カラフルな音のパレット 山田/N響   

2016年1月10日 @HNKホール

ビゼー:小組曲「こどもの遊び」
ドビュッシー/カプレ:バレエ音楽「おもちゃ箱」
ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシカ」

松嶋菜々子(語り)
山田和樹/NHK交響楽団


大変遅ればせながらあけましておめでとうございます。わたしの2016年の音楽会もやっと開けました。
ななこさんを観に行ってきました。というのはまっ赤な嘘で、もちろんヤマカズさん目当てです。ななこさんは、、、名前は聞いたことあるけどぐぐって調べました。チケット取ったときには、ななこさんのお名前もなかったですしね。

プログラムは、お人形つながり。ビゼーのかわいらしい小組曲にドビュッシーのこどものためのバレエ、それにおどろおどろしい物語の「ペトルーシカ」。どれもお人形が出てきます。

ビゼーの曲は、「アルルの女」や「カルメン」に比べたら有名ではないのだけど、聞いたことのあるようなメロディが出てきて懐かしい感じ。最初の(兵隊さんの)トランペットは、マーラーの「角笛」歌曲に、伴奏のトリルの使い方までもそっくりで、ふふふ。もちろんマーラーがあとですよ~。真似したわけじゃないでしょうが。ヤマカズさんはN響から柔らかい音を丁寧に紡ぎ出していくのだけれども、わたしには少し抑えすぎた感じがしました。もう少し大らかな感じでも良かったかな、と。最後の2曲(そのひとつ目に耳にしたことのあるようなメロディが出てきます)に音楽の重心を置くような設計。弦楽合奏の優しい感じの音楽は作曲家が子供たちを見つめる視線でしょうか。ゆったりと少し厚みを持って物語るように歌わせる音楽、とそれに続く賑やかなフィナーレ。終わりよければ全て良し、ですね。

ドビュッシーの「おもちゃ箱」は子供のためのバレエ曲。物語に確固としたストーリーがあるわけではなく(一応、恋物語にはなっていますが)、いろんなお人形が出てきて踊る感じなのかしら(バレエは観たことないけど)。そのト書き部分(?)を菜々子さんが短い言葉で語ります。菜々子さんの語りが上手なのかは、この短い言葉では分からなかったけど、正直、いらなかったかな。主に人形の登場を知らせるだけで、物語る部分は少なく、シーンを思い浮かべるにはちょっと足りない感じ(わたしの創造力が少ない)。音楽だけでは、ドビュッシー好きにはいいのかな、ドビュッシーの繊細さが災いしてちょっと退屈な部分もあるのでしょうか。バレエとして観るのが一番いいのかしら。それとも抜粋して組曲。ヤマカズさんの抑えたアプローチは、NHKホールの大きすぎる大きさではキツイ感じ。オーケストラの鳴らし方(特に弱音で柔らかい音)にもう少しピントが合えばなって思いました。曲のせいもあるけど、前半は少し欲求不満が残りました。あっ、菜々子さんはすらりと背が高く綺麗な方。白黒のドレスもスタイリッシュでさすが女優さん。歩く姿に威厳があって、立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花、ってこういう風なんだ、と納得。遠くから見ていたのでよくは見えなかったんですけど。

後半の「ペトルーシカ」(NHKではこういう表記なんですね。ペトルーシュカではなく)は、そんな前半のもやもやを引き摺って聴き始めたせいか、やっぱり抑え気味なのか、縦の線の揃いが悪いなぁ(遠くで聴いていたので音がずれてきたのかも知れないけど)、なんて感じていたんですけど、あれ、フルートのフレージングステキ!とか、おもちゃ箱をひっくり返したようにきらきらのカオスで、今まであまり気づかなかったいろんな音が聞こえてきて、ごった返した市場の賑わいが目の前に広がって行く。ヤマカズさんの目の行き届いたフレージングやどぎついアクセント、イントネイションがどのパート、ソロからも聞こえて新鮮な、そしてグロテスクでもある「ペトルーシカ」を聴かせてくれます。それにしても、ヤマカズさんの持っている音のパレットがカラフルなこと。ヤマカズさんは「ペトルーシカ」(が似合う)!。と聴いたことがなかったのに聴いたことがあるように錯覚してて確信していたとおり。各楽器がキラキラと自分の音で輝いてる。人形の首が取れたタンバリンの音と言ったら。あら、首が落ちたと我に返っちゃいました。
ほんと、ヤマカズさんの色彩は天然の天才。これはもう神さまから与えられた才能。もちろん、天才でちやほやされるのはここまでで、これからは天才の閃きに加えて、説明できる論理性が大事になってくるとは思うのだけど、わたしのヤマカズさんなら絶対大丈夫。もう、ずっとあなたに付いて行きます(ってどこに?)。モンテカルロのオーケストラの監督として存分に腕を振るって、近い将来、モントリオールとかフランス国立とか、ステップアップして欲しいな。
[PR]

by zerbinetta | 2016-01-10 12:22 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

<< 妖精さん ファウスト、小泉/都響 マッチ売りの少女の夢 くりぼっ... >>