<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

カレーライス、いやステーキ 隅田川2題   

2013年3月23日 @神奈川芸術劇場

ブリテン:カーリュー・リヴァー

花柳壽輔(演出/振り付け)

鈴木准/篠井英介(狂女)、大久保光哉/大沢健(渡し守)
井上雅人/花柳登貴太郞(旅人)、浅井隆仁/板東三信之輔(修道院長)、他
角田鋼亮(指揮)

清元 隅田川

花柳壽輔(斑女の前)、花柳基(舟長)


ロンドンで「カーリュー・リヴァー」とその元になった能「隅田川」のステキな公演を観てから、こういう舞台を観たいと思っていたので、見つけてそそくさと観に行ってきました。「隅田川2題」。オペラの「カーリュー・リヴァー」とこちらも能を元にした日本舞踊、清元「隅田川」。さてはて、どんなになるのでしょう。

今日は午前中は、隅田川の妙亀塚をお花見がてら見に行ってきました。後年、斑女が庵を結んで、梅若の霊を弔ったところです。ひっそりと静かに。

そんな隅田川にどっぷりつかるような(って身投げしたんじゃないよ)午前中を過ごしたので、KAATの近所にせっかくある中華街には寄れませんでした。しかも、うっかり県民ホールの方に行ってしまうし。何とか開演前に無事についた会場は、予想通り、日本舞踊を観に来たとおぼしき着物のお客さんとオペラを観に来た洋服のお客さんが混じっていました。皆さんそれぞれどのように感じられるんだろう?

今日はオペラが先。ステージは能舞台のような形に白木の床になっていて、舞台装置は何もなしの至ってシンプル。黒い衣装のソリストと合唱が前詞をアカペラの歌って音楽が始まります(ごめんなさい。彼らが歌いながらステージに現れた(たぶんこちら)のかステージに並んでから歌い出したのかはうっかり失念)。そして、舞台の左脇に退いて座って舞台が始まる。歌は、能の囃子方のように座ったまま演技はせずに歌うだけ。演技はもっぱら日本舞踊の人です。少人数のオーケストラはピットに。オペラを能のような形態で舞台にしたのね。歌は日本語に訳した歌詞を歌いました。カーリュー・リヴァーはスミダガワに置き換わっています。このことについては後でまた書きますね。ちなみに、ブリテンが作ったカーリュー・リヴァーという隅田川に当たる地名は、bush-stone curlew = オーストラリアイシチドリ(アボリジニの伝説では死と深く関わってるそう)と梅若丸の辞世の句「たづね来て とはゞこたへよ都鳥 すみだの河原の露ときへぬと」に出てくる都鳥(ユリカモメ)を思い出させますね。

一方の清元は、出てくるのは斑女と舟長だけ。初めて観る清元。ノッペリとした白塗りの舟長の顔がウルトラマンみたいって不謹慎なこと思っちゃって。ふたりのやりとりが最初コミカルでなんだかな〜って思って観てました(ほんとは深刻な内容なのかしら?感受性の低いわたし)が、最後にどかーんと絶望の奈落に落とされて、ずっしりと石を飲み込んだよう。なにこれ?ブリテンの「カーリュー・リヴァー」には救いがあるのに、能だって最後の退出の時、心を戻す時間があるのに、いきなり幕が落ちて、底に沈んだまま取り残されるとは。正直、今日はこれが一番衝撃的でした。びっくりして言葉が出ない。そういう内容なんですか??凄い。。

