妖精さん ファウスト、小泉/都響   

2016年1月12日 @東京文化会館

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
シュトラウス:家庭交響曲

イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)
小泉和裕/東京都交響楽団


都響さんは第800回目の記念すべき定期公演。今年、都響デビュウ40周年で終身名誉指揮者の小泉さんと。お得意の「家庭交響曲」。小泉さん、この曲を都響で採り上げるの今回で4回目であるんだそうですよ。それに最近もどこかでこの曲を振ってる(振る)ハズ。ほんとにお好きなんですね。

でもその前に、ファウストさんと協奏曲。ブラームスの協奏曲だと思っていたら会場でプログラムを開いてメンデルスゾーンと知ってとぽん。でも、メンデルスゾーンも好きだからいいんです。ブラームスより早く帰れるしw
ファウストさんは、言わずもがな、現代最高のヴァイオリニストのひとり。新日フィルとのブラームスでも独り素晴らしい音楽を奏でていらっしゃいました。ただ、わたし的には少しだけウマが合わないんですけど。。。
彼女のメンデルスゾーン、迸るばかりに歌い出すかと思ったら、平穏と静かに(音量が小さかったというわけではなくて表現がです)始まってびっくり。この曲、カピュソンさんやテツラフさん、アリーナの漢っぽい体育会系の演奏を聴き慣れて好みなので、ちょっぴり拍子抜け。今日は迸らないのか~って、思っていたんだけど、テンポを落として叙情的に歌うところは、すうっと音楽の重力に引き込まれる感じで、ステキすぎ。文化系の、でもキリッとしてゲーテなんかを読んでいる感じの思索的で内側の豊かな音楽。それに、ヴァイオリンの音が楽器から聞こえない!ずうっとファウストさんを見つめながら聴いていたんですけど、音はヴァイオリンから聞こえてこないの。ホールを完全に鳴らし切ってる。ファウストさんの音楽っていつも柔らかいのに凜としてるなぁ。生成りのような、衣装は、そう、雰囲気といい色使いといいピレシュさんと通じるものがある。ファウストさんも将来ピレシュさんのような妖精になるのかしら。いえ、きっとなる。今日だって、3楽章の細かく動き回る走狗は、妖精の羽音みたいだったもの。いつか本物の妖精になって自然で飾り気のない、それでいて生きていることの深さを感じさせるような音楽を奏でる人になるんだろうな。小泉さんと都響の伴奏も良かったです。ファウストさんの音楽を汲み取って、味のある伴奏を付けていました。管楽器に少し不用意な音もあったけど、バスのニュアンスなんて思わずいいなって思えたし。欲を言えば、ファウストさんと対等に丁々発止のやりとりをして欲しかったですけど、小泉さんはそういう音楽を嫌ったのかな?
アンコールには、自身の声で紹介して、ハンガリーの作曲家クルタークの「ドロローソ」。タイトルの通り、短い静かな鎮魂歌。音の少ない研ぎ澄まされた音楽を鋭い感覚のヴァイオリンでさっきとは異質の世界に連れ込まれた演奏は、ファウストさんの面目躍如ね。

後半は、家庭交響曲。わたし、人の家を覗き見する趣味はないので、この曲苦手。小泉さんの演奏は、オーケストラを良く鳴らすものの、なにか自由さのゆえに、小泉さんの音楽がピンぼけして、ただでさえ締まりのない曲(だからあまり演奏されないのかな。いえ、ウィキによると難しいから演奏されにくいそう)なのに、何をしたいのかよく分からない結果に終わってしまっていました。何だろう、最後のとってつけたような盛り上がりは。なんかしつこいよね。ショスティ風に(妻に)強制された歓喜?壮大なカリカチュア?小泉さんも自分の家庭を見せるの嫌なのかな。でも、指揮者には自分を出してオーケストラをもっとリードして欲しかった。そうそう、この曲、ソプラノ、アルト、バリトン、バスの4本のサクソフォーンが使われてるんだけど(超珍しい)、奏者が楽器の大きさに見事に比例して背が高くなっていたのには、ちょっと笑っちゃった。そこ、突っ込むところじゃないけどさ。(家庭交響曲の主題が、「サロメ」のヘロデとヘロディアスのモチーフに転用されたら痛快な風刺だなと思いながら聴いてしまってた恥ずかしい自分)
[PR]

by zerbinetta | 2016-01-12 12:13 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

<< 憧れ、悪魔の甘美な誘い ボーダ... カラフルな音のパレット 山田/N響 >>