ダンスホールでハルサイ フルシャ/都響   

2014年6月24日 @サントリーホール

オネゲル:「パシフィック231」
バルトーク:ピアノ協奏曲第3番
ストラヴィンスキー:春の祭典

ピョートル・アンデルシェフスキ(ピアノ)
ヤクブ・フルシャ/東京都交響楽団

先日の都響に引き続き、またもや都響@サントリーホールです。今日のお目当ては初めて聴くアンデルシェフスキさんのピアノ。ネット友達がすごくいいと絶賛するんですもの。聴かずにはおれません。指揮は、若いフルシャさん。彼らの世代で最も傑出した指揮者のひとりでしょう。都響とはもう何回か振りに来ています。

オネゲルの「パシフィック231」は、汽車が動き出すのを描写した音楽、新幹線や京急線じゃなくて良かった、重い鉄のかたまりが蒸気で重厚に動き出してから疾走するまでの音詩。確か、高校の頃、音楽の時間に鑑賞したっけ。生で聴くのは初めて。オネゲルって交響曲第3番とか大好きだけど、ほとんど音楽会でかからないのよね。もっとオネゲル、メジャーにならないかしら。それにしても、重い鉄のかたまりのようなエネルギーを持つ演奏でした。現代の高性能の電車ではなく、音楽も手作り感のあるアナログっぽいところも良かった。ホルン、もちょっとだけがんばれ〜。

お目当てのアンデルシェフスキさん。実は全く予備知識がありません。年齢も知らなかったのですが、意外と若い(もう少しお歳の人を想像していた)。そして、プログラムをあとで読んで、ポーランドxハンガリーの人だと分かりました。
バルトークの3番目の、最後の協奏曲は、叙情的で聴きやすい作品。ティンパニとピアノの競奏なんてぶっ飛んだこともなく、亡命後のバルトークの変化を象徴しているようだけど、でもめちゃ名曲。バルトークの乾いた音楽には、サントリーホールはウェットで響きすぎ(ティンパニの反響音が横から一瞬遅れて聞こえるよね@P席)なのがちょっと心配だったけど(昔、ムジークフェラインでバルトークを聴いたときも音が響きすぎて何だかもやもやしてしまった)、その心配は、第1楽章を聴き始めて現実になった、と思いました。ちょっともわんもわんしてる。と思ったのもつかの間、気にならなくなったのは、この曲がバルトークの他の作品に比べて柔らかい音楽だから、とともにアンデルシェフスキさんの透明で明確な打鍵があったからでしょう。都響のシャープな音も良かったです。それにしてもアンデルシェフスキさんのピアノは美しい。不純物のない蒸留水のようなきらきらする美しさ。それに、泉のように音楽が湧き上がってくる。もう、全ての音がそこにあることが意味を持っていて、楽しそう。余分な音が一切ない。夜のプールに浸かって星を見るように、音楽に浸かって音の燦めきを見る。香を聞くように五感の全てを研ぎ澄ませて音たちの軌跡を見る。
都響もアンデルシェフスキさんをきっちりサポート。第2楽章のヴィブラートを控えた弱音の弦楽合奏の響きの美しいこと。アンデルシェフスキさんのピアノの音がオーケストラにも感染してる。お互いの音楽が複雑に化学反応を起こして高みへと登る。なんてステキな演奏。
アンデルシェフスキさんのアンコールは、協奏曲の続きのような、柔らかな、民謡を題材にしたバルトークの歌(「3つのハンガリー民謡」より)。自由に歌うピアノ。幼い頃の記憶の中の歌みたい。そしてもう1曲。バッハの「イギリス組曲」から「サラバンド」。純粋で美しいバッハ。バッハを取り巻くいろんなしがらみからも自由に離れてアンデルシェフスキさんの音楽だけが聞こえてくる。いいな、いいな。アンデルシェフスキさんに恋に落ちてしまいました。また、好きなピアニストができてしまった。わたしの心は恋でいっぱい。


もう前半だけで大満足で満ち足りていたんだけど、後半の「春の祭典」がこれまた凄かった。都響の凄みが感じられる演奏。都響がこんなに良いオーケストラだって初めて知りました(と言っても聴くのまだ2回目ですけど)。そしてそれを見事に引き出したフルシャさんすごいすごい。彼はもう「春の祭典」そのものなんですもの。指揮台に立っているだけで彼の音楽がびしびしと伝わってきます。一点の曇りなく完璧に音楽に降臨してる。あとで知ったんだけど、フルシャさん今日初めて「春の祭典」を音楽会で振ったんだって。全然そうは見えなかった。フルシャさんを聴くのは多分、3回目だけど、聴くごとに成長しているように思える。まだ30代半ば。これからがもの凄く楽しみな指揮者ですね。
そのフルシャさんの「春の祭典」は、決して奇をてらったものではなく、むしろ、ほぼ“普通の”演奏なんですが、とにかくリズムの切れというかビート感が素晴らしいの。頭ゆらして踊りたくなる感じ。もう、1階席なんて椅子取り外して立ち見にして、踊れるようにすればいいのに。そんなロックのライヴ・ハウス感覚の音楽なんです。ここまで体感するビート感覚を鮮明にした演奏もなかなかないんじゃないかしら。学校でクラシック音楽とは、とか言ってお行儀良くモーツァルトやベートーヴェンを聴かせるより(彼らの音楽も聞き込むと時代の最先端を行く超ロックな音楽なんですけどね。慣れるのに時間がかかる)、「春の祭典」を体を自由に動かしながら聴かせると、クラシック音楽が好きになる子が増えるかもしれないのに。クラシック音楽って決して修行のように聴く音楽じゃないし、今の感覚に近い音楽の方が分かりやすいと思うんだもの。「春の祭典」はもはやモーツァルトより体の感覚で分かりやすい音楽ですよ。

アンデルシェフスキさんも客席で聴いてらっしゃいました。終わったあとサイン会があるから聴いていたのかな(プログラムの後半を客席で聴くソリストの方はそれほど多くないですよね)。ちょっとがつんときてしまったので、普段はあまり興味ないんですけど、うっかりサイン会の列に並んでしまいました。アンデルシェフスキもフルシャさんも、気の置けない感じでとってもフレンドリー。ますます好きになりました。アンデルシェフスキさんは、来年2月にリサイタルがあるのを知って速攻でチケット取ってしまいましたよ。ふふふ、楽しみ〜〜♡
[PR]

by zerbinetta | 2014-06-24 19:58 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

<< やってもやっても切りがなーい ... ブラームスを舐めるなよ 新日フィル >>