<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

大人の女は憧れより現実よっ ジゼル 新国立劇場バレエ団   

2月23日 @新国立劇場

ジゼル

ジャン・コラリ、ジュール・ペロー、マリウス・プティパ(振り付け)
アドルフ・アラン(音楽)

米沢唯(ジゼル)、厚地康雄(アルベルト)
厚木三杏(ミルタ)、輪島拓也(ハンス)、他

井田勝大/東京交響楽団


新国バレエ,2回目です!ジゼル。
とまず、今日はオーケストラを褒めねばなるまい。井田さんがとっても良い指揮をして下さったの。ダンサーに寄り添うっていうか、すうっとダンサーに合わせて音を出し入れするみたい。ダンサーがきれいに見える音楽ってあるよね。ジャンプのタイミングに合わせたり,フィニッシュを決めたり。そんな音楽に聞こえたのです。井田さん凄い。バレーの音楽の演奏(伴奏って言いたくない)って特別で、オペラやコンサートの演奏よりも下に見られてる傾向があるけど、バレエを総合芸術と捉えると,そんなことない。指揮者にはかなり難しいプロフェッショナルなことが要求されるし、音楽と踊りがマッチしたときの気持ちの良い美しさったら、極上のステキですものね。井田さんまだ若いけど、バレエで活躍する指揮者になって欲しいな。

ジゼル。この振り付けは,ロイヤル・バレエで観たのと(だいたい)同じです。大きな違いは、ハンスがジゼルの家に狩った鳥をぶら下げないこと、じゃなくて、第1幕のパ・ド・シスがパ・ド・ドゥになっていることです。村の男女の踊りを6人で振り分けるところが2人なので,ひとりひとりの出番が多くなって(3倍増し)、主役のジゼルの踊りが相対的に少なくなっちゃった感じがしました。

わたしの印象は、前回同様、とっても良いでした。ひとりひとりの細かなお芝居は、ロイヤル・バレエに敵わないけど(だって、ロイヤルの演劇性は世界一だもの)、全体のまとまり方、コールドのそろい方なんかはとってもきれい。ひとりひとりが全体の中できちんと踊ってる。ロイヤル・バレエは、ひとりひとりが個性を表に出すことで演劇性を高めてるんだけど,両刃の剣で、揃えるところで個が立っちゃうことがあるのね。その点、新国バレエはきれいに揃えてきますね。白いバレエの第2幕はうっとり。

輪島さんのハンスは、不器用青年系。いつも観てたのは、粗暴な面がもう少し出るキャラクターだったので、ちょっと弱いかなぁ〜っても思ったんだけど(ジゼルが死んだとき激しい後悔よりもどうしてよいのか分からないふうだったり)、そういうところがもう少し強くなると、第2幕でもひたすらジゼルを愛するキャラクターが生きるのでは,なあんて思いました。でも、そうなればそれで、ジゼル。目を覚まして〜、現実を見るのよ!って叫びたくなっちゃう。そう、端から見ているわたしは、アルベルトきらい。
ミルタの三杏さんは、もう少し貫禄が付けばなぁって思いました。ウィリ界に君臨する絶対女王として。そうすれば、最後、ジゼルの愛がもう少し鮮烈になるのにな。でも、安定した踊りはステキでしたよ。
1幕のパ・ド・ドゥは、細田千晶さんと奥村康裕さんのペア。おや、主役を食っちゃうんじゃないかと思うくらいステキでした。といいつつやっぱり主役のおふたりはステキでした。アルベルトには,全く好意を示さないわたしなので、アルベルト役には辛口なんですが、厚地さんはとっても良かったです。第2幕も一所懸命ジゼルを求めて。でもわたしは叫びたい!この二股野郎!去ね!!と。ジゼルの唯さんは、第1幕ではちょっと子供に見えちゃって(日本人って子供っぽく見えちゃうし〜。ずっと外国人で見てたから,顔年齢認識改めないと)なんとなくふにふにした気持ちでいたんだけど(わたしが悪い)、第2幕はうんと良かったです。主役のおふたりとも,というか全体的に第2幕が素晴らしかった。より言葉のない抽象的な世界だからかな。もしかすると、わたしまだ、(日本語のマイムに)見えない違和感を持ってるのかも知れない。早く慣れなきゃ。(当たり前のことですが、日本語より英語の方がいいとかその反対ではないのです。それから、バレエのマイムはもちろん世界語だけど、日本人の表現、ロシア人の表現、イギリスの表現ってあると思うんです)

今回は、ロイヤル・バレエでも何度も観た振り付けのバレエだったけど、ますます、新国立劇場バレエ団が好きになりました。もっともっと観に行かなければ。求む!金のなる木。というかできたら金のなる森。
[PR]

by zerbinetta | 2013-02-23 00:08 | バレエ | Comments(4)

