シンフォニックな愉悦 カンブルラン/読響「トリスタンとイゾルデ」   

2015年9月6日 @サントリーホール

ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」

エリン・ケイヴス(トリスタン)、レイチェル・ニコルズ(イゾルデ)
アッティラ・ユン(マルケ)、クラウディア・マーンケ(ブランゲーネ)
石野繁生(クルヴェナル)、アンドレ・モルシュ(メロート)
与儀巧(若い水夫、舵手、牧童)
新国立劇場合唱団
シルヴァン・カンブルラン/読売日本交響楽団


いよいよ来た。わたし的に今年最大の音楽的イヴェントになるかもしれない、「トリスタン」。これを安い席で聴きたくてわざわざ定期会員にまでなってしまった「トリスタン」(安い席は取れなくても1回券なら普通に定期会員になるよりも安上がりだなんて突っ込みはナシね)。もう期待ではち切れそう。いつもワーグナーをdisってるくせに「トリスタン」は大大大好きなんです。そして音楽が圧倒的に濃い「トリスタン」は劇場で観るよりも、シンフォニックな演奏として音楽会形式でじっくり聴く方が良いとまで思ってるんです。オーケストラの音楽会では、時間的に前奏曲と第2幕が採り上げられることが多いけど、今日は全曲!

前奏曲は、前に聴いたカンブルランさんのブルックナーのさらさら系かと思ったら、意外に粘りけのある演奏。ねっちょりではなく、糸を引くけどすうっとべたつかずに消えていく、納豆系の物理的な粘りじゃなくて、口の中に余韻が残るマカロンのクリームの甘さ。読響さんの明るい音色と相まって、どろどろしない気高い音楽。そしてこの前奏曲で、もう全体が聞こえるように解き明かされちゃった。

前奏曲が終わって、水夫の歌が聞こえていたとき、おおお良い歌。端役(?、目立たなさで言ったらメローとの方が端役か?)の水夫(等3役)にまで行き届いた歌手を揃えているのに大喜び。与儀さんは、第3幕の牧童も愁いに満ちた歌を聴かせてくれて、素晴らしい。いつもステージの後ろのオルガンのところで歌ってるから、ステージの後ろで聴いてたわたしには声だけで姿は見えないのが残念だったけど、それにしても独りででホール全体を満たす声はステキでした。

歌手ついでに。今日の歌い手陣は、超スーパーな人はいなかったけど、凄く高水準で充実。代役だったイゾルデのニコルズさんは、BCJで歌ってるのを聴いてるので、古楽の人かなと思ったら、堂々としつつも澄んだ声で好きなタイプのイゾルデ。もともとキャスティングされてた人をわたしは知らないけど、代役で良かったんじゃないかと思えるくらいの充実ぶり。一方のトリスタンのケイヴスさんの健闘もたたえたい。と同時に、この役は難役なんだなと。健闘しつつもいっぱいいっぱいのところがあってもう一皮剥けたらと感じたから。夜のトリスタンでは、もう少し声の余裕というか闇の魅惑を柔らかく包み込むような奥行き、ふくよかさが欲しかったです。でも、わたし、まだ、理想のトリスタンに出逢ってないんですね。いつの日か理想のトリスタンに出逢うことができるのかしら。そのときはわたしも思いっきり媚薬を飲み干そう。

トリスタンとイゾルデの忠実な僕、ブランゲーネのマーンケさんとクルヴェナルの石野さんもステキでした。物語の説明係として少し過剰なというかト書きを語るような部分も多いのだけど(もちろんワーグナーが悪い)、今日はあまりその饒舌さ、鬱陶しさを感じさせずに、物語を上手に動かしていました。愚直な脳天気さのクルヴェナル。毒薬を媚薬にすり替える罪を負ってイゾルデに尽くし尽くす少女(わたしはこの物語の中で悲劇の中心にいるのはブランゲーネだと思います)。物語を動かす重要な役をおふたりはまるで忠実な僕、音楽に忠義をつくす歌い手として、役を良く知っている、ちょうど良い濃さで歌っていました。

今日、もうひとつの収穫は、日本人を始めとした東洋人歌手の活躍。石野さんと与儀さんに加えて、マルケのユンさんが堂々とした声でとてもステキでした。わたし、マルケの長い独白は、嫌いというかなくてもいいといつも毒づいているんだけど、良い歌手で聴いちゃうとマルケもいいなと思ってしまう。今日もマルケ、良いなと思いました。カンブルランさんと読響の重くなりすぎない味付け具合もあって胃にもたれない感じがわたし好みでした。ヨーロッパやアメリカの歌劇場(残念ながら日本ではオペラが根付いていないので圧倒的にあちらが本場です)で活躍する日本人歌手は、まだまだすごく少ないけど、こういうのを聴くと、日本人も十分活躍できるのにな、もっとみんな出て行ってよって希望を込めて思っちゃいました。

ひとつ残念だったのは、音楽会形式で、演技には重きは置かれていなかったんだけど、歌手によって演技の度合いがバラバラであったこと。演技の仕方がそれぞれに任されていたみたいで、舞台の統一感の不足がもったいなかったです。演技は無しなら無しで全然良いのだけど、みんなが同じように振る舞えば、オペラの交響楽的演奏としてもっと説得力が出たんだと思います。演技無しなら無しにして、もし、多少でも演技を付けるのなら、きちんと舞台監督を付ければ良かったと思います。これはちょっともったいなかった。

でも、「トリスタン」って難しい。インタヴュウの中で、カンブルランさんが歌手のペース配分が難しい、特に今回の公演では第2幕の慣例のカットをしないので(わたし自身は、オペラでもカットしてるのは聴いたことないと思うんだけど)、負担が重くなるので、歌手に配慮した演奏をしなければならないとおっしゃっていましたが、今日は、最後ぎりぎりだったけど、無事歌い切ったと思います。多分、みんなが音に集中して聴いてしまうシンフォニックな演奏会形式での上演の方がオペラでの上演よりも歌手にかかる負担は大きいのではないでしょうか。同じ場所で演奏するオーケストラとも対峙しなければいけないし(オペラのオーケストラはある意味黒子で伴奏だけど、音楽会形式は協奏)、オーケストラも容赦しないでしょうし。実際、カンブルランさんは、手加減無しで、全員の力を120%引き出すようなところで演奏していたように聞こえました。

もちろん、オーケストラも褒めなければいけませんね。いつも、読響に対しては辛口というか、少しウマが合わないところがあるのだけど、光が漏れてくるような楽器の音色や流れるような音楽は、読響にピッタリというか、主席指揮者のカンブルランさんと読響の大きな成果でしょう。指揮者とオーケストラ、そして今日は作品との相性の良さが素晴らしく豊かに実った音楽会でした。
久しぶりに聴いた「トリスタン」。かっこつけて書くと、カオールを口に含んだような、いえ、かっこつけるのは止しにして、辛口のサイダーを飲んだような爽快感とちょっぴりの甘さ好ましい演奏でした。愛のどろどろ感(わたしは「トリスタン」を評してときどきそう言うのですが)とは対極にあるけど、クリスタルクリアな愛と死の物語は、オリジナルの物語にあるストイックなまでの愛の物語を彷彿させるひとつの指標なのかも知れません。
[PR]

by zerbinetta | 2015-09-06 10:25 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

<< 名曲ってちょっとの譜面の違いで... 世界を創造 ヤマカズ/日フィル >>