清元の方は、日本舞踊も初めてだし、何も気の利いたことは言えないんだけど、オペラの方はちょっと考えさせられました。
能の様式を採り入れて舞台を作る、というのはいいと思うんです。わたしもやってみたいアイディア(わたしの場合は「トリスタン」でこれをやってみたいんですけどね)。ただ、ブリテンが能にインスパイアされて作ったこのオペラ。黙っていても能の要素を持ってる。ブリテンは、能楽師が様式的に舞台に登場し、退場するように、歌手たちを単声聖歌を歌わせながら舞台に登場させ、退場させるのだけど、それはまるで教会での宗教儀式のよう(カトリック教会での僧が香を振りながら会堂をまわるのを思い浮かべてます)。そこに、ブリテンの強い宗教的なメッセージの存在を感じるのだけど、ブリテンが能に感化されて、それを独自の宗教的な世界に移したのに、さらに能の世界に形式だけ見て返してしまったために、ブリテンの一番のメッセージが伝わらなくなってしまっていました。それがとっても残念。また、歌を脇で歌わせて、演じるのは舞踊家というのも違和感を感じました。能の場合はシテも重要なところは謡うので、歌手に演じさせた方が良かったのでは、もしくは上手くいくかどうかは分からないけど、舞踊手の脇で黒子のように振る舞いながら歌う。もちろんそうすると歌手の演技力が問題になるのですけど、狂女の鈴木准さんは、ロンドンではとってもステキな演技者でもあったのでそれは残念です。
歌詞は先にも書いたとおり、日本語訳を歌いました。わたしはオペラは、現地語上演があっても良いと思っているので(というより、全部を原語上演にしない方が良いと思ってる)、これは問題ないのだけど、カーリュー・リヴァーをスミダガワとしてしまったのは、ブリテンの深慮を無視して、なんだかみすみす日本のに同化させてしまったことを象徴しているようでちょっと嫌でした。隅田川は、伊勢物語にあるように、東国の最果ての地。だけど、さらにブリテンは、カーリュー・リヴァーという架空の川にすることによって、死のイメジを(三途の川のイメジ)を持たせています(しかも都鳥とイシチドリという鳥を介してだなんてブリテンの洞察力には感服します)。その違いはとっても重要。かなり意識的に注意深く言葉を選んでる、と思うのだけど、あっさりと隅田川に戻してしまうのは、ブリテンの意図を汲んでいないと思わざるを得ません。むしろ、江戸時代になってお花見の名所となった隅田川のイメジを使って、最後の絶望を強調した清元の潔さを買います。
日本的な演出、舞踊や能との融合のアイディアはステキだと思うけど、ブリテンのオペラの本質を置き去りにして、表面だけを同化させてしまったのが、わたしには不満足でした。それによって、内容の凄さが曖昧になっているように思えたので。仏教的な精神を持つ能や清元の世界観と西洋人の(キリスト教的な宗教観の上に立つ)ブリテンのオペラでは、根元のところで違っていると思います。その違いを、曖昧にするのではなく、シャープに見せて欲しかったです。清元の幕切れがとてもインパクトがあったのでなおさらそう思いました。絶望、諦観の物語と救いの物語。同じ話の全く違う物語。
ブリテンは能に触発されるも決してこれを同化しないで、独自の世界観を貫いてる。それは大事にして欲しいし、もし変えるのなら、単純な同化ではなくて説得力のある変え方をして欲しかった。インドにもイギリスにもないカレーライスしかり、中国にないラーメンしかり日本人の同化力って凄いですからね。この力はちゃんと使わないと危険です。あっこの場合、本質を骨抜きにしているので日本の柔らかいステーキかな。あれはナイフとフォークでがしがしと肉を食べることのヨロコビを奪ってるから。

歌手、舞踊、オーケストラ、清元節の皆さんは、とっても良かったです(清元は初めてなのでほんとは良かったなんて分からないんですけど、観ていて楽しかったから)。大きな拍手を送りました。批判的に書いてしまったけど、舞台について深く考えさせられた公演で、やっぱり観に行って良かったです。
[PR]

by zerbinetta | 2013-03-23 23:02 | オペラ | Comments(0)

春のうららの隅田川   

c0055376_043410.jpg
春爛漫。お花見しなくちゃ。桜のお花見は、USにいたときにポトマック川のほとりやケンウッドに桜を観に行って以来。いいね〜桜。華やぐね〜(といいつつ、桃の方が好きだったり)。出かけたのは隅田川。前回はまだ花咲いてなかったしね。は〜るのうらぁら〜の す〜み〜だ〜が〜わ〜〜♪
とてもたくさんの人たちが花曇りで時々顔を出す春ののんきなぽかぽかのお日さまの下でお花見。たくさんの露天も出て、楽しんでいます。わたしは、川の土手の遊歩道をそぞろ歩きながら、春のうららかな風をいっぱいに楽しみます。
なんかみんなに混じってへたくそな写真もパシャパシャ。何故かスカイツリーが覆いです。

スカイツリーと桜
c0055376_052045.jpg

乳待山聖天の庭から眺めるスカイツリー
c0055376_053786.jpg
c0055376_055966.jpg

それにしてもスカイツリーって日本の伝統的な建物と対比されるとものすごい違和感ですね。バベルの塔でも見てるみたい。

さて、わたしは実は、隅田川の桜を見に行ったのではなく、ましてやスカイツリーを見に行ったのでもなく、本当の目的は、この間うっかり忘れていたところに行くことなんです。この間は、隅田川の東岸の木母寺に梅若塚を見に出かけたのだけど、対岸に梅若塚と対をなすように妙亀塚というのがあることを帰ってきてから知ったのです。これは行かねば片手落ち以上じゃないですか。だって、「隅田川」って梅若の物語と言うより母、斑女の物語なんですから。そう、妙亀塚というのは、掠われた我が子、梅若の死を知って世を儚んだ斑女が尼となり妙亀尼と名乗って庵を結んだことにちなんで祀られた塚なんです。
c0055376_064199.jpg

