見た!ブルックナー・トイレ! カンブルラン/読響 ブルックナー7   

2015年4月10日 @サントリーホール

リーム:厳粛な歌 ー歌曲付き
ブルックナー:交響曲第7番

小森輝彦(バリトン)
シルヴァン・カンブルラン/読売日本交響楽団


どうやらわたし、読響とはとても相性悪いかも。と思いました。結構たくさんの人がこのオーケストラはいいとおっしゃるのだけど、わたしにはどうもそんなに上手いようには思えなくて。コンサートマスターが日下さんのときはわたしもいい感じとは思ったんだけど。。。今日は弦楽器とホルン、ワーグナーチューバはとても良かったのにね。
と、珍しくオーケストラ評から書いてみました。

今日はブルックナー。カンブルランさんのブルックナーってなんか想像できないんだけど。ってね。カンブルランさんは1度しか聴いたことなくて、それも「トゥランガリーラ」だったので勝手にゲンダイ音楽系の指揮者だと思っていました。実は彼のことちっとも知らないんですよ。

サントリーホールは、結構空席が目立ちました。ちょっとびっくり。「トリスタン」の安い席を確保するために会員になったのにこれなら1回券で良かったかなーなんてセコイことを。でも、シーズン通してちゃんと聴けるからいいよね。ブルックナーだからお客さん少ないのかな、とわたしは思ったんだけどどうやら前半のリームのせいでお客さんが少なかったらしい。同時代の音楽が苦手というか拒否する人が多いのね?もったいない。音楽会って音楽文化の創造の場だからむしろどしどし新しい音楽を演奏すべきなのにね。どこかの国のように、助成金を得るには(日本は助成金出してないんだっけ?)、音楽会の何割かは自国の(新しい)作品を含めるとかすればいいのに。

でも、リームさんの曲ってそんなに聴きづらい音楽ではないです。普通に暮らしていれば普段耳にすることもある程度の音楽。映画やテレビで流れてる音楽だってずいぶん前衛的な音楽あるからね。わたしたちはすでに知らずにそういう音楽に耳馴染んでる。
オーケストラは、ヴァイオリンが除かれていて、いつものヴァイオリンの席にはクラリネットやその後ろにファゴット。管楽器も高い音のフルートやオーボエ、トランペットが使われてないのね。オーケストラの低い音の楽器による響きが、ちょっとワーグナーチックな重暗い雰囲気を湛えます。何か懐かしさを感じるのは、音楽が、元が分からないくらいのとても短い引用の断片でできてるからでしょうか。でもその響きに聞き覚えを感じたんです。あっ、ラヴェルっぽいとか。歌付き、ということなんですが、歌が出てきたのは最後の方の曲。バリトンの小森さんがとっても素晴らしかった。初めて聴く曲なので、演奏の良し悪しは分からないんだけど、少し中弛みをした部分もあったように思えるけど、わたし的には、響きの紡ぎ出し方の良いステキな演奏に聞こえました。この曲聴けて良かったもの、と思えたから(実は遅刻しかけてた)。

休憩時間に外に出ると、おおお!男子トイレに長蛇の列!これが噂のブルックナートイレかぁ。でも、交響曲第7番はそんなに長くないし、前半も短めだったので、トイレに行くこともないと思うんだけど。もしかすると交響曲第8番のときはもっと長い列になるのかな。見てみたいなぁ。(ちなみに、ブルックナーをやると男たちが集まるのは日本特異の現象みたいです)

で、いよいよブルックナー。弦のトレモロが始まって、うう、美しいトレモロ。今日のブルックナー、弦楽器、特にトレモロが良かったんですよ。そしてチェロとホルンの歌い出しの息の長い旋律にカンブルランさんの音楽の捉え方を聴いた気がしました。フレーズを2つ単位でとるというか、4/4(4つ振り)ではなくて2/2(2つ振り)で感じる振り方、弾き方。もちろん実際に指揮者が2つ振りにしているわけではないけど、フレーズのまとまり方がそういう風に聞こえたの。流れを重視してるんだと思うのだけど、わたし的には、つるつると流れ過ぎちゃって喉ごし爽やかだけど味にコクがないな〜なんてビールの宣伝のように感じました。でも、音楽はスタイリッシュで、澄んでいるけど重さもあってカンブルランさんの考えているとおり。木管楽器にちょっと色不足が感じられたり、全体的にオーケストラの弱さが出てしまったけど、読響は誠意を持ってカンブルランさんの音楽を音にしていたと思います。そういう意味では、カンブルランさんのやりたい音楽がよく分かった良い演奏でした。わたしの好きなタイプのブルックナーじゃないけどやりたいことの伝わる演奏って好き。第1楽章の最後のアチェレランドなど、それにしてもブルヲタさんの神経を逆撫でするような演奏でしたね〜。ブルヲタさんは来てないかもしれないけど。。。

あとで人づてに聞いたら、この演奏だいぶテンポが速かったみたいですね(1時間を切ったの?)。わたしは速めのテンポだな(特に第2楽章)とは感じたけど、速すぎるとは思いませんでした。むしろそんなに速かったのかとびっくりしたくらい。わたしはテンポのことよりも、全体的な構成が音楽をひとつの枠、フォルムのある交響曲として枠の中にあるものと捉えられていることが気になりました。もちろん、ブルックナーの交響曲ってブラームスのような絶対音楽で決してロマンティックじゃない構造的な音楽だとは思うんだけど、と、同時に(矛盾してるけど)宇宙に向かって解放されてると思うんです。閉じてないものを閉じてるように捉えているのが、わたしとは別の道かな、と。

一番良かったのは、この雄大な音楽の中にあって短いし、軽いと言われてるフィナーレ。3つの性格の異なる主題をテキパキと上手くまとめて愉しい音楽にしていました。金管楽器の開放的な響き(ちょっと音が汚かったこともあるけど)もステキ。ブルックナーの遊び心が素直に表現されていてこれはいいねを押したくなりました。

わたしの好みの演奏ではなかったけど、とっても面白かったので満足。面白いは正義!
[PR]

by zerbinetta | 2015-04-10 00:16 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

<< 自然に湧き出たブラヴォー 新交... 全てを音楽に 大野和士/都響 ... >>