やっぱり校長先生 東京大学音楽部管弦楽団サマーコンサート   

2014年8月3日 @松戸 森のホール

ベルリオーズ:「ローマの謝肉祭」序曲
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
チャイコフスキー:交響曲第5番

三石精一/東京大学音楽部管弦楽団


東大のオーケストラが上手いって、ずっと前に友達から聞いて知っていました。ということでやっとこさ聴いてきました。本家本元というか昔からある東大オーケストラ、東京大学音楽部管弦楽団。
今日の指揮者は、長年東大オケを指揮してきた三石さん。三石さんって、風貌が小学校のときの校長先生に似てるのでどうしても校長せんせって思っちゃうのよね。で、今日分かりました。音楽も校長せんせっぽい!

またまた「ローマの謝肉祭」。1週間の間に3回も!東大オケの演奏も丁寧だけど、実は東大オケってすごく上手いと聞いていたので、上手いのは上手いのだけど、すごく上手いという訳ではなさそうなのでちょっと物足りなかった。勝手に想像の中でものすごく上手い東大オケを作っちゃってたわたしが悪いのだけど。若者たちが若くて、(なんか年とったせいかみんな若く見える)、まだ幼い感じ。容姿も音楽も。先生(指揮者)について勉強中って感じかな。セカンド・ヴァイオリンに(ソロを弾くように)若干陶酔型で弾いてる男の子がいてちょっと可笑しかった(彼の登場はこの曲だけだったような)。

「ハイドン変奏曲」は、最初の主題提示、ホルンが重なるところと重ならないところで鎧を着けたり外したりしている感じがあって(ほんとは、わたしのイメジでは、エビの殻があったりなかったり(エビの殻を剝くとき節ごとに剝いてるみたいな))、音量のバランス的にちょっと素のまま過ぎないかって思ってしまいました。指揮者の音楽なんだけど。でも全体的には、なかなか良い演奏だったです。

後半のチャイコフスキーの交響曲は、真面目で真っ直ぐな、おおむねインテンポであまり仕掛けてこないけど、王道を行くような(チャイコ的には王道って?と感じることもないことはないけど)演奏。この印象が、指揮者の三石さんを生真面目な校長せんせと感じた理由かなぁ。でも、1楽章から激しく盛り上がって、全体の構築はどうするんだろうっていうとこもあったり(昔大学院のとき先輩が大音量でかけてた若いバーンスタインとニューヨーク・フィルのCDの演奏もここでこんなに盛り上がってって同じ感じ)、結構熱い演奏ではあるの。学生もしっかりそれに応えて、夏の日の午後にスカッとする一服の清涼飲料。ホルンのトップの人がとても良い音色でした。
この音楽会、新入生を迎えての最初の学外ステージでしょうか(五月祭では演奏するみたいです)。定期公演も聴いてみたいです。

アンコールには、チャイコフスキーの「アンダンテ・カンタービレ」。で終わりと思ったら、三石さんに替わってお嬢さんがおふたり出てきて、会場のみんなと歌う輪唱。ドイツ民謡の「歌声ひびく野に山に」。ちょっとびっくり。これは、恒例なんだそうです。ああ、それでプログラムに楽譜がついていたのか。進行を務めたお嬢さんの挨拶の仕方が、手をおへそのところで組んでのお嬢様風だったのが面白かった。そして、最初っから舞台にあったハープ、どこで使うのかと思ったら(本編では使わないので)、アンコールのため(だけ)に用意されていたのね。超びっくり。練習が一通り済んだところで、コントラバスのお嬢さんが指揮するオーケストラの伴奏で歌うのだけど、このオーケストラの伴奏は、本編の「ローマの謝肉祭」とかから採った旋律を編み込んでいたりする長い前奏が付いてて、ハープもここぞとばかり大活躍。カノンを歌うなんて中学生以来(?)上手く歌えたかしら。
最後はもう一度、ステージ袖から三石さんが登場してのカーテンコール(アンコールが終わるまで残っていたのね)でお開き。校長せんせといい、カノン合唱といい、なんだか学校に帰ったような音楽会でした。


♪♪
東京大学音楽部管弦楽団の次の公演は、第100回記念定期演奏会が来年1月17日、大阪、ザ・シンフォニーホール、1月25日、東京、サントリーホールです。
[PR]

by zerbinetta | 2014-08-03 00:26 | アマチュア | Comments(0)

<< 初オン・ステージ エッティンガ... ぐいぐい引っ張る辣腕 アン/読... >>