未来への拳をあげろ! ショスティ11 都響   

2015年6月29日 @東京文化会館

ブリテン:ロシアの葬送
タンスマン:フレスコバルディの主題による変奏曲
ショスタコーヴィチ:交響曲第11番「1905年」

オレグ・カエターニ/東京都交響楽団


「沈黙」の衝撃に心が沈んだまま、上野に移動して、都響。ショスティの交響曲第11番。交響曲第11番というと、最近の流行りは、最後の打楽器の音を止めないで沈黙のうちに音楽を終える演奏(無責任に流行りと言ったけど本当に流行っているかどうかは知らず、わたしの知ってるのはペトレンコさんが指揮した演奏なんだけど、その衝撃が大きいからにわかにその流れが来ているような)。実際には、最後余韻を残さずに切るのが楽譜通りだと思うんだけど、フライングブラヴォーやフライング拍手にやたらと厳しい日本の聴衆さんのこと、この曲の最後もしっかり余韻を味わって拍手をすべきとまことしやかに語られそうで怖いの。この曲ってそういう解釈もできるとは思うけど、最後、未来へ向かって民衆が蜂起して拳をあげて「うぉーーっ」とシュプレヒコールをあげて終わる音楽という解釈もありだと思うの。というわけで色々心配しつつ。

始まりは、金管楽器と打楽器のみのブリテン「ロシアの葬送」。あとのショスティ11の第3楽章の主題が繰り返される音楽。ロシアのお葬式の情景を描いた音楽だと思うけど、本当にこれでお葬式をしても大丈夫な偽りのない純度の高い葬送曲。昔、車で房総半島の田舎道を走っていたとき、土地の伝統的なお葬式の行列に出会ったことがあって、その素朴だけど死者を弔う悲しみに満ちた無声映画のような情景に感動したことを思い出しました。都響さんの演奏は、とても柔らかく丁寧な発音で吹いていたけど、わたし的にはもう少し思い切りの良い発音でも良かったんじゃないかな、と思いました。音の頭からシャープに聞こえても、と。

今日、一番心に浸みたのが「フレスコバルディの主題による変奏曲」。お昼の「沈黙」で完膚なきまでに心が沈んでいたし、1曲目もお葬式だったから。弦楽合奏で、バロック音楽の旋律による変奏曲は、しみじみとした旋律と弦楽合奏のささくれのない音色で、わたしは、音楽をなんでも’癒やし’で片付けてしまうのが大嫌いなので、癒やしという言葉を避けまくってるんだけど(多分、’癒やし’という単語を使うのはこのブログで初めてです)、心が透きとおるように柔らかくなりました(あっやっぱり癒やしと言わなかった)。演奏は、良くも悪くも都響さんらしいシャープな演奏で、もう少し柔らかさがあればもっといいのになって感じました。

ショスティの交響曲第11番は、大好きで(高校時代、この曲の第1楽章を下敷きにして小説を書いたことがあります)、そうなるとドキドキで平常心では聴いてられません。カエターニさんの演奏は、速めのテンポで少しドライ。でも、ショスティが音楽で描いた情景(彼の交響曲の中で一番映画的というか具体的な絵が見えてくる音楽です)をしっかりと描いていきます。都響さんも、第1楽章の最弱音の響き(の強さ)にもっと欲しいものがあったけれども(最弱音の美しさが、ヨーロッパのトップ・レヴェルのオーケストラにはあって日本のオーケストラにはまだないものですね)、持ち前のアンサンブルの正確さで応えていました。モノトーンでクリア。第2楽章の大爆発も盛り上がりつつ統制の取れたもので、軍隊の怖さを感じました。第3楽章では、ブリテンの音楽が重なってプログラミングの妙を感じたんですけど、大太鼓が打ち鳴らされるんだけど鐘は鳴らないことに気がつきました(ブリテンでも)。ロシアのお葬式では教会の鐘は鳴らないのでしょうか?鎮魂の鐘とかお葬式には鐘が付きものみたいな感覚があるんですけど。そして、この交響曲で鐘が鳴らされるのは最後の最後。鐘の意味を考えさせられてしまいました。まだ答えはありません。表現として、今日一番ムフフとなったのは、第4楽章を予想に反してゆっくり始めたかと思ったら、すぐに急速なアチェレランドをかけて走り出したとこ。ああ、ここで仕掛けてきたかって。
最後はポジティヴ。もちろん、血の日曜日事件を経て革命は成功したけど、それが本当に良かったのか?って疑問と共に終わるのもありだとは思うけど(ショスティの時代はまさにスターリンの粛正の時代だったし)、民衆の力を信じて未来を掴む(掴み取ろうとする)重い希望を共に抱いて終わるのもありでしょう。もちろん希望と言っても明るい希望ではなくて、苦渋と共にある見えるか見えないかくらいの。怒りと共に未来を見つめて手を握り拳を振り上げる。心の裡に燃え上がってくるものを押さえきれずにうぉーーっと叫んじゃいそうな。
バンと音を切って(打楽器の人、必死で止めてた)終わった演奏はまさにそんなそのまますぐシュプレヒコールになだれ込むような演奏でした。音楽が終わって微妙な間があって、カエターニさんが、あれ?拍手は?演奏上手くいったよね?みたいな感じできょとんとして見えたので、一番乗りで拍手を始めてみました。余韻を残さずにどっと拍手がわき起こった方が良い演奏だったと思います。音楽をしっかり受け止めてちゃんと拍手できる聴き手になりたいです。
[PR]

by zerbinetta | 2015-06-29 23:29 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

<< 癒えることのない幸せの傷 ロト... 神は為し給わず オペラ「沈黙」 >>