いよいよパーヴォ時代へ ヤルヴィ/N響 「復活」   

2015年10月4日 @NHKホール

マーラー:交響曲第2番「復活」

エリン;ウォール(ソプラノ)、リリ・パーシキヴィ(アルト)
東京音楽大学(合唱)
パーヴォ・ヤルヴィ/NHK交響楽団


兄ビーことパーヴォ・ヤルヴィさんのN響主席指揮者の就任記念公演。マーラーの「復活」の2日目に行ってきました。定期演奏会とは言え、就任記念の特別な音楽会、初日の方が特別感が大きいのかも知れないけど、昨日のアリーナは外せなかったし、2日目の方がアンサンブルもこなれてきていいかなとも思ったり。同じ音楽会が2回とか3回ある場合、何日目に行くのが一般的にいいんでしょうか?

ビューローは「葬礼」(後の交響曲の第1楽章)を聴いて「これが音楽だとしたら、私は音楽が全くわからない」なんて言ったそうだけど、今日わたしは、第5楽章を聴いてこれが音楽かって思った。パーヴォさんの演奏はマーラーの音楽の(構成上の)弱点をそのままにして音楽の外にある強い精神で突き進んだ感じ。音楽の枠に収まらない表現意欲が音楽の世界からはみ出していて。楽譜に書かれてものから音だけを抽出して純粋に表現して素晴らしい音楽に還元する演奏もあるでしょう。が、パーヴォさんは、決して極端なことをしているわけではないのだけど(音のはみ出た面白さだったら去年のシーズンの第1番の方が上でした)、精神世界の(文学的な)表現意欲は、今回が上。それが良いか悪いかは別だし、マーラー自身の音楽がそれについて行ってないがゆえに、音楽が破れかけているということもあったのだと思うんですけど。と、矛盾するんですけど、パーヴォさんの演奏は、決して恣意的な解釈を施した演奏ではなくて、マーラーの楽譜を丁寧に音にしたもの。その結果、マーラーが楽譜に書き記すときにあった心の裡までそのまま音楽にしてしまったということ。特に最終楽章での中二病的な表層は、マーラーの責任。
パーヴォさんは、少し距離を置いて音楽を冷静に美しく鳴らしてる。そのバランス感覚が絶妙。今日の演奏は、一見中庸でありながら(特に美しく演奏された中間楽章は)全然中庸ではない。ものすごく丁寧に作り込まれた音楽。ただそれ故に、もっと熱い音楽をと思う人もいたでしょう。人数をかけた合唱が少し弱かったのがちょっと残念で、最後はわたし自身も、もう少し熱くなりたかった。音楽を超えた力に圧倒されたかった。でも、類い稀な演奏であることもまた事実。パーヴォさんって、音楽の作り方の理にかなった面白さだけではなく、オーケストラの力を引き出すの上手い。響きが濁らずにとてもきれいだし、N響がずいぶん上手くなってると感じるもの。こんなに金管楽器が上手かったっけとびっくりした。パーヴォさんの時代にN響がますます磨きをかけられて良く変わることが期待できそう。わたし的には、主席指揮者じゃなくて音楽監督になって欲しかったけど(N響の事情かパーヴォさん側の事情がそうさせたのかも知れませんが)、パーヴォさんには後々まで語り継がれるN響の一時代を築いて欲しい。蜜月が長く続きますように。


それにしてもパーヴォさんとN響の「復活」。世界的に見ても一流レヴェルの素晴らしい演奏をしたのに、わたしは自慢したいのに、外の国の人は誰も知らない。N響を世界のトップ・レヴェルのオーケストラにしたいのなら、もっとたくさんの人、外国の人にも聴いてもらわなくちゃ。日本国内で放送するばかりではなく、ネット・ラジオやできればオンデマンドで世界中で聴けるようにしたらいいのに(日本のネット・ラジオはNHKも含めて海外で聴けないものが多いんです。反対に外国の音楽会は、ばんばん日本からでもネット・ラジオで聴けるよね)。NHKならそのノウハウも持ってるはずでしょ。やってよ。
[PR]

by zerbinetta | 2015-10-04 22:21 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

<< 途中で全員入れ替わった アジア... 異次元から来たモーツァルト イ... >>