メシアンへの愛と遙かなる青春の染み priem wind ensemble   

2013年2月3日 @かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール

バッハ/シェーンベルク/隠岐徹:前奏曲とフーガ(BWV552)よりフーガ
一柳慧:poem rhythmic for wind ensemble
メシアン:異国の鳥たち
寺井尚行:thread for wind orchestra
ドビュッシー/佐藤正人:海ー管弦楽のための3つの交響的素描

近藤麻美(ピアノ)
隠岐徹/priem wind ensemble


吹奏楽の音楽会に行ってきました。アマチュアの団体なのでここに載せるのはどうしようかなと思ったのだけど、素晴らしかったし、無料の音楽会ではないので書くことにしました。

吹奏楽の音楽会に行ってきました。聴き始めたとたん涙が出たのは、高校の吹奏楽部の音楽会に好きだったホルン吹きの人を観に行って以来という、忘れていた酸っぱさをうっかり思い出してしまったからかなぁ。わが青春の染み。吹奏楽にはオーケストラにはない独特の音色があるのですね。それがじーんときてしまった。最初のフーガを聴いたときには、それほど上手い団体だとは思わなかったんだけどね。なんか恐る恐る音を出しているところもあったような感じで、上手く吹かなきゃっていう音が聞こえました。
一柳慧さん(オノヨーコさんと一時結婚してらしたのね)の曲は、もっと現代音楽っぽいのを予想してたら、分かりやすい音楽だったのでちょっと肩すかし。吹奏楽の曲って、最近書かれ続けてる音楽でも,分かりやすい音楽が多いですね。演奏団体がアマチュアが多いからかしら。そこがちょっと、クラヲタ、プチ・コンテンポラリー音楽好きのわたしには不満なところ。オーケストラや弦楽アンサンブルの音楽と肩を並べる作品が少ないように思えるんですね。クラヲタさんと吹奏楽ファンの間には飛び越えられない溝がありそうだし。管楽合奏を弦楽合奏が中心になるオーケストラのように扱ってしまうのが良くないのかしらね〜。クラシック作曲家の中にもモーツァルトやシュトラウスとか管楽合奏のための曲を書いた人はいるけど、あまり吹奏楽の音楽会では採り上げられないし。あっホルストはわりとよく演奏されるのかな。

という、もやもやを晴らすようにメシアンの「異国の鳥たち」。そう言えば,メシアンにも管打アンサンブルの曲いくつかありますね。ピアノは近藤麻美さん。わたしもメシアン大好きですけど、このアンサンブルのメシアン大好きっぷりも半端ない。ウェブ・サイトには、特集ペイジまであって、なんと!出てくる鳥の姿と鳴き声が見聞きできる!(外部リンク) この曲をやろうという意気込みが感じられます。演奏も、技術的に難しい曲だと思うけど、かなり練習したのでしょう、音にする以上のものが聞こえてきました。もちろんアマチュアだから完璧とまでは言えないものの、メシアン愛を楽しめました♡最後が3拍子になっていたのがちょっともったいなかったけどね(ぐびっ。細かい。メシアン愛ライヴァル意識丸出し)

休憩の後は、寺井尚行さんの「thread」という曲です。今日は何故か日本人作曲家の作品名が英語で、外国の作曲家の作品が日本語訳で曲名が付いていたのが面白いです。調性がないようであって,メロディがないようであって、リズミックで,とっつきにくそうに見えて分かりやすいツンデレタイプの曲。すぽんと終わってしまって余韻が残る。小太鼓かっこいいよね。

最後のドビュッシーはほんとびっくりした。こんな繊細な曲、吹奏楽に編曲したらどうなるんだって思ったら、めちゃくちゃいいじゃない。これはとても良い編曲。オーケストラとは音色が変わってるけど、海の景色はちゃんとそのまま。ちゃんと、ドビュッシーの香り。さいごはもうちょっと、はっちゃけて欲しかったけど、ここまで緻密な演奏を成し遂げた演奏者たちに大拍手。学校のクラブでもない、プロを目指すアマチュアでもない、社会人のアマチュアのサークルでここまでできるとは。ひとりひとりが音楽が好きで,練習が好きで、目標がはっきりしていて,優れた指導者にも恵まれているのでしょう。なんだかとっても羨ましくなっちゃった。わたしも楽器ができれば、こんな仲間と音楽したかったな。

priem wind ensembleの演奏、ウェブ・サイト(youtubeへリンク)から聴くことができます。次の音楽会の情報はまだないのだけど、ぜひまた聴きに行ってみたいです。
[PR]

by zerbinetta | 2013-02-03 22:22 | 吹奏楽 | Comments(2)