2度目にして、やばい。惚れた ラザレフ/日フィル ショスティ、チャイコフスキー   

2016年5月21日 @サントリーホール

チャイコフスキー:組曲第1番
ショスタコーヴィチ:交響曲第6番

アレクサンドル・ラザレフ/日本フィルハーモニー交響楽団


名演でした。
ラザレフさんとの出逢いは、去年、なんだけど、第1印象はあまり良くなくて、せかせかした感じの指揮ぶりがちょおっとって感じだったんだけど、音楽会後半のショスティ9番の怪演に度肝を抜かれて、急転直下宗旨変えをしたのでした。ラザレフさん凄い。なので、今日のショスティの交響曲第6番もめちゃくちゃ期待して。。。どんな怪演が聴かれるのかと。その期待は、会場についてプログラムを開いたとたんヴォルテージアップ。だって、ショスティの演奏時間51分って書いてあるんだもん。普通に演奏して30分くらいの曲。まさかとは思ったけど、この間の第9もあるし(遅い演奏ではなかったけど)、今日何かが起こる!とニヤニヤが止まらなかったんだけど、あっさり、休憩時間にプログラムの記載は間違いで演奏時間は30分というアナウンスがありました。がっくり。何を期待してたんだか。。。(実は、今まですっかり忘れてたんですけど、ラザレフさん、去年より前に、フィルハーモニアを振ったのを聴いていたのです。しかも今日と同じショスティ6。自分のブログを検索してやっと気づいたくらい。全く忘れていました)

そのショスティの前に、チャイコフスキーの組曲第1番。チャイコフスキーにしてはマイナーな曲で、わたしも録音を含めて聴くのは初めて。いい曲なんだろうか?でも、ラザレフさんが凄くお好きだという曲。解説を見ると交響曲第4番と第5番の間に書かれたそうだから、充実期の作品。
ラザレフさんの指揮は例のせかせかした感じを一瞬感じたんですが、すぐ慣れて、好きこそものの上手なれというか、ラザレフさんの好きが分かる充実の演奏。もちょっとオーケストラに柔らかみというか叙情性があればとも思うけど、チャイコフスキーの音楽の方も叙情性過多になっていないのでこれで良いのかも、と叙情性プラスでバランスがとれるのかも、という気持ち半々。でも曲の魅力は十分に伝わってきました。演奏される機会が少ないのがもったいない名曲。バレエの踊りに縛られることも、交響曲の規則に絡まれることもなく、自由に書かれた音楽は、きっとチャイコフスキーの個人的な書簡なんでしょう。チャイコフスキーというとメランコリックな旋律が強調されちゃうけど、理知的なバランスのとれた人なんだなという印象を持ちました。

そしてお待ちかねショスティ6。実は大好き。最初の一音、ヴィオラとチェロの分厚い音を聴いた瞬間もうブラヴォーを叫びたくなりました。ってか心の中ではすでに盛大に叫んでた。素晴らしい音。日フィルの弦って(失礼だけど)こんなに良い音を出すんだっけ。もう最高。ちゃんとかき回した納豆みたいに糸を引く粘り。この曲はこうでなきゃ。弱音へのこだわりもしっかりあって、雪の夜のしじまの感覚が身体中に満ちてくるの。弦楽器のうねりに呑まれたのか、管楽器もとっても健闘していて良かったです。ショスティの常で、長いソロがあるんだけど、それぞれ音楽の中で存在感を見せていました。日フィルの良いところは、個が立っているところですね。
第1楽章は、まさかの51分仕様ではなく、中庸のテンポだったのだけど(音楽は雄大)、第2楽章、第3楽章は、異形のバーンスタインほどではないけれども少しゆっくり目。でも、何か雰囲気が、、、異様というかきょとんと放り出されたような虚無的な空気、というか真空。心の中のいろんなものをすっぽり抜き取られて穴があいてしまった感じ。静かな恐怖。ラザレフさんは、弱音に拘ってオーケストラもそれに必死で付いていく。お終いもはちゃめちゃならんちき騒ぎで終わるかなと思ったら、醒めた騒ぎが、無声映画のようでもあり、背筋が凍るような、真っ暗な闇を、自分の裡にあるものを、ニヤリと見せられた感じ。悪魔か、ラザレフさん。

カーテンコールでは、(長いソロがあった)フルートの主席の人を引っ張ってきて指揮台に立たせたり、あちこち歩き回ってオーケストラを称えるいつものラザレフ流。しっかりお客さんと目を合わせるところもステキ。でも、ニコニコオーケストラを称えてるのはきっと仮の姿。こんな演奏をしたんだもん、練習では、嫌と言うほど鍛えまくったに違いない。それが本番で解放され、エネルギーを放射する。オーケストラの人たちもその快感を知っているからラザレフさんを信頼して付いて行くのでしょう。彼らの良い関係が窺えるよう。いよいよ次回は、主席指揮者ラザレフさんの最後の定期登壇です。


.
[PR]

by zerbinetta | 2016-05-21 13:33 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

<< 新年最初はバレエから。こいつは... パパ来たる K.ヤルヴィ/都響... >>