カテゴリ:舞台( 3 )   

デブ礼賛 文楽「不破留寿之太夫」   

2014年9月14日 @国立劇場小劇場

不破留寿之太夫

シェイクスピア(原作)
鶴澤清治(監修、作曲)
河合祥一郎(脚本)
石井みつる(美術)

豊竹英大夫、豊竹呂勢大夫、豊竹咲甫大夫、豊竹靖大夫
鶴澤清治、鶴澤藤蔵、鶴澤清志郎、豊澤龍爾、鶴澤清公

桐竹勘十郎(不破留寿之太夫)、吉田和生(春若)
吉田簑二郎(お早)、吉田一輔(お花)
桐竹紋臣(旅人)、吉田勘市(居酒屋亭主)
吉田玉佳(蕎麦屋亭主)、大ぜい(家来、町人)


オーケストラHALを聴いたあとは、初めての国立劇場で初めての文楽。ヴェルディの最後のオペラの元にもなってるシェイクスピアの「ウィンザーの陽気な女房たち」と「ヘンリー4世」を翻案した新作「不破留寿之太夫(ふぁるすのたいふ)」。初めて観る伝統芸能、文楽がちょっとエキセントリックな新作、というのはわたしらしいけど(バレエを初めて観たときもかなり変わった作品でした)、ヴェルディのオペラで親しみあるし、これは何より観なくちゃと思ったんです。古典はあとで観ればいいから。

音楽会との間に時間がちょっと中途半端にあったので、早く着いてロビーで本でも読んでればいいかと思っていたら、国立劇場って時間前には(他の公演をやっていて(?))建物の中には入れないのね。情報館でヴィデオ観たり、仕方なく外のベンチに座ってたけど、冬だったり雨の日だったりしたら大変そう。これちょっと不親切すぎない?(有料のレストランみたいところはあります)

文楽を含めて日本の伝統芸能に全く詳しくないんでトンチンカンなことしか書けないんですが、文楽がロックだとすると(いやだって義太夫ってやっぱりかっこいいよ。太棹の音を谷崎潤一郎が絶賛してたのもこういうことだったのかって分かって)、今日の新作はパンク。だって、太鼓や笛(舞台裏)、琴が入ったり、太棹の弦を弓で弾いたり(普通しないよね?)、グリーンスリーヴスが聞こえたり。完全に伝統の傘のうちに乗せると思ってたら違っていたのでびっくり。伝統的な文楽の形を観たいと思った人にはがっかりだったかもしれないし、足りないところはあったのかもしれないけど、わたしは良かったと思いました。
大夫と三味線は始まりの部分と本編で変わったんだけど、本編の人たちは、素人のわたしでも分かる、全然違って力がありました。最初からすごいなとは思っていたんだけど、変わったらもっと凄くなって。作品を作った太棹の鶴澤さんって人間国宝の方だったんですね。至福。大夫の声が太棹とかの音色とものすごく合っていて、一体となって音楽を作るのが素晴らしかったです。音の少ないシンプルな音楽で長く時間をかけて作られてきたものの美しさを感じました。

文楽の人形は頭が小さくて10頭身くらい(?)。顔が小さいのは、表情が見づらいので舞台には不向きとも思ったんですが、大きければ重くなって操作ができなくなるし、小さな劇場で上演するから問題ないんですね。でも予想外(わたしは頭が大きな人形だと思ってた)のプロポーションの良さにモデル体型ねとクスッとしてしまいました。
3人で動かす人形は、人形劇をみてると言うより、本物の人が動いてるみたい。というか、人形遣いは人形に本当に命を吹き込むんですね。

初めて観る文楽は、新鮮で観に来て良かった。たくさん笑ったし、大いに楽しめました。今度は古典を観に来たいです。近松門左衛門とか観たいもの。

お話は、ヴェルディのオペラより膨らませた部分と省略した部分があって、でも、オペラを知っていればだいたい分かるし(っていうより日本語だから分かりやすいよね)、人間のペーソスは日本人も西洋人も変わらないし、人の様のおかしみは普遍的。ただ、日本の伝統芸能の文脈の中に取り込まれた物語は、日本の空気感を身に纏っていたように思います。人のおかしみ、哀しさが日本人のわたしにより身にしみてくると言うか。最後の空しさが、全ては冗談からそのあとに来る寂寥感に置き換わっていたように感じました。