梅若伝説をおさらいしましょう。
梅若丸は平安時代中期(960年頃)京の北白川に住んでいた吉田少将惟房の子として生まれます。ところが梅若5歳の時に父が亡くなり、7歳で比叡山の月林寺に入ります。そこでの梅若は学業に優れていたのだけど、同じ比叡山、東門院の稚児、松若丸と学才を競うほどになって、それぞれの背後に付く僧たちの争いまでに発展してしまいます。12歳になった梅若は、このことに悩んでひとり寺を抜け出して下山したとき、陸奥の国の人買い、信夫藤太に拐かされて何人かの少年とともに東国に連れて行かれることになります。
途中、梅若は病気になってしまい、隅田川のほとりまで来たとき、信夫藤太に捨てられ、哀れに思った土地の人たちの看病むなしく、そこで息を引き取ります。976年3月15日(旧暦)のことです。このとき、たまたまこの地を通りかかった忠円阿闍梨という僧が塚を築き、柳を一株植えて標とします。
翌る年の3月15日(ここから「隅田川」の物語が始まります)、里の人たちが柳の下に弔いの念仏を唱えているところに、我が子を訪ねてもの狂いのようになった女が、迷い来ます。そこで、愛児の死を知った母、斑女は悲しみにくれ涙を流して祈っていると、塚の上に我が子の姿が幻のように見え声が聞こえてきます。里人もその声を聞きますが、夜明けとともに消えていき、悲しみのまま見ると草茫々の塚(ここで「隅田川」は終わり)。斑女はこの地に草堂を営み念仏を唱えて永く梅若の霊を弔いました。
c0055376_071491.jpg
妙亀塚は小さな小さな公園のようになったところにひっそりとありました。静かな住宅地、寺でもありません。小高く盛った土の上に誰知らず佇んでいるようです。川の反対側の梅若塚を見守るように。物語の結びの無常を感じさせるように、何も顧みられずに。「隅田川」の物語には救いはありません。でも、最後には苦しみを離れて寂滅の境地に達したのでしょうか。
c0055376_04152.jpg

[PR]

by zerbinetta | 2013-03-23 00:03 | 随想 | Comments(0)

熱血完全燃焼 千々岩英一、宮本文昭、東京シティフィル シベリウス、ショスタコーヴィチ   

2013年3月16日 @東京オペラシティ コンサートホール

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

千々岩英一(ヴァイオリン)
宮本文昭/東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団


この間、聴きに行って好感触だったシティ・フィル。今年度のテーマが完全燃焼だそうで音楽監督は宮本文昭さん。わたしにとって宮本さんは違いの分かる男の人でも、指揮者でもなく、オーボエストなんですが、いつの間にかに指揮者になられたのですね。基本的にわたしは、餅は餅屋な人なので、オーボエでの演奏活動は止めたとはいえ、指揮者としては未知数の宮本さんはちょっと怖いもの聴きたさ。でも、当日券だったら1000円という魅力に抗えず、タコだし〜(嘘です。タコがあるの会場に来てから知りました)、でも、もっと大きな理由は、ツイッターでフォローしているパリ管弦楽団の副コンサートマスターの千々岩さんがシベリウスの協奏曲を弾くからなんです。ちょっぴりお知り合いになった人の音楽会、ドキドキしながら聴いてみたいじゃないですか。

でもね、同時に、こんなブログを書いてる身としては、SNS上とはいえ知り合いのことをちゃんと批評して書けるのかという心配もいっぱい。書かなきゃいいんだけど、一応聴きに行った音楽会は良くても悪くても全部書いてるし〜、おべっか使うと言葉に力なくなっちゃうし。はい。アホですね、わたし。聴く前から心配してるなんて。

