時をかけるポリフォニー ノット/東響 リゲティ、パーセル、ツァラトゥストラ   

2016年4月16日 @東京オペラシティ

リゲティ:「アトモスフェール」
パーセル:4声のファンタジア z.742、z.739
リゲティ:「ロンターノ」
パーセル:4声のファンタジア z.737、z.741
リゲティ:「サンフランシスコ・ポリフォニー」
シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」

神戸愉樹美ヴィオラダ・ガンバ合奏団
ジョナサン・ノット/東京交響楽団


今シーズンから定期会員になってみる東響、定期公演デビュウの前にフライング気味にオペラシティ・シリーズの開幕を聴きに来ました。だって、リゲティやるんですもの。それも音楽監督のノットさんで。生ノットさんは初めてなんですが、わたしがノットさんを知ったのは、ベルリン・フィルとのリゲティの作品集のCDなんです。それにとても感動して。それを今度は、オーケストラは違うけど生で聴けるなんて、幸せ。しかもですよ、プログラミングが凝っていて、リゲティは、ポリフォニーつながりで、パーセルのガンバ四重奏曲と組み合わされるのです(リゲティとパーセルの曲を交互に切れ目なく)。プログラミングは、わたしが音楽会で一番重要視しているところなので、こんなステキなプログラムに驚嘆と感嘆を覚えるのです。

ヴィオラダ・ガンバはステージ後ろの合唱席下手側で弾きます(わたしの席からは無念。死角になりました)。リゲティの曲があって、続けて(アタッカではなく、交響曲の楽章のように少し間を置いて)パーセル。300年の時を隔てて、音楽のスタイルも全然違うのに、お互いに溶け合うように交互に響きあう不思議。バロック音楽と現代の音楽の親和性が高いといつも思ってたわたしもこんなにも!ってびっくり。ピリオド・スタイルってアーノンクールさんがおっしゃるように、単に作曲された当時の楽器で当時の演奏法を百科事典的に再現することではなくて、当時の人たちの耳にその音楽がどう新鮮に聞こえたかを今のわたしたちに再現すること。それはまさしくコンテンポラリー(同時代の/現代の)で今の時を指向してる。だからこそ時代を超えた音楽が今の音楽として聞こえるのですね。ポリフォニーつながりで曲を配してそのことを実際の音で聴かせて証明してくれたノットさんの慧眼にブラヴォーです。

リゲティの「アトモスフェール」と「ロンターノ」って一見、似通った音楽に聞こえるのだけど(素人ぶりを暴露)、今日の演奏では、全く別物の音楽に聞こえたのはもうひとつのびっくり。「アトモスフェール」は、原初的でもやもやしていてまだ実態のない感じの、頭によぎったイメジでは、未受精卵の周りにもやもや漂っている無数の精子。それに対して「ロンターノ」は、形をなした(多分、音楽の背後に聞こえてくる聖歌のようなメロディ!がそうさせるのでしょう)、命を得た胎児を内包している子宮。お腹に耳を当てて命の胎動を聞くように、聞き耳を立てて音楽に吸い込まれる快感。目を瞑ったその先にある何か。

と、なんちゃって哲学的な独白をしてみたけれども、後半の「ツァラトゥストラ」は、冒頭の超有名な派手やかさとは対照的な哲学的な演奏。ここで、今日のキーワード、ポリフォニーが断然生きてきます。「学問について」のフーガはもちろん、そこに至る「世界の背徳を説くものについて」からの弦楽器の細かな分奏で’マイクロ・ポリフォニー’!のように扱われる音たちが、リゲティの世界とつながって聞こえるのはステキ。外連味のある「ツァラトゥストラ」を期待すると、細かく丹念に描き出される音の糸の綾で紡がれた音楽に肩すかしを食らわせられるけど、わたしは、この演奏にステキな新しさを感じました。

今年から会員になってみたノットさん率いる東響の定期演奏会、ますます楽しみで待ち遠しくなってきました。


.
[PR]

# by zerbinetta | 2016-04-16 14:27 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

back to the future 同時代の音楽 ロト/都響 ストラヴィンスキー   

2016年4月12日 @東京文化会館

ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」(1911)、「火の鳥」(1910)

