つかみはOK 新国バレエ「パゴダの王子」   

2014年6月14日 @新国立劇場

パゴダの王子

ベンジャミン・ブリテン(音楽)
デヴィッド・ビントレー(振付)
レイ・スミス(衣装・装置)

奥田花純(さくら姫)、奥村康祐(王子)
長田佳世(皇后エピーヌ)、山本隆之(皇帝)
江本拓(北の王)、古川和則(東の王)
マイレン・トレウバエフ(西の王)、貝川鐵夫(南の王)
福田圭吾(道化)、他
新国立劇場バレエ団

ポール・マーフィー/東京フィルハーモニー交響楽団


「パゴダの王子」はずうっと観たいバレエだったの。とは言っても、前に観たときのタマちゃんのエピーヌの怖さと、マリアネラさんのローズ姫の究極の美しさを湛えたゆっくりとしたソロの踊りが印象的でどうしてもまた観たいって、だから、マクミランのを観たいと思っていたんだけど、同時に、日本で初演されたビントレー版の「パゴダの王子」の評判も伝え聞いてたので、これも観たいって。それが今日叶います。
でも、心配なことがあったの。マクミラン版の「パゴダの王子」の強烈な印象を持っていたので、ビントレー版を観るのを邪魔しないかなって。上手に観るためには、まずはマクミランを忘れなきゃいけない。きっとすぐにはできない。なので、本命の唯さんのを観る前に1回、観ておきたかったの。Z券抽選は外れたので、今日のお昼の部の公演のZ券を並んで買いました。新しいバレエは人気がないらしく、余裕で買えました(この間のカルミナ・ブラーナもそう。もったいなさ過ぎ)。唯さんは今日の夜。今日は立て続けに2回観ることになります。ははは

ビントレーさんの「パゴダの王子」は、新国立劇場バレエ団のために2011年に振り付けられたもの。あの地震の年です。ビントレーさんはそのとき日本にいらして、日本を舞台に家族の再生を主題にした自身の振付に大地震の経験が影響しているとおっしゃっています。多分、新国立劇場バレエ団にとって宝物となるであろう舞台。という想像は、舞台を観たあと確信に変わったのでした。

まず、音楽。わたしは、このブリテンの音楽、ブリテンらしくてとってもいいと思うんですね。「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」からは随分と離れた20世紀の音楽なので、そういうバレエばかり観ている人には耳馴染まないかもしれないし、本場ロンドン(ブリテンはイギリス人、クランコ版の初演はロイヤル・バレエ)でも人気なかったけど、バレエへの創造性を掻き立てる音楽は素晴らしいと思います。2年前にロンドンで観たときは、いつも適当に弾いてるロイヤル・オペラ・ハウスのオーケストラもちゃんと弾いていて、でも、ちょっとぴんとこなかった部分もあったんですが、今日のマーフィーさんと東京フィルの演奏を聴いて、ローカル色が抜けていて、良い意味で癖のないのがかえって音楽に近づきやすくしていてとっても良かったです。ほんと、新国立劇場のバレエは、音楽がいつもステキ。これは、他所のバレエ団ではあまりないよね。

ビントレーさんの振付は、舞台を日本にしたり、ローズ姫をさくら姫、エピーヌを姉妹からさくら姫の継母で皇后にした改変はあるけど、物語の全体的な印象はもともとの物語を遠く逸脱することなく、筋立ての秀逸さに感心。第2幕をエピーヌが先導するので(マクミラン版では道化が先導)、エピーヌの出番が多かったのも良かった。それに妖怪かわいいし、海の世界のシーンは、ブリテンの音楽がピーター・グライムズの海の音楽を彷彿させるのでぴったり。ちょっと不満は、物語の全体像を決定づけるプロローグが羅針盤としては弱かったのと海の国が楽しい竜宮城なのか試練なのかはっきりしなかったこと。それと、第1幕のオーボエのステキなソロに乗ってのさくら姫のソロの踊りのテンポが速めに設定されていたこと。これは、マクミラン版のゆっくりした難しい踊りを息を飲む神々しさで踊ったネラの残像が残っているからだけどね。そういうことで、前に観たマクミラン版をどれくらい解毒しているか分からないけど、これからあと2回観る楽しみは期待できそう。というか、これを新国立劇場バレエ団のために作ってくれたビントレーさんにいちバレエファンとして心から感謝。(ああでも第2幕のお終いの方から急にお腹が痛くなって脂汗垂らしながら観てしまったのが残念)

踊りは、ソリストの堀口さんと奥村さんがさくら姫と王子でロール・デビュウ。お二人ともすごくよく踊っていたし、これからの活躍が楽しみだけど、小粒感があったのは、しょうがないかな。でも、これをステップにどんどん主役を踊って活躍して欲しいです。その資質は見て取れましたよ。
わたし的には、道化の福田さん、コミカルな西の王のトレウバエフさんが良かったです。このおふたりが物語にクスッとスパイスを効かせるのですね。
でも、今日圧倒的に良かったのが皇后の長田さん。ちょっとお顔が優しいのが玉に瑕(だって温かな美人さんだもの)だけど、踊りは素人目のわたしにもはっきりと違いが分かりました。素晴らしいステップ。今シーズン、プリンシパルになったばかりだけど、とても巧いしどんどん主役を踊って欲しいですね。

予想以上に満足してしばらく休憩。夜の部に備えまーす。お腹だいじょぶかしら。
[PR]

by zerbinetta | 2014-06-14 00:13 | バレエ | Comments(0)

<< 予想外の裏切り 米沢唯 新国バ... おやじの楽器 はいどん楽遊会 ... >>