爽快な登山の余韻 東京楽友協会第100回演奏会   

2016年4月3日 @すみだトリフォニー

ウォルトン:戴冠式行進曲「宝珠と王杖」
レスピーギ:バレエ組曲「シバの女王ベルキス」
シュトラウス:アルプス交響曲

橘直貴/東京楽友協会交響楽団


首都圏の社会人アマチュア・オーケストラで歴史が古いとこ、どこだか分かりますかー?
多分一番は、OB交響楽団 1937-(定期演奏会の回数189)(学生オーケストラはもっと古くからあるのいくつかあります)で、次に都民交響楽団 1948-(121)、新交響楽団 1956-(233)が続きます。そして、今日聴きに行った、東京楽友協会管弦楽団が1961年創立で、今日が記念すべき100回目の演奏会。長く続けることは目標でも目的でもないけれども、多分たくさんあった困難を乗り越えて長く続いているアマチュア・オーケストラってやっぱりそれだけで凄いと思う。いいえ、それだけではなく、長く続いているのには理由があってそれが音楽にしみ出てくるのがいいの。これらのオーケストラはどこも聴いてみてねって薦められるもの。

楽友協会さんの100回記念はアルプス登山。登山の情景模写のように振る舞って、実はシュトラウスのオーケストラ作品の中で最も哲学的な音楽ではないでしょうか。人生は登山に例えられる、って言うし。記念演奏会にふさわしいでしょ(記念だから選ばれたかどうかは知りませんが)。

前半は、ウォルトンの「宝珠と王杖」の行進曲。おめでたい曲。ステキな行進曲(好き♡)だけど、機会音楽なのであまり演奏されないのが残念。「威風堂々」のように定番になってもいいのに。ジャジーな細かな楽想が賑やかに聞こえて、とても演奏もしずらそう、特にホルンなんか、難しそうな音符を後ろで吹いてるのが、あまり聞こえなくて労多くして報われなさそうで、ちょっとまとめるのに苦労していた感じ。でも、最後のなりふり構わぬ大盛り上がり(に作曲家がした)で、オルガンの人がノリノリで弾いていたのにいいねを劇押し。

「シバの女王ベルキス」は、吹奏楽にも編曲されてよく知られているそう。わたしは初めて聴きます。バンダや軍隊の太鼓も加わる大編成の賑やかな曲。プログラムの解説によるとバレエの初演は、総勢1000人くらいの出演者だったとのこと。そんなバレエ観てみたい。オーケストラで演奏されるのも珍しいみたいだけど、エキゾティックな旋律と過剰なまでの派手やかな商店街を流れる音楽みたいな、ここまでやるか的な色物具合が面白かったです。登山の前に大盛り上がり。山小屋で大宴会しちゃったみたいな。橘さんは、オーケストラを解放して適度に外連があってなかなかでした。チェロのソロがとっても上手かったですね。

お終いは「アルプス交響曲」。いよいよ登山。大好きな曲なのでワクワクしながら聴いていました、とか言いつつ、羊が出てきたら突進して追い払っちゃえ(それドン・キホーテ)とか、雷落ちないかなとか(ほんとに雷落ちたの(サンダーマシーンが叩いた勢いで落っこちた)聴いたことあるの)、ヘンなことばかり。あと、カウベルは何年か前に亡くなったマーラーへの追悼かなとか。ユングフラウだったら電車でてっぺん近くまで行けるのにとか。それにしてもサンダーマシーン、今日はステージの後ろの方左右に2つあったけど、いつもいつ来るかいつ来るかとワクワクしながら見つめてしまうの。嵐が終わる頃、1度しか鳴らないんだけど、もったいないな。もっとがんがん雷鳴らしまくればいいのに、と浅はかな素人。
橘さんは、オーケストラの良さを無理なく引き出して、理路整然とした音楽を作っていました。描写音楽と言うより、音楽自体を大事に捉えた交響曲的寄りなアプローチですね。とてもきっちり、オーケストラをドライヴしている感じで、オーケストラもそれに応えてステキな音楽を奏でていました。ちょっと真面目すぎて、(プロのオーケストラだったら)聞こえない、細かな背景の音(聞こえないけれども靄のように音の雰囲気を作る)まで浮き出て聞こえていたのはご愛敬。オフステージの金管部隊も大きな音で(大好き!)かっこよかったし、素晴らしいアルプス登山でした。楽しくて、その分、哲学的な深みにはあまり触れなかったかな。でもいいの。登山そのものだって楽しいんだから。最後、夕日の奥に沈み込む、心地良い疲れと爽快感の余韻は、音楽の充実の賜物でしょう。

カーテンコールのとき、プログラムにもステキな文章を寄稿されていた、なんと!楽団創立メンバーにして100回の音楽会に皆勤賞で乗っている方が紹介されて、指揮者から花束が贈呈されていました。75歳には見えない若々しさ。これには、わたしも感涙。このオーケストラの背骨の凄みを見る思いがしました。多分それはメンバーみんなが共有している、オーケストラの歴史が作る道筋なのでしょう。
記念すべき登山を無事に終えて、これからもずっとこつこつとステキな音楽会を積み重ねていって欲しいですしそうするのでしょう。末永く聴いていきたいオーケストラです。


♫♫
東京楽友協会交響楽団の次の定期演奏会は、9月18日、すみだトリフォニーホールです。
[PR]

by zerbinetta | 2016-04-03 10:39 | アマチュア | Comments(0)

<< back to the fut... [news from japa... >>