フランソワ・グザヴィエ・ロト/東京都交響楽団


「ペトルーシュカ」と「春の祭典」だと思って行ったら「火の鳥」だった今日の音楽会。指揮者は、去年、読響さんを振ったのを聴いて大絶賛のロトさんだし、そのロトさん、ピリオド・スタイルの「春の祭典」のCD(わたしは未聴)が話題になっていたので、とても期待していた音楽会でした。そしてその期待は裏切られることなかった。ロトさん最高!都響がんばれ!

4月始まりの都響のシーズン・オープナー。と言っても、音楽監督はお留守で、特別なこともしない、いつもの定期演奏会なんですね。日本のオーケストラのシーズンって4月始まりと西欧のように秋始まりがあるみたいでこんがらがるんだけど、シーズン開幕に特別感がないのもそれを助長してるのかも。これはちょっと残念。

ストラヴィンスキーのバレエがふたつ、でも、今回はひとつひとつあれこれ書くよりも、2つ対比して書いた方がいいかな、って思える音楽会でした。
ロトさんのアプローチは、「ペトルーシュカ」と「火の鳥」では全然違ってて、「ペトルーシュカ」では、音楽の前衛性(複調とか異質なものを積み重ねていくやり方とか)を強調。他方、「火の鳥」の伝統的なロシア音楽の親しみやすさと楽器の響きの革新。20世紀始まりの当時、ストラヴィンスキーのバレエ音楽を初めて聴いた人たちの驚きを、今のわたしたちにも、ーもう100年も前の音楽なのに、もっと新しい音楽をたくさん知っているのにー、再現させてくれる類い稀な演奏。タイムマシンで連れてこられた、まさに、同時代性のピリオド・スタイル精神の音楽。それぞれの音楽の本質を突いているからこそ。違ったアプローチと書いたけど、実はどちらも音楽の生まれたときの同時代性の核心を付くアプローチなんですね。この次代の音楽を今演奏するのには、珍しい対向配置だったけど、わたしの席(サイド)では、その効果は残念、限定的だったかな。

「ペトルーシュカ」は華やかな明るさ、お祭り広場の賑やかさ、親しみやすいメロディに溢れていて、すうっと分かりやすい、一見分かりやすい音楽だけど、それ以上に、緻密に重ねられた異質のモチーフの斬新さ。ロトさんはそれを4kハイヴィジョンのような高精細に聴かせてくれる。
ロトさんの演奏は、この間聴いたヤマカズさんのような独特な節回しはなかったけれども、同じようにフレーズひとつひとつ、一音一音まで目が行き届いていて、隙がないの。重ねられた音たちが全部聞こえて、軋んだり調和したり、色を放ったり、全てが聞こえてくるもの凄く情報量の多い演奏。楽章をつなぐドラムロールにディナーミクの変化を加えてドキリとさせたり、アクセントを強調したり。謝肉祭の賑わいが消えて最後に向かってどす黒いカオスが渦巻いて来るさまは圧巻で、でも首を刎ねるタンバリンは控え目、そこはヤマカズさんに軍配が上がったけど、そこからグロテスクに音楽が終わって、糸が切れてすっと力が抜けた。お見事。

「火の鳥」は、全曲なのでバレエのシーンが浮かぶんだけど(「ペトルーシュカ」はまだバレエを観たことないんです)、ロトさんの演奏は、組曲版にはないバレエのつなぎの部分がとても丁寧で聞かせどころになっていました。組曲はいいとこ取りをしているので、その間の部分は(音楽的には)あまり価値がない、聞いてもつまらない、と思われがちだったのに、ロトさんのはその部分にこそストラヴィンスキーの天才を見いだしている感じです。今日の演奏を聴いてわたしもその部分で音楽的実験がたくさんなされているように感じました。それを明晰に聴かせてくれて、むしろ普通にきれいなメロディが出てきたり盛り上がったりする部分よりも面白かったです。そして最後、主題が倍の音価になって繰り返されるところ、わたしの大好きな1945年版のように音を短めに切って演奏させたところは、ほんともうツボ。素晴らしい「火の鳥」でした。

