ヘドバンするヴァイオリン! オーケストラ・ルゼル第15回演奏会   

2015年2月11日 @すみだトリフォニー

サンサーンス:「サムソンとデリラ」よりバッカナール
ラヴェル:ラ・ヴァルス
サンサーンス:交響曲第3番「オルガン付き」

平田寧子(オルガン)
佐々木新平/オーケストラ・ルゼル


招待券をもらったので、オーケストラ・ルゼルの音楽会に行ってきました。去年聴いて好印象のオーケストラです。知らなかったんですが、もともと電気系の大学の関係だったんですね。わたし電気苦手なんだけど、元電気関係のオーケストラって多くない?というか、電気関係の大学って多いのかしら。ルゼルさんは、若い人が多い感じです。平均年齢30歳くらい(?)

今日のプログラムは、フランスもの。サンサーンスの「オルガン付き」はこの間、新交響楽団さんで聴いたばかりだし、どうでしょう。音楽会の前にロビー・コンサートがありました。弦楽四重奏(チェロの代わりにコントラバス)とファゴットの合奏。ファゴットは、ロッシーニの「ウィリアムテル」序曲から有名な「スイス軍の行進」をファンファーレのとこからやったのだけど、勇壮な行進曲もファゴット・アンサンブルでやるとどこか剽軽で笑っちゃった。面白いね〜楽しいね〜。
それから、会場では、オルガンのソロのプレコンサート・パフォーマンス。トッカータとフーガとヴィエルヌの「ウェストミンスターの鐘」。学校のチャイムで有名な曲ですね。こちらの方が今日のオルガンに合ってると思いました。それにしても音楽会の前にお得感2倍。

さて、今日の音楽会、一言で言うと楽しかった〜面白かった〜。
まず指揮者の人が、ちょっとかっこつけてる風で、オレカッコよく指揮してるぜ〜って感じぷんぷんでしっかり見せて(魅せて)くれるんです。そこから出てくる音楽もちゃんとかっこいいからいいの。アマチュアらしい音楽の楽しさを上手く引き出してる。オーケストラの方も指揮者に付いていって、指揮者とオーケストラの化学反応がとても上手くいっていて、佐々木さんのやりたい音楽がしっかり音になってるのがステキ。佐々木さんはノせるタイプね。ひとりひとりが積極的に音楽を奏でることを教え込んでる。それは、オーケストラの人たちの体の動かし方でよく分かるの。ヨーロッパのウィーンフィルとかフランスのオーケストラとか、表情豊かに大きく体を揺らしながら音を鳴らすオーケストラあるけど、そんな姿勢を目指してる(日本人はあまりやらない。イギリスのオーケストラも)。
それは、最初の扇情的に演奏された「バッカナール」から感じたんだけど、特に良かったのが、みんなくねくねと演奏していた、「ラ・ヴァルス」。佐々木さんの音楽とオーケストラの姿勢がものすごく一致して、歯磨き粉のチューブを絞り出すように、にゅるにゅると音楽を奏でていました。面白いユニークなラヴェルだけど、これもアリ!全員が体を揺すって演奏していたヴィオラ・セクションにブラヴォー。上手かった。

でも、すごく面白かったーーっと笑いながら言えるのは、それじゃないの。そう、帰りにお客さんがみんな口々に話題にしてた、若干1名。第一ヴァイオリン男子。もう最初っから目立ってました!それは凄まじく、場違いなほどに。だって、ロックのギタリストがノリノリでヘッドバンキングするかのように激しく身を悶えさせて弾いてるんですもの。周りの人、ぶつかったり気が散って引きにくいんじゃないかと余計な心配をするくらい。コンサートマスターは、オーケストラをリードするのに体を使って弾いたりもするけど(あっ、今日のコンサートマスターさんもわりと大きな身振りで弾いていましたが)、そんなレヴェルじゃないし(かなり激しいソリスト・レヴェル)、第一彼、後列でコンサートマスターですらないの。もう目が一点に釘付けよ。
最初は、彼だけが突出して身悶えていて他の人たちは、普通に弾いていたんだけど、2曲目の「ラ・ヴァルス」では、みんなが体を揺らして弾いていた(もちろん彼ほどではなく、ヨーロッパのオーケストラに比べても控え目なんだけど)ので、指揮者は、体で表現することを音楽に求めていたのではないかしら。それを極端に体現しちゃったのが彼。おもしろ素晴らしい。(全員が彼みたいに弾いたらとんでもないことになっていたでしょう。見てみたい気もするけど)

「オルガン付き」の交響曲は、ノリノリ感覚で弾ける曲ではないし、彼を除いて、揺れは控え目だったけど、音楽には、発熱する積極的な気持ちが入っていました。美しく精巧な音楽というよりも、情熱的なサンサーンス。わたしは、この曲は感情を排した精緻な作り物だとおもってるんだけど、情熱的なのもアマチュアらしくていい。というより、こういう演奏の方がアマチュア・オーケストラの長所を出せると思うんです。それを上手く引き出していた佐々木さんは、このオーケストラととても相性が良いのでは、と思います。プロのオーケストラでどんな音楽をするのか興味もあるんですけど、今日の音楽会を聴く限り(練習とかを見ていないので確かではないけど)アマチュア・オーケストラにとって良い指揮者だと思いました。かっこつけてるのが音楽に表現されて嫌みに見えないのもいいですね。


♪♪
オーケストラ・ルゼルの第16回演奏会は、8月9日、かつしかシンフォニーヒルズです。珍しく歌付き。
[PR]

by zerbinetta | 2015-02-11 15:14 | アマチュア | Comments(0)

<< よりもどし パーヴ・ヤルヴィ/... たくさん捧げられてきました B... >>