不破留寿之太夫は無責任で怠け者、嘘つきで行き当たりばったり、とおよそ人間のくずだけど、享楽的なポジティヴさを併せ持ってるあまりお付き合いしたくない人。だけど惹かれてしまう。日本人としては、寅さんやバカボンのパパに通じる人。でも、彼の、戦いなんてそんなつまらないことして何になるんだ、酒でも飲んで楽しく暮らしていく方がよっぽどいいというのは、今の時代に突きつけられた命題なのかもしれませんね。不破留寿之太夫の独白で、他の人たちには不真面目なことのようで理解されなかったけど、現代の私たちの現状もとても似ていると思う。不破留寿之太夫は、不真面目な人物だけど、このお話の中に、誰も彼を理解しなくてもわたし(作者でありわたしであり)は彼を礼賛する想いのようなものが底にあったように思えるんです。人に迷惑をかけない程度に不破留寿之太夫のように生きたいと思ったのでした。

最後、グリーンスリーヴスはずるいなって思ったんですが、だんだんじんわりと感動しきて、劇場をあとにしながらゆっくりと泣いていたのでした。
[PR]

by zerbinetta | 2014-09-14 23:31 | 舞台 | Comments(0)

キュートなおでこにキュン♡ 青木涼子 NohxContemporary Music   

2013年8月22日 @高輪区民センター・区民ホール

湯浅讓二:舞働 II
フェデリコ・ガルデッラ:voice of wind
馬場法子:共命之鳥
ヴァレリオ・サニカンドロ:trois chants non
小出雅子:恋の回旋曲

青木涼子(能謡、能舞)
斉藤和志(フルート)、倉田瑞樹(打楽器)


能のことが、部活のセンパイを心の奥で片想いする中学生のように、憧れです。能はお能と柔らかく言うより、能とキッパリ言い切る方が、凜としていてわたしの感覚に近い。気高くてかっこよくてドキドキと憧れる。能面を付けた幽玄の彼の世の男に身を任せて、彼岸の世界に連れて行かれたい、なんて妄想が膨らむ。能のことちっとも知らないんですけどね。
能を聴いていたのは、10代から20代に日曜日の朝に目覚まし代わりにタイマーを仕掛けておいたラジオから聞こえてくる「能楽鑑賞」。もちろん、ぼんやりと布団の中で聞き流していただけ。
それでも強く惹かれるのです。

能をほぼ初めて観たのが恥ずかしい話、去年ロンドンで。ブリテンのオペラ「カーリュー・リヴァー」の原作、「隅田川」を教会でオペラと一緒に。せっかく日本にいるのだから、能を観たい。でも、ちょっぴり(?)ねじくれてるわたしは、伝統的な能でなくて、得意分野(?)の西洋芸術音楽との接点に目が行ってしまう。去年観た中嶋彰子さんのプロジェクト、夢幻能「月に憑かれたピエロ」がうんと良かったので、青木涼子さんの企画を何かの折に見つけたとき、街でばったり憧れのセンパイに会ったときのようにドキドキして嬉しくなってすぐチケット取ったのでした。と同時に、3月にも公演があったのを知らずに見逃してしまったのをオニヤンマを見逃してしまった少年のように悔やんだのです。

もちろん能のことをちっとも知らないわたしは、青木さんが何者かは全く知りません。チラシを見ると若いステキな女性。能楽者というと観世なんとかさんとか金春なんとかさんとかのおじいさんを想像しちゃうんだけど、能って女性もできるんですね!

能と現代音楽の共演というと、能ではない音楽の人(聴くだけだけど)のわたしが思い浮かべるのは、現代の音楽に合わせて(西洋音楽の語法で書かれた音楽に)能舞を創作するということをまず考えるのだけど(「月に憑かれたピエロ」がまさにそうでした)、青木さんの目指す方向は、新しい能謡を創作するということ。能謡を毎週聴いていたくせに(ってか、布団でまどろんでただけ)能謡をちっとも知らないわたしには、もはやちんぷんかんぷん。最初に結論書くけど、今日はとっても興味深いステキな公演だったし、演奏された作品はどれも違った素晴らしさがあったのだけど、わたしの中に、能謡を知らないという、基準点欠如の深刻な問題があったので、どこがどう新しいのかよく分からなかったのデス。裏を返せば、能と現代音楽ってあまりにもぴったり合いすぎ。分け難すぎ。というわけで、わたしのわがままは、ひとつだけ古典的な能謡があれば良かったと思いました。そうすれば、能謡を知らない人でも斬新さがもっと感じられると思ったんです。

