時をかけるポリフォニー ノット/東響 リゲティ、パーセル、ツァラトゥストラ   

2016年4月16日 @東京オペラシティ

リゲティ:「アトモスフェール」
パーセル:4声のファンタジア z.742、z.739
リゲティ:「ロンターノ」
パーセル:4声のファンタジア z.737、z.741
リゲティ:「サンフランシスコ・ポリフォニー」
シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」

神戸愉樹美ヴィオラダ・ガンバ合奏団
ジョナサン・ノット/東京交響楽団


今シーズンから定期会員になってみる東響、定期公演デビュウの前にフライング気味にオペラシティ・シリーズの開幕を聴きに来ました。だって、リゲティやるんですもの。それも音楽監督のノットさんで。生ノットさんは初めてなんですが、わたしがノットさんを知ったのは、ベルリン・フィルとのリゲティの作品集のCDなんです。それにとても感動して。それを今度は、オーケストラは違うけど生で聴けるなんて、幸せ。しかもですよ、プログラミングが凝っていて、リゲティは、ポリフォニーつながりで、パーセルのガンバ四重奏曲と組み合わされるのです(リゲティとパーセルの曲を交互に切れ目なく)。プログラミングは、わたしが音楽会で一番重要視しているところなので、こんなステキなプログラムに驚嘆と感嘆を覚えるのです。

ヴィオラダ・ガンバはステージ後ろの合唱席下手側で弾きます(わたしの席からは無念。死角になりました)。リゲティの曲があって、続けて(アタッカではなく、交響曲の楽章のように少し間を置いて)パーセル。300年の時を隔てて、音楽のスタイルも全然違うのに、お互いに溶け合うように交互に響きあう不思議。バロック音楽と現代の音楽の親和性が高いといつも思ってたわたしもこんなにも!ってびっくり。ピリオド・スタイルってアーノンクールさんがおっしゃるように、単に作曲された当時の楽器で当時の演奏法を百科事典的に再現することではなくて、当時の人たちの耳にその音楽がどう新鮮に聞こえたかを今のわたしたちに再現すること。それはまさしくコンテンポラリー(同時代の/現代の)で今の時を指向してる。だからこそ時代を超えた音楽が今の音楽として聞こえるのですね。ポリフォニーつながりで曲を配してそのことを実際の音で聴かせて証明してくれたノットさんの慧眼にブラヴォーです。

リゲティの「アトモスフェール」と「ロンターノ」って一見、似通った音楽に聞こえるのだけど(素人ぶりを暴露)、今日の演奏では、全く別物の音楽に聞こえたのはもうひとつのびっくり。「アトモスフェール」は、原初的でもやもやしていてまだ実態のない感じの、頭によぎったイメジでは、未受精卵の周りにもやもや漂っている無数の精子。それに対して「ロンターノ」は、形をなした(多分、音楽の背後に聞こえてくる聖歌のようなメロディ!がそうさせるのでしょう)、命を得た胎児を内包している子宮。お腹に耳を当てて命の胎動を聞くように、聞き耳を立てて音楽に吸い込まれる快感。目を瞑ったその先にある何か。

と、なんちゃって哲学的な独白をしてみたけれども、後半の「ツァラトゥストラ」は、冒頭の超有名な派手やかさとは対照的な哲学的な演奏。ここで、今日のキーワード、ポリフォニーが断然生きてきます。「学問について」のフーガはもちろん、そこに至る「世界の背徳を説くものについて」からの弦楽器の細かな分奏で’マイクロ・ポリフォニー’!のように扱われる音たちが、リゲティの世界とつながって聞こえるのはステキ。外連味のある「ツァラトゥストラ」を期待すると、細かく丹念に描き出される音の糸の綾で紡がれた音楽に肩すかしを食らわせられるけど、わたしは、この演奏にステキな新しさを感じました。

今年から会員になってみたノットさん率いる東響の定期演奏会、ますます楽しみで待ち遠しくなってきました。


.
[PR]

by zerbinetta | 2016-04-16 14:27 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

<< 火照りそう メルクル/新日フィ... back to the fut... >>