世界を創造 ヤマカズ/日フィル   

2015年9月4日 @サントリーホール

ミヨー:世界の創造
ベートーヴェン:交響曲第1番
イベール:アルト・サクソフォンと11の楽器のための室内小協奏曲
別宮貞雄:交響曲第1番

上野耕平(サクソフォン)
山田和樹/日本フィルハーモニー交響楽団


日フィルさん、今度の秋シーズンから定期会員になってみました。日フィルさんって確か、1年を4つのシーズンに区切ってるけど、年度の始まりはいつになるのかな?秋始まり?春始まり?
会場に着くとわたしの椅子の上にカードのようなものが。新しい定期会員へのウェルカムカードでした。なんて心憎い。プチフールもあれば完璧だったのにと思いつつ(オイオイ)、音楽会が始まる前からわたしをうんと喜ばせる。

今日は、わたしの一番、期待の指揮者、ヤマカズさんです。日フィルの正指揮者(というものがどんなものなのか謎ですが。。。(主席指揮者も別にいるので))になられたのですね。正指揮者に関しては言いたいこともあるのですが、それは置いておいて、やっぱり楽しみにしていた音楽会です。

ミヨーの「世界の創造」は確か、クラシック音楽の世界に初めてジャズを採り入れた音楽ではなかったかしら。バレエの音楽。小さな編成の室内楽的オーケストラに混じって、あとで独奏者として共演する上野さんがサックスで参加していました。ヤマカズさんも指揮台無し。演奏は、オーケストラ、こういう音楽にちょっと慣れていないな、と感じさせるところがありました(多分、個人個人はこのような語法も平気なんだと思うけど、アンサンブルになったら顔を見合ってしまうみたいな)。活躍する、トロンボーンのソロがちょっとだけ浮き気味だったけど、やんちゃで良い感じ。

小編成の1曲目からステージを直して、って指揮者の譜面台の高さをメジャーで測って調節してるの初めて見たよ、2つ目はベートーヴェンの交響曲第1番。がプログラムに載っててびっくり。早く帰れる音楽会と思ったら大きなおまけが付いてて得した気分。そしてそのベートーヴェンが面白かった!
まず大きな(倍管した)オーケストラ。最近のピリオド・スタイルの影響を受けた演奏では、モダン・オーケストラを使っていても編成を小さくしてきびきびと演奏するのが流行りだと思うんだけど(特にピリオドを当たり前に聴いてきた若い世代は)、ヤマカズさんはその逆。とは言っても、逆説的にこれもピリオド・スタイルだと思うんだよね。ヤマカズさん自身が、音楽会の前のトークで語っていたように、プログラム・ノートにも書いてあったように、作曲家はできるのなら大きなオーケストラでの演奏も(それがいいのか悪いのかは置いといて時代の雰囲気として)してみたいと思っていたかもしれない。それに、ピリオド・スタイルの先駆者のひとり、アーノンクールさんの言葉を借りると、ピリオドって、単にその時代の楽器を使って当時の演奏を忠実に再現する博物館的な演奏を目的としているのではなくて、当時の人の驚きを今の時代のわたしたちに再現する現代の音楽だから。ベートーヴェンの音楽から新鮮な驚きを生み出していたのは、当時の驚きを今のわたしたちに見せてくれたということ。
ヤマカズさんの音楽は、いつものことながら音楽が今生まれてくるフレッシュさがあって、’古楽器的な’速いテンポの演奏とは反対だけど良い意味で全然巨匠風じゃないのがいいの。大きなオーケストラゆえのもたつきはあるけれどもそれを超える流れはあるし。そして、ヤマカズさんが仕掛けたびっくり箱。第1楽章の最初の主題が戻ってくるところ(再現部の頭)を半分のテンポでゆっくり始めたのに、もうニヤニヤが止まらない。第2楽章の始まりも弦楽器のソロで初めてトゥッティに持っていくとか、楽譜に書いていないことをやっちゃった。と言うかこの清々しいやっちゃった感。普通やらないよね。神聖なベートーヴェンを。案の定、意見は割れたというかやりすぎ、意味わかんねーって批判的な意見が多かったみたいだけど、わたしはヨロコんだ。若さゆえの過剰は、ベートーヴェンの本質だもの。流石ヤマカズさん。こんなことが臆面もなくできちゃうなんて。もっとやれやれーー。パチパチパチ。

