初めての年末第九 プロースト交響楽団第20回定期演奏会   

2014年11月30日 @ミューザ川崎シンフォニーホール

ドヴォルザーク:交響詩「糸を紡ぐ娘」
ベートーヴェン:交響曲第9番

馬場裕子(ソプラノ)、富岡明子(メゾソプラノ)
小原啓楼(テノール)、浅井隆仁(バリトン)
大井剛史/日本フィルハーモニー協会合唱団、プロースト交響楽団


実はわたし、今まで生きてきた中で、年末第九って1度も聴いたことがなかったんです。紅白歌合戦ならチラ見したことあるのによ。なんか、斜に構えて、年末にわざわざ第九はないだろうとか(実はそもそも第九自体が苦手だった)、演末第九は日本の習慣で、海外で第九がある季節に集中的に演奏されるなんてことはないから(最近は日本の真似して年末は第九って宣伝して人を集めようってことをし始めたオーケストラあるけど(定着はしていない))、今まで機会を無視してきたの。でも今年のわたしは違う!まず、第九、大好きになったし、折角だもの。(正直に言うと招待状もらったから)
プローストは、また聴きたくなる上手いアマチュア・オーケストラです。若いメンバーの多いオーケストラですね。指揮はニューフィル千葉の大井さん。

まずは、ドヴォルザークの交響詩、「糸を紡ぐ娘」。プログラムの解説を読むと、マーラーの「嘆きの歌」を彷彿させるお話。その筋書に沿って音楽が進行するみたい。すると最近のわたしの悪い癖。バレエにできないかなぁと聴き始めました。確かに、物語をなぞるように(でも決して物語の伴奏ではなく)作曲されているんですけど、いかんせん、音楽が短い。20分くらいの交響詩だからしょうがないのだけど、バレエにするにはせわしないし、音楽(の長さ)不足。って、そりゃそうか、バレエの音楽じゃないんだから。
演奏は、安心して音楽に身を任せられるくらいの上手さ。上手いアマチュア・オーケストラの良いところは、みんなが献身的に音楽に向かって行くところよね。物語を追って行けたのは、大井さんが、わりと描写的に目で見るように音楽を作っていったからかもしれません。

メインはもちろん第九。演奏したことのある人、誰に聴いても難しい曲というくらいの難しい曲なんだそうですね。技術的に難しいのはもちろんのこと、精神的にも音楽が音楽を超えてあまりに偉大なものを表出しようと欲してるので大変なんでしょう。聴いて感じる音楽の大きさに恐れおののきます。プログラム冊子の載っていた、「音楽の力」と題されたエッセイは、そんなベートーヴェンの音楽の思想に仄かなリンクを感じました。

大井さんは、今、彼のオーケストラ、ニューフィル千葉とベートーヴェンの交響曲サイクルをやっています。その集大成の第九が、オーケストラの30周年イヤーの2015年の秋(まだ先ですが)に予定されています。今日は、ベートーヴェンに集中的に取り組んできた大井さんの第九のプレヴュウになりそうです。

わたしの重箱の隅をつつく姑ポイントその1は、最初の弦の刻み。霧のようなトレモロかきっちり6連符の刻みか、で印象が全く違うから。わたしの好みは(最近多い(?))6連符の方なんだけど、大井さんのはトレモロ気味。でも、これは、アマチュア・オーケストラだからかなぁ。ニューフィル千葉で答えを待ちましょ。緊張と不安と予感に満ちた5度のトレモロで始まった音楽。最初の盛り上がりは、さすがに高音の弦楽器だけでクライマックスに上り詰めていくのは(音量的に)アマチュアではやっぱりきついなぁと思いながらも、ベートーヴェンの書いた最高の音楽に向かって格闘しつつも献身的に奉仕していくのは、聴いていて気持ちがいい。多分、ベートーヴェンが初演したときは、音楽家はきっとこの音楽をちっとも分からずむちゃくちゃになっていたに違いない(この曲が、まともに受け入れられるようになったのって作曲家の死後何年もしてからだし、たくさんの人の努力が必要だった)。こうして、アマチュアのオーケストラでこんな素晴らしい音楽が聴けるなんてほんとにステキなこと。細かなとこは、いろいろ疵もあったけど、聞こえてくる音楽の力は凄い。こういう曲って、演奏者をマジにしちゃうよね。

第3楽章は、天国的な美しさと言うより、恋人たちが戯れる、ニューヨークのフリック・コレクションにあるフラゴナールの部屋のさざめくような音楽。特にテンポが速くなったところの付点音符のリズムが笑い声を運ぶ風のようで、この曲をそういう風に聴くの初めて、なのでステキな発見。べたべたするアダージョじゃなくてふわりと軽い感じの音楽の方がわたしは好きだな〜。(もしかするとこの音楽って恋人たちの愛の営みかなとも思った。だって、天国的と言われながら、神の楽器トロンボーン使ってないし、だとしたら現世的。そうすると、1楽章が権力欲で、2楽章が食欲?(テキトーすぎだけど)。で、3楽章が性欲で、4楽章で人の欲(性)を否定して神の下の友愛?なんちって)

大井さんの音楽は、基本的に楽譜通り。4楽章の冒頭の嵐も、トランペットの音は補完しないでそのまま。これは、さすがにバランスが難しそう。ちょっと歯の抜けたような音になってしまいました。それから、行進曲が一段落して合唱が盛大に入る前のつなぎの部分のホルンの伸ばし、新しい楽譜の不規則なタイの位置を採用していました。アバドさんのCDでは聴いたことあるけど、実演では初めて。大井さんは、最新の楽譜にこだわっているのね。
大井さんの指揮を見ようと舞台の後ろに座ったので(この位置好きなんです♥)、残念ながら歌はあまりちゃんとは聴き取れなかったのだけど、合唱とか上手かったです。日本フィルハーモニー協会合唱団ってプロのオーケストラともよく共演するんでしょうか。そんな余裕みたいものも感じました。独唱者も粒が揃っていて良かったです。

それにしてもやっぱりベートーヴェンは凄いな。音楽の力に圧倒されちゃう。いつまでも拍手していたかったけど、次があるのでそそくさと退場。でも心の中ではずっと拍手。
[PR]

by zerbinetta | 2014-11-30 15:21 | アマチュア | Comments(0)

<< ちょっとセレブチック(似合わな... 学校って好きかも 東京藝術大学... >>