最初の湯浅さんの曲は、アルト・フルートのソロと舞。この作品だけ、少し毛色が変わっていました。これだけ、能と現代音楽のコラボレイションの初期の(そしてその伝統はいったん途絶えるそうですが)作品なんですね。フルートのパートは完全に日本の音楽を模していると感じたんだけど、もともと能管のために書かれた作品(フルートでの演奏もOK)だったので納得です。それにしても能の舞ってステキ。感情表現を切り詰めるだけ切り詰めて、それでいて伝わってくる気持ちのエネルギーはすごくある。バレエとは全く異なる踊りだけど、どちらも愛せる、わたし。

2曲目から、青木さんの3年間のプロジェクトで作られた作品たち。2つが外国の作曲家の作品(どちらもイタリア人)、2つが日本人(どちらも女性)。大ざっぱに感じたのは、外国人の作品が(日本の)能に向かって行くのに対して、日本人の作品は能に背を向けて遠ざかっていこうという方向性が感じられました。いくら最近の日本人が日本の古典芸能を知らないとはいえ(ということを作曲者の小出さんもおっしゃっていました)、(日本語の)言葉とか深く染みついているものがあると思うのです。だから新作を作るということは必然的にまずは、離れていこうという方を向くのではないかしらと思いました。外国人は能の方を向かないと書けないというのもさもありなんです。それと、偶然、外国人の作品の伴奏がフルート、日本人のが打楽器というのも面白かったです。日本人の曲がミュジック・コンクレートの手法をより強く使っていたのも興味深い点でした(全部で4曲しか聴いてないので偶然かも知れませんけど)。

ガルデッラさんの作品は、そのまま普通の能の音楽と言っても違和感ないくらいはまっていました。バス・フルートの特殊奏法はあるけど、あらぬ方に飛んで行っちゃってる感じではなかったです。

馬場さんは、彼女がパリに留学している頃、ウェブ・サイト(ウェブ日記(まだブログがなかった時代))にコメント書いたことがあるような。ステキなサイトだったように覚えています。そんなこんなで一方的に懐かしい。謡を挟んで左右に分かれた打楽器群がホースとかペットボトルとかいろんな(打)楽器を奏するのですが、郭公とか鳥の声を模すんですね。謡は、ささやきとか無音とか扇を使ったり、今日演奏された中で一番とんがった謡の作品でした。謡の新しい表現力を感じさせてくれました。

休憩を挟んで、サニカンドロさんの曲。2011年に日本初演されるハズだったけど、震災で延期になって今日が日本初演です(初演はすでになされているようです)。作曲中のオペラの一部となるそうで、完成度の高いまとまりのある作品でした。ものすごく能の音楽を勉強して自分のものとしている感じでした。

最後は、小出さんの新作(初演)。山手線の駅名を詞に織り込んだ、丸の内OLの恋の物語。コミカルな詞、電車や駅を音にした打楽器の扱いが、わりとオーソドックスな能謡の声と不思議な融合具合で、歌のリズムが現代的で面白かったです。

今日の中では、サニカンドロさんの曲が一番印象に残りました。面白かったのは馬場さんの。でも、いろんな可能性を聴けてとても面白かったです。能の世界が分からないので、これらの音楽が、どんな風に発展していくのか予想もつかないのだけど、新しいものがたくさん生まれてそれが新しい伝統を作っていくといいな。伝統を守るって、同じことを繰り返し繰り返し倦まずやることとは違うから。時を経て同じことなんてないんだから。

こういうの、また観たいです。能謡もいつか音楽会で聴かれるようになるのかな。青木さんのこれからの活躍にも注目です。きれいなおでこにキュンとしてるわたしです。おでこの広さで勝手に親近感をいだいてたりして
[PR]

by zerbinetta | 2013-08-22 00:19 | 舞台 | Comments(0)

刺激的なマリアージュ 夢幻能「月に憑かれたピエロ」   

2012年12月10日 @すみだトリフォニーホール 大ホール

夢幻能「月に憑かれたピエロ」
シェーンベルク(作曲)
中嶋彰子(演出)

中嶋彰子(ソプラノ)、渡邊荀之助(シテ)
松田弘之(笛)、飯嶋六之佐(太鼓)
佐野登、渡邊茂人、藪克徳(地謡)
斉藤雅昭(ピアノ)
坂本久仁雄(ヴァイオリン、ヴィオラ)、大澤明(チェロ)、岡本えり子(フルート、ピッコロ)、鈴木生子(クラリネット)(アンサンブル金沢)
ニルス・ムース(指揮)


この公演の情報を見つけたとき、わたしはいても立ってもいられず観に行きたくなりました。だって、シェーンベルクの大好きな「月に憑かれたピエロ」と能の共演!こんなワクワクするような企画は、日本ならではですし、わたしの中ではこの手の企画、この間のオペラと能の二本立てを観たときから期待度高いのです。でも、「月に憑かれたピエロ」は小オーケストラ付きの歌曲。ヴィデオ作品ではシェーファーさんのゴキブリたくさんの映像があるけれども、全く予習もせずに、多分歌の脇で能が上演されるのかなぁ〜程度の認識で観に行きました。