そうアホな心配は音楽が始まるとすぐ、晴れ渡るように霧散しました。千々岩さんの音とってもきれい。一流のオーケストラってソリスト並みのコンサート・マスターを持ってること知ってるけど(ニューヨーク・フィルのもそうだし、突然キャンセルしたソリストの替わりにシベリウスを弾いたロンドン・シンフォニーのシモヴィックさんも凄かった)、パリ管の千々岩さんも確実にそのひとり、ということが分かりました。はっきりとした遅めのテンポで丁寧に弾いていきます。ひとつの音もないがしろにしない。つーんと冷たい音色ではなくて、室温でいただく、きりっとしたおいしい純米酒のような音色。または、室温で飲むペリエのような爽やかさ。オーケストラのバックも雄大に音楽をつけていきます(第1楽章はヴァイオリンに覆い被さって凌駕する部分があっても良かったと思いましたが)。ソロとオーケストラのバランスのとれた演奏です。
第2楽章に入ってあれれ。さっきまで好調だったオーケストラがどうしちゃったのって感じ。叙情的な楽章は,もうちょっと粘ってもとも思いましたが、歌いすぎない、でも陰のような情念をたたえてる音楽は、暗くて重みのある音楽。後半はオーケストラも持ち直して、ヴァイオリンとオーケストラが反対向きに音楽を壊すさまがスリリングでした。反対のベクトルで引き合ってる。
今日の演奏で一番性格がはっきりしていたのが第3楽章です。千々岩さんは、しっかりとアクセントを強調して、土の香りの強くするのほんずな踊りの音楽を弾いていきます。春の祭典のような、あそこまで吹っ切れて土俗的な踊りを踊るのが新鮮でした。主張がはっきりとして,千々岩さんはこれがやりたかったんだなって思いました。交響曲第2番の叙情性から第4番の闇に落ち込むところの暗いシベリウス。キーワードは大地とか土かな。
千々岩さんのアンコールは、細川俊夫さんの無伴奏ヴァイオリンのためのエレジー。これが、シベリウスのポスト・スクリプトのように聞こえてとっても良かったの。これを聴けただけでも今日の音楽会に来た価値ある。空気が一点に吸い込まれる,心臓をきゅうっと掴まれるような時でした。ブラヴォー。

タコの交響曲第5番は、初っぱなからど真ん中。力強く気合いの入った音で気持ちいい。鋭い刀で切ったような冷たさはないけど、がつんとくる感じは捨てがたい。オーケストラのテーマの完全燃焼という言葉に納得。宮本さんの音楽は、奇をてらわず、堂々としていて,熱い。大ぶりな身振りと,大音量の唸りで(これはもちょっと控えた方が良いかと)、オーケストラをぐいぐい引っ張っていきます。まるで、高校生と熱血教師。わたしが高校生だったら,こう演奏したいなって演奏。青春青春。だからストレイトで、ショスタコーヴィチがちりばめたたくさんの斜に構えた皮肉や諧謔は薄まってる,というか聞こえない。だから第2楽章は、まともすぎてかえってつまらなくなっちゃったけど、全体的にはぐっとくる演奏。わたしだって熱い青春時代はあったのだ。というか、今でもまだ熱いんじゃないかと思わせてくれるような音楽でした。最初っからゆっくり目のテンポ設定だったのだけど、第4楽章が特にゆっくりで,いつアチェレランドするのかってドキドキワクワクしながら待ってたら、(ちょっぴり速くはなったけど)最後までじっくり。焦らされ焦らされ心を押し上げてくるのだけど、それは、お終いの方のホルンと弦楽合奏の静かな部分が終わって、小太鼓に乗って木管楽器が主題を再現させるところで頂点に。と思ったら、最後の最後、やってくれました。象の歩み。こんなテンポで!なんだか不思議な感じ。勝利でもない、悲劇でもない、物語性も感じない。だからいい。
実は、宮本さんが何を考えてこういう演奏にしたのかは,つかみ損ねてるのだけど、自分が若返ったような気がして、超アンチ・エイジングな演奏、アンチ・エイジング美容液ぱしゃぱしゃするより、わたしにはこっちの方がよっぽどいいなぁ。

シティ・フィル、弱音をもうちょっとってところもあったけど、宮本さんとどんな音楽を作っていくのか,もっと聴いてみたくなりました。
[PR]

by zerbinetta | 2013-03-16 22:04 | 日本のオーケストラ | Comments(2)

