最強のでんでん虫集団! ベルリンフィル・ホルンカルテット、都響   

2014年6月1日 @サントリーホール

モーツァルト:「フィガロの結婚」序曲
シューマン:4本のホルンと管弦楽のためのコンツェルトシュテュック
ブラームス/シェーンベルク:ピアノ四重奏曲第1番

ベルリン・フィルハーモニック・ホルン・カルテット
マルク・アルブレヒト/東京都交響楽団


6月は雨の季節。カタツムリたちには嬉しいお天気です。サントリーホールにはカタツムリを背負った人たちが、ちらほらと見受けられました。そうなんです、お目当てはベルリン・フィルのホルン・カルテット。世界最強のカタツムリ集団、という宣伝文句があったかどうかは知りませんが、本当に素晴らしい、まさに世界最強のホルン集団でした。感激してへろへろ。

完全にホルンがお目当てのわたしでしたが、都響は初めて(多分。思い出せない昔に聴いたことあるかも)。日頃、このオーケストラの高評価を耳にするので期待していました。指揮者のアルブレヒトさんは完全に勘違いして、お年寄りの方だとばかり思っていましたが(多分その方は先日亡くなっていたゲルトさんみたいですね)、若い人だったのでびっくり。ちょっとイケメンっぽいし。

「フィガロの結婚」の序曲は、確かプログラムを変更してだったと思うんだけど、アルブレヒトさんお好きなんですかね。溌剌とした演奏でした。でも、わたし的にはそこまでしなくても(余計なクレッシェンドやデクレッシェンド)自然に流すだけでいいのに、とも思いました。

そして本日のメイン・イヴェント、シューマンの「コンツェルトシュテュック」。颯爽と登場するベルリン・フィルの4人のホルニスト。ベルリン・フィルだからさすがに上手いだろうと思っていたけど、そんなこと思ったわたしが恥ずかしくなるほど、音楽だった。彼らのような本当の音楽家に上手いなんて言ってはいけないのだ。そんな次元じゃないから。まるで歌うように自由自在に楽器を操って、音楽を奏でていく。ソロの素晴らしさも筆舌に尽くせないけど、4人のアンサンブルの完璧さって言ったら。各パートが自分の役割を熟知して完璧なハーモニーを作ってくる。いつもオーケストラの中で一緒に演奏しているからこそできること。こんなホルンの集団を持ってるベルリン・フィルって化け物か。ただ、唖然と彼らの音楽に我を忘れる。なんという耳福。何だかこの世のものとは思えないものを聴いたみたいで久しぶりに音楽に酔う。もうだめ。ベルリン・フィルのホルンのセクションは、長いこと2つある主席のうち、ひとつが埋まらないのだけど、そのわけが分かった。ただ上手いだけじゃだめ。このアンサンブルの中に溶け込む音の人を探すのは至難の業。人がすぐに見つからなくても妥協しないベルリン・フィルもすごい(他のオーケストラでも主席が長く空席のままでいることもあるけど)。
アンコールは、ドン・ハダッドさんが編曲した「ティル・オイレンシュビーゲル・ブルース」。ティルのホルン・ソロを4人が順番に吹きつないで始まった、ジャジーで愉快な曲。それにしてもホルンの音の美しさにまたしてやられる。ハーモニーは格別。
拍手に応えて、なんとヴァレンドルフさんがマイクを持って日本語で挨拶。これで終わりかなと思ったら、彼の「地下鉄ポルカ」!ホルンの3重奏のポルカに乗って、ヴァレンドルフさんのマイク・パフォーマンス!!地下鉄の駅名をラップのように連呼していくの。高島平から始まって西高島平・・・これ何線?もうめちゃくちゃ楽しくて、しかもホルンも完璧。下吹きでベースを吹いてたサラさんも上手い上手い(サラさんってツアーの様子とかよくツイートしてくれます)。圧倒されました。参りました。

ホルンでお腹いっぱい耳いっぱいで、満足し尽くしちゃったんだけど、お終いはシェーンベルク編のブラームス、ピアノ四重奏。この曲、初めて聴いたとき(確かエッシェンバッハさんとニューヨーク・フィル)あまりのぶっ飛びぶりに激しく喜んだんだけど、シェーンベルクはブラームスの前衛性を紛うことなく見つけて巧みにオーケストレイションしてるんですね。ところが、アルブレヒトさんの演奏は、ブラームスの時計の針を、シェーンベルクがうんと前に進めたのに、それをブラームスの側にしっかり戻してしまった感じなのです。もっとはちゃめちゃな表現の音楽だと思うのに、なんか古典的なフォルムで端正すぎ。せっかくのシェーンベルクの機転を薄めてしまって、ブラームスのオーケストラ作品のような慎ましやかさで演奏してしまいました。こっちの方が好きだという人もいらっしゃるかもしれないけど、わたし的には不満です。

初めて聴く都響については、期待が大きかったせいか、そつはないけど普通のオーケストラのように聞こえてしまいました。とんがった魅力がないような物足りなさ。もしかすると、わたし、不感症になっているのかもしれません。何回か聴いてみるので今度はもっと上手に聴けたらいいな。あと、指揮者のせいかも知れないけど、コントラバスの粘る重心の低いオーケストラのように聞こえました(バスの人数を絞った「フィガロの結婚」でもそう感じた)。次に聴くときは印象が変わるでしょうか。楽しみです。
[PR]

by zerbinetta | 2014-06-01 00:42 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

<< モノクロームな原風景 コパチン... 雄大な噴水 シンフォニア・ズブ... >>