人類の喪失の回復 ノット/東響 「ドイツ・レクイエム」   

2016年4月24日 @サントリーホール

シェーンベルク:「ワルシャワの生き残り」
ベルク:「ルル」組曲
ブラームス:「ドイツ・レクイエム」

チェン・レイス(ソプラノ)、クレシミル・ストラジャナッツ(バリトン)
東響コーラス(富永恭平)
ジョナサン・ノット/東京交響楽団


音楽作品ってそれ自体がひとつの意味を持っていると同時に、プログラムの中で他の曲と組み合わされて演奏されることによってまた違った意味も出てくると思う。そしてそのどちらもが真実。だからこそ、ステキにプログラミングされた音楽会って面白い。ノットさんは、この間のパーセルとリゲティの組み合わせでわたしのハートをむんずと掴んだんだけど、今日も「ドイツ・レクイエム」を「ワルシャワの生き残り」と「ルル」を組み合わせることで、「ドイツ・レクイエム」に新たな意味を含ませていました。1曲目がバリトンのシュプレッヒゲザング(ナレイション)、2曲目がソプラノ、そして最後にふたりの歌手が共演するという構成もステキ。(「ドイツ・レクイエム」に他の曲を挟むというのは、ケント・ナガノさんも前にやっていて、リームさんの作品を楽章の間に挟んで演奏していました)

「ワルシャワの生き残り」は、死の収容所で処刑されようとした男の語り。ほぼ英語。ストラジャナッツさんの語りは、少し淡泊だったかな。ホールの残響と座っていた席のためか、言葉はあまりよく聞き取れませんでした。無調の音楽の中に最後、ユダヤ教の祈祷文が男声合唱で闖入してくるところ、何だか黒い壁の向こうからラスボスが襲ってくるような感じで、死を前にする祈りに平安はなく、突然断ち切られる音楽。むしろ内省的な演奏は、全体的に甘くはないけれども、刺々しさがあまり感じられない分、物語が少し遠くに、思い出のように感じられました。ものすごく苦々しい恐怖の体験には違いないんですけど。恐怖の描き方の違いというか、真綿で首を絞めるような恐怖。

「ルル」の組曲も断ち切られた歌。死によって完成されることのなかったオペラという意味で、そして、死によって断ち切られたルルと、「ルル、わたしの天使・・・」と悲痛の歌で事切れるゲシュヴィッツ嬢。「ルル」は、サクソフォンやヴィブラフォンも加わった官能的な音のする音楽だと思うんだけど、ノットさんと東響の演奏は、音楽の美しさを描き出す一方、少しあっさりでセクシーさがわたしにはちょっと足りないと思いました。レイスさんの歌もその方向。ルルはファムファタルな女というより清楚系?

後半は、「ドイツ・レクイエム」。前半の苦悩を全部引き受けるかのような重く暗い始まり。チェロとコントラバスの低音が脈動みたいで、「マタイ受難曲」の始まりを思い起こさせました。ノットさんはつながりを意識しているのでしょうか。悲しみの重さと、音楽が進むにつれて、うっすらと差し込んでくる雨上がりの光り。救い。
もちろん「ドイツ・レクイエム」は、特別な機会のレクイエムではなく(それが、シューマンや作曲家の母の死に負っているとしても)、単純にドイツ語で歌われるレクイエムなのだけれども、そしてノットさんの演奏も純粋に音楽を演奏しただけだけれども、今日のようなプログラムを組むことで、レクイエムは複雑な意味を獲得する。レクイエムによって解決される(あるいは救われる)ものが、一般化されたもの、ではなくて、あるいはわたしたちの持っている個人的な感情、ではなくて、先の大戦でドイツが喪失させたもの、つながってる今の世界で喪失されているもの、の回復が示されると思うの。

ノットさんと東響の演奏は、音楽による、多分人類の共通言語である音楽による救いをもたらしてくれるものでした。暗闇から少しずつ光が差し込み僅かな色が差すグラディエイション。深い音色は、オーケストラのもうひとつの顔を見たようです(明るい音色のオーケストラのイメジが強いので)。
歌手のおふたりもこの歌のために今日ここにいる、というのを感じさせるステキな歌でした。
合唱の東響コーラスは、オーケストラに併設されている(日本ではこういうの珍しいのかな?)アマチュアの合唱団だけれどもとっても良かったです。ただ、アマチュアゆえの声量の不足を人数で補ったところがあって、少人数の緻密な合唱だったら、と思うのは、過分な望みかも知れませんね。

素晴らしい音楽会でした。


.
[PR]

by zerbinetta | 2016-04-24 01:43 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

<< さようなら 高関/シティフィル... フレッシュ ピリオド・スタイル... >>