ついにわたしも日本人。年末第九 都民交響楽団特別演奏会   

2014年12月23日 @東京文化会館

ワーグナー:歌劇「リエンチ」序曲
ベートーヴェン:交響曲第9番

清水知子(ソプラノ)、管有美子(アルト)
井上了史(テノール)、伊藤純(バス)
末廣誠/新都民合唱団(安部純)、都民交響楽団


今年最後の音楽会は、なんと年末第九。ああ、わたしも日本人になったんだなぁ。と深い感慨。たまたまなんですけどね。都民交響楽団の特別演奏会。今年は第九でした。都民交響楽団は、年2回の無料(往復はがきで抽選)の定期演奏会の他に、年末に有料の特別演奏会をやっているのです。

第九の前に「リエンチ」の序曲。始まりのトランペットのソロのロングトーン、緊張のあまりというか神経質に音色を取り過ぎて失敗しちゃうことがままあるんだけど、緊張しながら聴き始めたら、すうっとトランペットの音が伸びてきて良かった♥ひと安心。やっぱりこのオーケストラの良い点は抜群の安定感ですね。「リエンチ」序曲は、ワーグナーっぽさとワーグナーっぽくなさが混じり合っていて好きなんだけど、演奏にもう少しその対比があればいいなって思いました。ワーグナーっぽくないところをもう少し賑やかにしてよりワーグナーっぽくなくなれば面白いのにってね。

第九は、堂々とした小細工なしの正攻法の演奏。第3楽章前半の素晴らしかったこと!!やっぱりこのオーケストラの美質は、大船に乗った気持ちで聴ける安定感だわ。一朝一夕で生まれるものではなく、きっと、長く常任指揮者をやられていて、その任を降りた今も深い関係が続いている末廣さんとの信頼関係から作られてきたものなのでしょう。お互いに相手を知り尽くした関係にありながら、倦怠期の夫婦のようにはならずに常に新鮮な音楽が生み出されているのもステキ。ちゃんと予定調和的にならない緊張感がちょうど良い具合にあって。もちろん、プロの上手いオーケストラなら凄さというかもっと深い音楽的な充実があるのかもしれないけど(慣れから来るだれがあることもあるけど)、音楽に対する特別感というか思いがストレイトに伝わってくるのは嬉しいです。ベートーヴェンの音楽って特に第九は全ての人を巻き込む、ドラクロワの旗を持った自由の女神の絵のイメジがあるから、ルーティーンじゃなくて音楽を演奏するのが特別なことであるアマチュアの心根にピッタリなのかもしれませんね。
合唱もとても良かったです。わたしもなんか歌いたくなっちゃった。全世界よ、わたしのキスを受けなさーーい!
[PR]

by zerbinetta | 2014-12-23 01:03 | アマチュア | Comments(0)

<< 納豆はよく粘るまでかき混ぜるの... さらなる深みへ アリーナ・イブ... >>