へたくそでも好き ろうさいの森アンサンブル第7回定期演奏会   

2015年2月7日 @銀座ブロッサム

ブラームス:悲劇的序曲
伊福部昭:交響譚詩
ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」

室賀元一/ろうさいの森アンサンブル


銀座に買い物へ出たついでに、否、半分はろうさいの森アンサンブルを聴きたいがゆえに、銀座に来ました。ろうさいの森アンサンブルは、初心者でもOKなので、決して上手なわけではないけれども良い音楽をするな〜というのが前回聴いた印象です。
今回も全く同じ印象。技術的な不足は否めないけど、音楽はとてもいい。指揮者の室賀さんがオーケストラに音楽的な弾き方、前に出る後ろにさがるバランスの取り方、フレーズの作り方切り方等をひとつひとつ忍耐強く指導してこられたんでしょうね。オーケストラの方も真剣にそれに応えて音楽を作ってきたことが窺えます。伴奏の鳴らし方とか合わせ方とかみんなひとつの音楽を作っているもの。上手なアマチュアやプロのオーケストラでさえもときどき音楽を知らないで弾いてると思うことあるから、これは褒めても褒めすぎじゃないステキなこと。オーケストラの平均年齢が高いのも関係してるのかな。音楽を長く好きで経験してきた時間は、きっと音楽ににじみ出てくるもの。ほんとの愛好家の集まり。

演奏は、中では伊福部の曲が意外と良かったです。日本人の血が弾きやすさにつながるのかな。自然にそのままわかり合えてる感じで。「田園」は、やっぱり難しいかな。

アンコールには、ドヴォルザークの交響曲第8番から第3楽章。なんで?今度の音楽会でやるのかな?と思ったけどそうではなさそう。純粋に弾きたかったのね、きっと。今度は全曲聴きたいな(確か、かなり難しいハズ)。

残念なのは、夜の部があるので時間が無くて寒天食べに行けなかったこと。早くに出てきて音楽会の前に行けよって話ですが。ちゃんちゃん。


♪♪
ろうさいの森アンサンブルの第8回定期演奏会は、8月29日、大田区民プラザです。
[PR]

by zerbinetta | 2015-02-07 01:19 | アマチュア | Comments(0)

<< 新しい時代の到来の予感 パーヴ... うん、これだ。わたしの求めてい... >>