっているので、それ以降の作曲家は、第9番を超えて交響曲を書くことができなくなった、と。
シューベルト。今在る交響曲は8番までだけど、以前は番号の付け方がはちゃめちゃで、最後の「グレート」はずうっと交響曲第9番でした。
ブルックナー。0番とか00番とかめちゃくちゃずるしてる感じがするけど、最後の未完成の交響曲は第9番です。
ドヴォルザーク。最初の頃の交響曲はちっとも有名じゃないけどちゃんと9曲(9番目は言わずと知れた「新世界より」)書いて亡くなってます。
そしてなんと言っても、第9の呪い伝説の生みの親、マーラー。マーラーは第9番の呪いを怖がって、交響曲「大地の歌」に敢えて9番の番号を付けなかったとかまことしやかに言われてますが、そんなのこじつけでしょうってのは放っておいて、第9番を書いたあと第10番のスケッチを残してちゃんと(?)亡くなってる。
そのあとも、グラズノフやヴォーンウィリアムズなんかも9曲の交響曲を書いて亡くなってる。

そんなことはない、ショスタコーヴィチは15曲書いてるし、ミャスコフスキーは26曲書いているじゃないか、って反論があるかも知れない。でも、わたしの結論は、呪いは確かにある!!!

わたしだって呪いは信じてなかったよ。そんな馬鹿なって。でも調べたの。
19世紀に活躍した作曲家で交響曲を9曲以上作った人で、その9番目を書いて(ずるしたブルックナーも入れて)亡くなった人は、何と33人中18人、死亡率50%以上なんです。しかもですよ、9番を超えて10曲以上作曲できた人で、有名なのは(わたしでも名前を知ってる程度に)、オペラの作曲家ドニゼッティー(彼が交響曲を書いていたなんて知ってた?)とミャスコフスキー、ヴィラ・ロボス、マリピエロにミヨー、それにブライアン(あのギネスブックに載ってる大交響曲「ゴチック」を作った人です)だけ。ここに名前を挙げた人の交響曲聴いたことある人どのくらいいる?そう、有名な交響曲作家は、9番まで書いてみんな死んでしまったんです。これは呪いと言わずに何と言う、でしょう。

うわ〜怖いっ!作曲家の皆さん、恐ろしいですよーーー。

いや、でも、安心して下さい!(と明るい声で)
呪いは解けたのです!

20世紀に生まれた作曲家のうちすでに亡くなってる人で、9曲以上の交響曲を書いた人のうち、9曲書いて亡くなった人は、32人中7人です(死亡率に換算すると、20%)。しかもその中で有名な人は、シュニトケくらい(この人交響曲第0番というのがあって、10曲交響曲を書いてます)。反対に生きながらえた人で有名なのは、トゥービン、ショスタコーヴィチ、ウィリアム・シューマン、ホヴァネス、ペッタション、ダイヤモンド、シンプソン、ヘンツェ、カラマノフと、あれ?あんまり知られてないか。。。

そして21世紀は、交響曲多作の時代!呪いから解放されてのびのびと交響曲を書き続ける。
2005年に亡くなったローワン・テイラーは交響曲を265曲作ったし、サンタクロース=セーゲルスタムさんもついに交響曲第265番を作曲中。これからますます交響曲が生まれるよ。第500番の記録を作るのは誰か?今からもうワクワクですねっ♪


後記
交響曲作家と交響曲の数は、英語版ウィキペディアとネットに落ちてる情報を調べたんですけど、現在、最もたくさんの交響曲を書いた人は、上記のUSの作曲家テイラーで265曲。でも、作品がどうしても見当たらず、演奏された形跡もないので、もしかしてエア作曲家?2位のセーゲルスタムさんは現在第265番を作曲中で、最近のペースなら世界新記録も今年中に出るのではないかと期待。こちらは資料がしっかりしてるし、作品も演奏されているので本物でしょう。
第3位は140曲以上の交響曲を書いたボヘミアの作曲家、フランチシェク・クサヴァー・ポコルニ(1729−94)。次に、120曲あまりの交響曲を残したとされる同じくボヘミアの作曲家、カール・ディッタース・フォン・ディッタースドルフ(1739−99)。そして第5位が我らがパパ、ハイドン、106曲。100曲以上書いたのはこの5人だけです。
[PR]

by zerbinetta | 2013-07-02 12:23 | 随想 | Comments(0)

<< 不倫は文化 absolutely! 日本一紫の似合う男 寺田亜沙子... >>