休憩後は、イベールのサクソフォーンのための室内協奏曲と別宮の交響曲第1番。さりげなく、休憩前の2曲と対を為してるところが憎いの。
イベールは、有名な「寄港地」とか無名な「祝典序曲」が妙に大好きなんだけど(あとフルート協奏曲とか)、滅多に音楽会にかからないし、サクソフォーンの協奏曲は初めて聴く曲。ガチャガチャしているところと叙情的なところの対比がいべーーーるぅ。ステージの後ろで聞いていたので上野さんのサックスがおとなしく聞こえたけど、バランスは良さ気(普通の席で聴いたらサックスがもっと浮き上がって協奏曲ぽかったのかも)。そのせいもあってか、上野さんのソロは、アグレッシヴに音楽に突き刺さると言うより、柔らかく音楽に沿う感じ。第2楽章の始まりのサックスのソロが春の祭典の始まりのパロディに聞こえてびっくりしました。上野さんかっこいいし、いいな。

別宮の交響曲は、日フィルの委嘱作品。1961年の作曲なんですが、昔委嘱した作品の再演シリーズをやってるんですね。委嘱作品だから、1度は演奏されるものの、新作が再演の機会を得るのはとても難しいので、ぜひ聴かせたい、演奏したいと思えた作品をこのように再演する企画ってすごくいいよね。
で、いきなり、映画かテレビのスペシャルドラマ(年代記みたいなの)の音楽のようなロマンティックな感じの音楽が流れてきてびっくり。へ〜〜こんな音楽書いたのかーーって。前にニッポニカさんで安倍幸明の曲を聴いたときも思ったんだけど、わたし、日本の音楽というと、武満さんや細川さんみたいなコスモポリタンな現代的なものを書く人か、伊福部に代表される分かりやすい民族風の作風の人か、もしくは黛とか矢代とか現代の古典になってる人くらいしか知らなくて、日本のクラシック音楽の黎明期からの人の作品をほとんど知らないんですね。吉松さんが調性的なネオクラシカルな音楽を作る以前の戦後の日本で、ロマン派的というか西欧では20世紀初頭くらいのまだ分かりやすい音楽が書かれていたなんて知らなかったんです。別宮の音楽も、日本風なところはあまりなく20世紀初頭のヨーロッパ風というかもっと言うとミヨーの頃のフランス風。実際にミヨーの教えを受けているんですね。この作品が、日本の音楽史の中でこれからどういう風な位置に納まっていくのか、単に時代遅れの(同じ頃、日本でも涅槃交響曲のような交響曲も生まれてるし)忘れられた曲になるのか、クラヲタさん的に大切にされる知られざる佳曲になるのか、日本の名曲のひとつとなるのか、分からないんだけど、わたしの中では少なくとも、わたしだけが知ってる的な佳曲になるんだわ。
ヤマカズさんと日フィルの演奏は、その音楽の魅力を欠点も含めて正直に伝える誠実なラヴレターのような演奏だったと思います。わたしには魅力が伝わったもの。

今日の音楽会は、始まりの音楽会。前半と後半の対比の妙もいい感じだったけど、ふたりの作曲家の最初の交響曲を採り上げて、それと「世界の創造」を組み合わせるなんて、音楽の生まれるところを聴かせてくれるミューズの粋な計らい。そして、ヤマカズさんってミューズに祝福されたひとりだと思うんだわ〜。
[PR]

by zerbinetta | 2015-09-04 19:26 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

<< シンフォニックな愉悦 カンブル... 踊らな損損 下野/都響 コダー... >>