最近好調 新交響楽団第230回演奏会   

2015年7月26日 @東京芸術劇場

ラヴェル:古風なメヌエット
ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲
マーラー:交響曲第4番

コロンえりか(ソプラノ)
矢崎彦太郎/新交響楽団


アマチュア・オーケストラの雄、新交響楽団さんの音楽会。先日OB交響楽団の音楽会で聴いたマーラーの交響曲第4番がかぶってます。聴き比べーー。

プログラムの前半は、ラヴェル。「古風なメヌエット」は、題名通り、古典的な色合いのメヌエットをラヴェルのカラフルな色彩で飾った佳曲。繰り返しスタンプのように押されるティンパニを含んだ終止音型が好き。この曲を聴き始めたとたん、やっぱりこのオーケストラ上手いと思いました。ちょっと最近好調な感じ。

2曲目の夜明けはゆっくりときめ細やかな響きで音楽が始まりました。ここの音色の色彩がステンドガラスを通した光のようにキラキラと交差する音楽。そりゃあ、上手いプロのオーケストラと比べちゃうと個々の音色の際立ちに不足を感じるかも知れないけど、でもこれは素晴らしい。矢崎さんは、鳥のさえずりや朝のざわめきの背後に持続して流れる明確な音を作っていてそれがもうほんとにステキで、こんな演奏はプロでもなかなか聴けるものではないよ。底に静かに間断なく満ちている音は、なにか根源的な羊水の意識のようなものを感じさせます。最後もしっかり盛り上がってカタルシス。

マーラーの交響曲第4番は、先日もアマチュア・オーケストラで聴いたばかり。易しい曲のように見えて、精巧な仕掛けがこれでもかと思うほど仕込まれていて、わたし的に満足する演奏に出逢うのは難しい感じだけど、今日の新交響楽団さんもとても良い演奏をしてくれたと思います。もちろん、ソロも多いし、それは流石にプロのオーケストラには及ばないんだけど、音楽のまとまり方がとても良くて、安心して聴いていられるのがいいの。矢崎さんの演奏には洒脱な明るさがあって、しゃんしゃんと楽しげなこの曲の雰囲気も良く出ていました。不純物のない透きとおった感じは、マーラーの交響曲の全体からは、少しはみ出してるかもだけど、そういうアプローチも逆にこの曲の魅力を引き出しますね。途中大太鼓の強打で楽器がひっくり返りそうに見えてドキリとしたところもふふふポイント。もったいないことと言えば、コロンえりかさんの歌がちょっと弱かったかな。もう少し主張があって目立っても良かったかも。いたずら者の子供のように。
アンコールをしないのも音楽の余韻が残って嬉しかったです。
[PR]

by zerbinetta | 2015-07-26 13:15 | アマチュア | Comments(0)

<< コバケンは特別 上原彩子、小林... またまた新星 17歳 山崎亮汰... >>