えっ??通訳? ハーディング/新日フィル 公開リハーサル   

2014年11月6日 @すみだトリフォニー

ブルックナー:交響曲第5番 リハーサル

ダニエル・ハーディング/新日本フィルハーモニー交響楽団


わたしと新日フィルの相性の悪さはもうどうしようもないのだけど、トリフォニーホールのメイル会員(だったっけ?)になっていたら、公開リハーサルにご招待いただいたので、喜んでいそいそと出かけてきました。リハーサル好き。

今日のリハーサルは、ブルックナーの交響曲第5番。ハーディングさんのブルックナー、好きだから、本番でも聴きたかったんだけど、残念ながらリハーサルだけ。しくしく。午前のリハーサルは前半の楽章です。

指揮者の隣に椅子があって何かなと思ったら、女の人がこちらに背を向けて座って、司会者じゃないよね、向こう向きだし、と思っていたら通訳の人でした。えええーーーっっ、(正直な気持ち)新日フィルダイジョブかーーって心の中で叫んだよ。ハーディングさんは長々としゃべるでもなし、簡素な英語で指示を出すんだけど、通訳がいるなんて。。。海外の人と多くの仕事をする日本を代表するオーケストラなのに。。。もしかして、穿った考えだけど、ハーディングさん、新日フィルが、なかなか自分の言ったように演奏してくれないので、言葉が通じてないのかな、と通訳をお願いしたとか?それは違うと思うんだけど。言葉の問題じゃなく、わかっててもできない、やらないんじゃないか、なんてとんでもない邪推までして。。。(わたしも身に覚えあるから。。。)英語が偉いとは思わないけど、一番標準的な世界共通語なのは間違いないので(あのフランスの指揮者コンクールでさえ、フランス語禁止で英語)、いろんな国の人たちと仕事をする音楽家さんたちは英語はできた方がいいと思うんだ。ちなみに通訳の人、1カ所、反対の意味に捉えられるように訳してびっくりしたよ。

ハーディングさんは、結構細かいリハーサルをして、音楽を作っていったんだけど、短い中にもハーディングさんのブルックナーが見えてきて、わたしの好きなブルックナーだと確認できました。あーやっぱり本番聴きたかったな。そしてがんばれ新日フィル。
[PR]

by zerbinetta | 2014-11-06 01:21 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

<< ものすごく細かいことに突っ込み... オレ達も誇っていいよ ブラビン... >>