おお!意外と顔覚えてるぅ アウローラ管弦楽団「大地の歌」特別演奏会   

2013年9月22日 @ミューザ川崎

タネーエフ:歌劇「オレスティア」序曲
マーラー:大地の歌

小林由佳(メゾソプラノ)、志摩大喜(テナー)
長田雅人/アウローラ管弦楽団


ロシア専門オーケストラのなぜかマーラー。宗旨変えしたの?って訝しんだら、プログラムによると、団員さんが何人か不惑の年を迎えるので記念音楽会をやろうというノリで、定期公演でない特別演奏会だからロシア以外でもあり、ということだったらしい。まぁ、本人さんたちがいいのならいいんだけど、女神様がコンサートマスターではないのは(前回のビルによると女神様を中心に集まってるオーケストラとのことだったので)、忸怩たる思いでいる人もいるのかなぁと勝手ドラマを妄想したりして。でも、何となく見覚えのある人が第2ヴァイオリンの2列目に座っていて、今日の女神様は下々に降りてきたのね、なぁんて思ったというか、自分でも顔を覚えているのにびっくり。親の顔ですら間違ってしまうわたしですから。
まあでも、「大地の歌」の解説にタコの交響曲第14番との関連が書いてあったりして、ロシア・オケの意地がぽろりと。ただね〜〜、「少ない練習回数、なかなか参加者が集まらなかった」等を理由にして聴き苦しい点を言い訳するのは、このオーケストラのことが聴く前から嫌いになるほど、言ってはいけない魔法の呪文。バルス。
公にステージで演奏する以上、プロもアマチュアもなく、ほんとはもっとできたんだ、なんて言い訳することもなく、音楽をしなきゃいけない。それが、音楽に対する最善の奉仕でしょう。それができないのなら演奏なんて止めちゃえ。

かなりがっかり来た。好きだったのに。
そんな気持ちで聴き始めた、タネーエフの曲。タネーエフの名前も初めて聞きました。作曲家として有名、というより先生として、スクリャービンやラフマニノフ、プロコフィエフなどを育てた人なんですね。凄い。自身はチャイコフスキーに作曲を習って、彼のピアノ協奏曲のロシア初演でピアノを弾いているんですね。作風は、だから、ロシア的というより、チャイコフスキーのように西欧的な感じ、と思いました。ただ、ちょっと演奏が、この曲の良さを引き出すところまではいっていませんでした。それほど、凄い曲ではないので、そんな中から良さを見つけて引き出すのは難しいことだけど、前にこのオーケストラを聴いたときに印象的だった「好きこそ」の覇気があまり感じられませんでした。ぼんやりした感じ。初めて聴く曲だけど、プログラムの解説がとても分かりやすいガイドになっていて、嵐の果てに最後、突如美しい旋律が現れる、平安のうちに曲を閉じるんですけど、ティンパニのばちを前半と後半で変えれば良かったのにって思いました。嵐が晴れたのに、ドンヨリとした音色のままだったので。

「大地の歌」って難しいですよね。どうなることかと思いました。というか、歌が。。。テナーはオーケストラに完全に消されてしまってました。オーケストレイションの薄いところでも、なのでちょっと致命的。正面で聴いていたので場所が悪かったということではありません。もちょっとがんばって欲しかった。メゾソプラノは、この曲には声が軽くて明るいなと思いましたが、健闘。こちらは楽しめました。
オーケストラは、第1楽章はちょっとと思った箇所もあったけど、プログラムに言い訳書いてた割には健闘。皆さん、結構マーラーの音楽の弾き方を分かってらっしゃる。背景の作り方とか和音のバランスとか、分かってないととんでもないものになるもの。管楽器は、かなり健闘していて、フルートのソロやバスクラリネット、セカンド・ホルンの人が上手かったです。あとチェロのトップ。ただ、弦楽器の音程の悪さはもうちょっとなんとかして欲しかった。ファジーな音程やばらばらなリズムがデフォルトで出せるアマチュア・オーケストラのために誰か、現代作曲家が曲書いてくれればいいのに、なんて失礼なことを考えながら聴いていました。第6楽章に至っては、ひとりひとりもうかなり音程がずれてきていたので、一度、音合わせをすれば良かったのにと思いました。
長田さんの演奏は、さくさくと速めのインテンポで、オーケストラが綻ばないように引っ張っていたと思います。これが彼の本来の音楽かどうかは分からないけど、成功していたのではないかしら。カチカチと無情に進む時計のように、でも思ってもみなかった意味で無常感を感じました。う〜ん、やっぱり「大地の歌」は難しいです。

今回、オーケストラの言い訳姿勢にはがっかりしたけど、上から目線で言うと、もう一度チャンスをあげましょう。次の音楽会でヘマをやったらもう愛想を尽かします。上手いとか下手とかそういうのじゃないんですよ。愛です愛。
[PR]

by zerbinetta | 2013-09-22 00:19 | アマチュア | Comments(4)

Commented at 2013-10-05 00:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by zerbinetta at 2013-10-05 14:09
不愉快ですか?「いちいちアマオケ」とはわたしは考えていません。音楽を演奏する上でプロもアマチュアもないと思います。楽しみ方は違うと思いますが。
Commented at 2013-10-07 00:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by zerbinetta at 2013-10-07 12:02
ありがとうございます♡

<< バレエ教室発表会初潜入 クリビ... かっけぇぇーー イブラギモヴァ... >>