<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

刺激的なマリアージュ 夢幻能「月に憑かれたピエロ」   

2012年12月10日 @すみだトリフォニーホール 大ホール

夢幻能「月に憑かれたピエロ」
シェーンベルク(作曲)
中嶋彰子(演出)

中嶋彰子(ソプラノ)、渡邊荀之助(シテ)
松田弘之(笛)、飯嶋六之佐(太鼓)
佐野登、渡邊茂人、藪克徳(地謡)
斉藤雅昭(ピアノ)
坂本久仁雄(ヴァイオリン、ヴィオラ)、大澤明(チェロ)、岡本えり子(フルート、ピッコロ)、鈴木生子(クラリネット)(アンサンブル金沢)
ニルス・ムース(指揮)


この公演の情報を見つけたとき、わたしはいても立ってもいられず観に行きたくなりました。だって、シェーンベルクの大好きな「月に憑かれたピエロ」と能の共演!こんなワクワクするような企画は、日本ならではですし、わたしの中ではこの手の企画、この間のオペラと能の二本立てを観たときから期待度高いのです。でも、「月に憑かれたピエロ」は小オーケストラ付きの歌曲。ヴィデオ作品ではシェーファーさんのゴキブリたくさんの映像があるけれども、全く予習もせずに、多分歌の脇で能が上演されるのかなぁ〜程度の認識で観に行きました。

ところが。プログラムを見ると、囃子方や謡いの人まで名前が出てる。えっ?「月に憑かれたピエロ」ピエロにインスパイアされた能を上演するのかなぁと思ったらさにあらず。歌を歌う中嶋さんも演技をし、オーケストラと能楽が同じ舞台で演奏されるらしいのです。ワクワク度マックス!
今日はその舞台の前に、この舞台の企画から演出、歌まで歌ってるソプラノの中嶋さんとシテ方の渡邊さんの20分ほどのトーク。作品のコンセプトや能の所作などについて分かりやすく話して下さいました。わたし的にはもうちょっとお話を聞きたかった。舞台の直前にはきついので、日を改めてシンポジウムみたいにしたり、舞台後にお客さんとの質疑応答を交えた座談でも良かったかなと思います。この舞台ひとつ(実際にはすでに金沢と高岡で1回ずつ公演されていますが)で終わらせるには本当にもったいない公演。わたし自身もまた観たいし、ぜひ海外でも公演して欲しいなって思います。

「月に憑かれたピエロ」。シェーンベルクの音楽と能との親和性の高さにまずびっくりしました。この曲、ヴォーカロイドとの親和性もすごいですけど、シュプレッヒゲザングと能の地謡との相性の良さに驚かされたのです。だって、地謡ってまるでシュプレッヒゲザングじゃない。こんなことに気づかされるとは。そしてこの舞台の特徴は、能とシェーンベルクの音楽を別々に捉えるのではなく、絶妙な具合に混ぜ込むこと。演じ手は、ソプラノ歌手(ピエロ)がオペラのように演技し、言葉のないシテ(女であったり般若であったり)が舞を舞ってそれに絡む。そこまでは、まだ想像の範囲内ではあるのだけど、囃子方や地謡がシェーンベルクの音楽に挟まって挿入されたり、オーケストラの中のフルートと能管と絡んだりもする、独特の世界。簡素だけれども、後方のスクリーンに心象的な月や影、縦書きの字幕が映し出され、これらがもう一体となって、月の夜の狂気の幻想を舞台に生み出すの。もうあたかもお互いの音楽と演舞が元々からひとつのもののように溶け合う。なんて高次な溶融。
舞台もとってもステキなものでした。この難しい歌を演技しながら歌う中嶋さんの大活躍。あるときはかわいらしいピエロ、あるときは悲しみに暮れるピエロ、あるときはうっとりと夢見るピエロ、それを目と耳で感じさせてくれる。そしてシテは、生身の人間が舞っているのに、面をつけてるためにこの世のものではなくなる。まさに歌の中の幻想世界。それにしても、日本語訳で読んでも難解な表現主義的な歌詞から、世界観とイメジを抽出して、夢幻の世界を創り出してることの凄さ。具体的な言葉のイメジを積み重ねて舞台を創り出すのではなく、詩の全体のイメジを自由に膨らませて物語を語ってる。そしてその物語の表現が、能の表現の中にあったことを発見したからこそ、能との共演があったのでしょうね。現実と非現実の端境は能ならではのものがあるもの。動きを切り詰めて、厚くて肉体を封じ込める着物で、面を被って生を捨てて人形(ひとがた)となる。対照的に、ふわりとした衣装で動きのあるピエロ。このふたつの対照が現世と冥界のグラディエイションの中で、対話する。

この舞台は、中嶋さんが長年温めていたものを実現させたものだけど、こんな素晴らしく、突拍子のないアイディアをどうやって生み出し、育てたのでしょう。20世紀の新しい音楽(もう100年も前の作品だから、新しいとは言えないのかも知れないけど、でも多くの人には耳なじみのしない音楽だし、聴いているとたくさんの新しさに満ちていることに気づかされる音楽)と600年も前の室町時代に完成して今に伝わっている能楽(猿楽)の時を超えた融合。洋の東西のアラベスク。舞台だけではなく、プログラムの冊子にまで中嶋さんの目が行き届いているようで、全てがひとつの世界を作っていたと思います。この舞台に関わった全ての人に感謝したい。今までで観た舞台の中で、最も忘れられないもののひとつになりました。

繰り返しになるけど、この舞台が、国内でも国外でももっと上演させて欲しいと願います。いつかまた、わたしも観られますように。
[PR]

by zerbinetta | 2012-12-10 23:40 | 舞台 | Comments(0)