隅田川お散歩   

旧暦3月15日は、梅若伝説となった梅若丸の命日です。梅若丸は、平安時代の中頃、円融天皇の御代に京で人買いに掠われ、陸奥の国に売られていく途中、隅田川のほとりで亡くなったと伝えられている稚児です。その物語は、観世元正の能「隅田川」を始めとして、それを元にした舞踊、清元「隅田川」、さらには能を観て感激したイギリスの作曲家、ブリテンのオペラ「カーリュー・リヴァー」などとなって今でも多くの人の心を打っています。
わたしがこの物語に出会ったのは、日本人としてはちょっと恥ずかしいのだけど、去年の9月、ロンドンです。イギリスで能「隅田川」とオペラ「カーリュー・リヴァー」の2本立て公演という意欲的な舞台を観たのです(この舞台は東京でも11月(10月?)に上演されています)。能とオペラ、オペラは能にインスパイアされて作られたものですけど、同じ物語のふたつの作品のつながり、違いがとっても刺激的に楽しめたんです。にわか隅田川フェチになってしまいました。
そしてこの3月、日本でも、今度は、舞踊(これも能を元にした作品です)とオペラの意欲的な上演があります。なので、せっかくだから、梅若伝説のゆかりの地を歩いてみようと思ったんです。隅田川好きだし。それからもうひとつ。ふふふ、こちらの方が大きい理由かも。それは、毎月15日の梅若丸の月命日の日にだけ出る、向島(隅田川の対岸(東側)です)の梅鉢屋さんのお菓子、梅若を買い求めに行こうと思ったんです。花より団子。

目的地は、梅若塚のある木母寺。出発は浅草、浅草寺。仲見世をお上りさんのように(って本物のお上りさんだけど)冷やかして、混んでる浅草寺は通り抜けて、まずは乳待山聖天にお参り(と言っても宗教苦手なので観るだけ)。なにげに好きなんですよ、ここ。お正月に甘酒を飲ませてくれてお下がりの大根をもらったからかな。
それにしても、この辺からいつもよく見える、スカイツリーって今日のように薄ぼんやりと霞がかかった向こうに見えると、なんだか非現実的で、SF映画の敵の惑星に来たみたい。異質物も時がたてば同化するのかな。
c0055376_2256383.jpg


川沿いの遊歩道を歩くと、なんだか、テムズ川を思い出しちゃう。桜橋を渡って、でも桜の季節にはまだ少し早くて、つぼみは堅いので、今日は長命寺の桜餅は素通り。桜の季節にまた来よう。葉桜もいいかな。
c0055376_22562823.jpg

ちょうど良いお散歩コースだと思ったけど、意外と距離あるのね。4キロくらい。秋山小兵衛が隠居暮らしをしていた鐘淵はもうすぐそこ。のんびりとことこ。途中で道に迷ったりしながら。
たどり着いた、木母寺は近代的なお寺で、それもそのはず、梅若塚を祀って建てられた元々あったところから都営住宅を建てるために移転していたんです。梅若塚もここではなく、元々あった跡にひっそりと立っています。でも、木母寺には戦災を免れた梅若堂があります。ガラス張りの覆いがしてあるのは、防災条例のためこのあたり、木造建造物が建てられないそうなんです。なのでガラスの建物の中に木造のものを残したとか。苦肉の策ですね。ググって写真を見ると、何もないとても素朴なお堂だったけど、今日は華やかな像が飾ってあったけどひな祭りだから?
c0055376_22572738.jpg
c0055376_22575115.jpg
c0055376_22581990.jpg

本家の梅若塚の方は、都営住宅のすぐ目の前。どこかのお宅の窓のすぐ外。ここで亡くなった梅若丸を土地の人が弔ったのですね。当時、隅田川といったら東の果て。こんなところまで下ってきて亡くなるなんて、なんて悲しいんでしょう。彼の辞世の句は「たずねきて問はば答えよ都鳥すみだ川原の露と消えぬと」。京への思いはいかばかりであったことでしょう。もう少し静かな場所のまま眠らせてあげたかった。それとも、人々の煩雑な日常の中で顧みられずひっそりとあり続けるのこそふさわしいのかな。でも、1000年の時を超えた今でも、命日にはお祭りがあったり、謡曲があったり、物語がいつまでも人の心に覚えられているのは、生者と死者をつなぐ最高の供養なのかも知れません。

花より団子。帰り道にわくわくしながら梅鉢屋さんに寄ったんだけど(ここでも道に迷った)、がーーーん。なんと、梅若売り切れてたーーーー。いつもは売り切れることあまりないのに、今日はどうしてでしょうかねぇ、なんて言われるも、涙目。梅若丸の涙(雨)?代わりに、砂糖漬を買って帰りました。
[PR]

by zerbinetta | 2013-03-15 22:40 | 随想 | Comments(0)