ところが。プログラムを見ると、囃子方や謡いの人まで名前が出てる。えっ?「月に憑かれたピエロ」ピエロにインスパイアされた能を上演するのかなぁと思ったらさにあらず。歌を歌う中嶋さんも演技をし、オーケストラと能楽が同じ舞台で演奏されるらしいのです。ワクワク度マックス!
今日はその舞台の前に、この舞台の企画から演出、歌まで歌ってるソプラノの中嶋さんとシテ方の渡邊さんの20分ほどのトーク。作品のコンセプトや能の所作などについて分かりやすく話して下さいました。わたし的にはもうちょっとお話を聞きたかった。舞台の直前にはきついので、日を改めてシンポジウムみたいにしたり、舞台後にお客さんとの質疑応答を交えた座談でも良かったかなと思います。この舞台ひとつ(実際にはすでに金沢と高岡で1回ずつ公演されていますが)で終わらせるには本当にもったいない公演。わたし自身もまた観たいし、ぜひ海外でも公演して欲しいなって思います。

「月に憑かれたピエロ」。シェーンベルクの音楽と能との親和性の高さにまずびっくりしました。この曲、ヴォーカロイドとの親和性もすごいですけど、シュプレッヒゲザングと能の地謡との相性の良さに驚かされたのです。だって、地謡ってまるでシュプレッヒゲザングじゃない。こんなことに気づかされるとは。そしてこの舞台の特徴は、能とシェーンベルクの音楽を別々に捉えるのではなく、絶妙な具合に混ぜ込むこと。演じ手は、ソプラノ歌手(ピエロ)がオペラのように演技し、言葉のないシテ(女であったり般若であったり)が舞を舞ってそれに絡む。そこまでは、まだ想像の範囲内ではあるのだけど、囃子方や地謡がシェーンベルクの音楽に挟まって挿入されたり、オーケストラの中のフルートと能管と絡んだりもする、独特の世界。簡素だけれども、後方のスクリーンに心象的な月や影、縦書きの字幕が映し出され、これらがもう一体となって、月の夜の狂気の幻想を舞台に生み出すの。もうあたかもお互いの音楽と演舞が元々からひとつのもののように溶け合う。なんて高次な溶融。
舞台もとってもステキなものでした。この難しい歌を演技しながら歌う中嶋さんの大活躍。あるときはかわいらしいピエロ、あるときは悲しみに暮れるピエロ、あるときはうっとりと夢見るピエロ、それを目と耳で感じさせてくれる。そしてシテは、生身の人間が舞っているのに、面をつけてるためにこの世のものではなくなる。まさに歌の中の幻想世界。それにしても、日本語訳で読んでも難解な表現主義的な歌詞から、世界観とイメジを抽出して、夢幻の世界を創り出してることの凄さ。具体的な言葉のイメジを積み重ねて舞台を創り出すのではなく、詩の全体のイメジを自由に膨らませて物語を語ってる。そしてその物語の表現が、能の表現の中にあったことを発見したからこそ、能との共演があったのでしょうね。現実と非現実の端境は能ならではのものがあるもの。動きを切り詰めて、厚くて肉体を封じ込める着物で、面を被って生を捨てて人形(ひとがた)となる。対照的に、ふわりとした衣装で動きのあるピエロ。このふたつの対照が現世と冥界のグラディエイションの中で、対話する。

この舞台は、中嶋さんが長年温めていたものを実現させたものだけど、こんな素晴らしく、突拍子のないアイディアをどうやって生み出し、育てたのでしょう。20世紀の新しい音楽(もう100年も前の作品だから、新しいとは言えないのかも知れないけど、でも多くの人には耳なじみのしない音楽だし、聴いているとたくさんの新しさに満ちていることに気づかされる音楽)と600年も前の室町時代に完成して今に伝わっている能楽(猿楽)の時を超えた融合。洋の東西のアラベスク。舞台だけではなく、プログラムの冊子にまで中嶋さんの目が行き届いているようで、全てがひとつの世界を作っていたと思います。この舞台に関わった全ての人に感謝したい。今までで観た舞台の中で、最も忘れられないもののひとつになりました。

繰り返しになるけど、この舞台が、国内でも国外でももっと上演させて欲しいと願います。いつかまた、わたしも観られますように。
[PR]

by zerbinetta | 2012-12-10 23:40 | 舞台 | Comments(0)