うん、これだ。わたしの求めていたものは。もしかして爆音系? 新交響楽団第228回演奏会   

2015年1月25日 @東京芸術劇場

ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」
チャイコフスキー:「白鳥の湖」から抜粋
サンサーンス:交響曲第3番「オルガン付き」

鈴木隆太(オルガン)
山下一史/新交響楽団


新交響楽団。とても上手くて(アマチュアのオーケストラの中で間違いなくトップ・レヴェルのひとつ)、いつも良い演奏を聴かせてくれるんだけど、わたしのわがまま的不満を言えば、音楽をとてもきれいにちゃんと演奏しようとする(そしてそれはとても上手くいってる)あまり音を丁寧に置いてしまうところがあるところなのね(ところの繰り返し)。リスクを犯してもひとつ先にある音楽を表現できたら、って思っちゃうの。きれいだけどおとなしいみたいな。これってN響もそうだけど。上手いところの陥りやすい罠かな。でも、今日はそのわがまま的不満を解消してくれました。

山下さんは、名前は前から知っていたけど聴くのは初めて。カラヤンの元で修行して、今はどこにもポジションがなくてフリー?どこかのオーケストラ任されないのかな?
さて、その山下さんと新交響楽団。最初の「ローマの謝肉祭」からいつもと違った。溌剌と生命力に溢れてる。ぴちっぴちの獲れたて。おとなしいオーケストラが跳ねてる。山下さんはオーケストラの音を解放するのが上手い。引っ張るのでもなく追い立てるのでもなく、のせてる感じ?ぶんぶん振り回して速球投げてる感じ。遠心力よ、遠心力。音が大きいし解き放たれているので、爆音系なのかな?でも、ディーテイルをおろそかにするのではなく、きちんと丁寧に磨いているのは流石。カラヤン流?オーケストラも、山下さんの要求する、巧妙なフレージングやニュアンス、にしっかり応えるところは、さすが新響。それにしても、山下さん、かなり鍛えたな。

2曲目の「白鳥の湖」は組曲じゃなくて、全幕からの抜粋というのが嬉しい。8曲しかないのが寂しいけど、物語を容易に思い浮かべられてステキ。組曲だと物語が壊れて悲しいもの。イントロがあって、幕開けの音楽(1情景)、楽しいワルツ(2ワルツ)。で、「白鳥の湖」のメインテーマと言える超有名な10情景。オデットと王子の夢見るようなパ・ド・ドゥのアダージョ(13パ・ダクシオン)。各国の踊りからは、20ハンガリーの踊りと21スペインの踊り。そして最後の29フィナーレ。山下さんの音楽は、テンポにメリハリがあって、バレエのシーンを思い浮かばせつつ、音楽だけで楽しめる演奏。そう、この曲ってほんと良い曲なのよね。バレエがなくても音楽だけで全曲楽しめるもの。さすがにスペインのカスタネットは難しくてリズムよれてたけどこれはご愛敬。プロでもめちゃくちゃなの聴いたことあるしね。

最後のサンサーンスも素晴らしい演奏。オーケストラが上手いから、ハーモニーがとてもきれいだし、色彩感もあってきらきら。それに、山下さんが引き出す明るくて熱のこもった情熱的な音楽。サンサーンスって、感情を排した純音の結晶みたいな音楽だと思っていたけど、こういう体温のある青春みたいなのもいいな。最後の情熱的な終わり方もいいし。

このコンビでもっとたくさん聴いてみたくなりました。客席から聴くととても相性いいみたい。練習は厳しそうだけどね。でも、こんな演奏させられたらスカッとするよね。わたしは音浴びできて気持ち良かったよ。


♪♪
新交響楽団の第229回演奏会は、4月19日、東京芸術劇場です。湯浅卓雄さんでタコ〜〜〜。
[PR]

by zerbinetta | 2015-01-25 09:27 | アマチュア | Comments(0)

<< へたくそでも好き ろうさいの森... アマオケ界のキラキラネーム オ... >>