ただ、オーケストラにもうちょっとがんばりというか余裕があれば。。。ロトさん、素晴らしい指揮者だけど、都響を鳴らすのは、現時点でフルシャさんの方が上かな。フルシャさんは首席客演だし、ロトさんは多分初めての共演だと思うから仕方がないんだけどね。でも、ロトさんには都響を定期的に振りに来た欲しいわ。去年素晴らしい演奏を聴かせてくれた読響と取り合いになっちゃうのけど。って言うか、どこか東京のオーケストラの音楽監督になって下さらないかな。ロトさんの音楽は、今の東京のクラシック音楽の聴き手を変えていくために絶対必要だわ。アーノンクールさん亡き後、彼を引き継ぐ次代の若手はロトさんだもん。



.
[PR]

# by zerbinetta | 2016-04-12 01:11 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

爽快な登山の余韻 東京楽友協会第100回演奏会   

2016年4月3日 @すみだトリフォニー

ウォルトン:戴冠式行進曲「宝珠と王杖」
レスピーギ:バレエ組曲「シバの女王ベルキス」
シュトラウス:アルプス交響曲

橘直貴/東京楽友協会交響楽団


首都圏の社会人アマチュア・オーケストラで歴史が古いとこ、どこだか分かりますかー?
多分一番は、OB交響楽団 1937-(定期演奏会の回数189)(学生オーケストラはもっと古くからあるのいくつかあります)で、次に都民交響楽団 1948-(121)、新交響楽団 1956-(233)が続きます。そして、今日聴きに行った、東京楽友協会管弦楽団が1961年創立で、今日が記念すべき100回目の演奏会。長く続けることは目標でも目的でもないけれども、多分たくさんあった困難を乗り越えて長く続いているアマチュア・オーケストラってやっぱりそれだけで凄いと思う。いいえ、それだけではなく、長く続いているのには理由があってそれが音楽にしみ出てくるのがいいの。これらのオーケストラはどこも聴いてみてねって薦められるもの。

楽友協会さんの100回記念はアルプス登山。登山の情景模写のように振る舞って、実はシュトラウスのオーケストラ作品の中で最も哲学的な音楽ではないでしょうか。人生は登山に例えられる、って言うし。記念演奏会にふさわしいでしょ(記念だから選ばれたかどうかは知りませんが)。

前半は、ウォルトンの「宝珠と王杖」の行進曲。おめでたい曲。ステキな行進曲(好き♡)だけど、機会音楽なのであまり演奏されないのが残念。「威風堂々」のように定番になってもいいのに。ジャジーな細かな楽想が賑やかに聞こえて、とても演奏もしずらそう、特にホルンなんか、難しそうな音符を後ろで吹いてるのが、あまり聞こえなくて労多くして報われなさそうで、ちょっとまとめるのに苦労していた感じ。でも、最後のなりふり構わぬ大盛り上がり(に作曲家がした)で、オルガンの人がノリノリで弾いていたのにいいねを劇押し。

「シバの女王ベルキス」は、吹奏楽にも編曲されてよく知られているそう。わたしは初めて聴きます。バンダや軍隊の太鼓も加わる大編成の賑やかな曲。プログラムの解説によるとバレエの初演は、総勢1000人くらいの出演者だったとのこと。そんなバレエ観てみたい。オーケストラで演奏されるのも珍しいみたいだけど、エキゾティックな旋律と過剰なまでの派手やかな商店街を流れる音楽みたいな、ここまでやるか的な色物具合が面白かったです。登山の前に大盛り上がり。山小屋で大宴会しちゃったみたいな。橘さんは、オーケストラを解放して適度に外連があってなかなかでした。チェロのソロがとっても上手かったですね。

お終いは「アルプス交響曲」。いよいよ登山。大好きな曲なのでワクワクしながら聴いていました、とか言いつつ、羊が出てきたら突進して追い払っちゃえ(それドン・キホーテ)とか、雷落ちないかなとか(ほんとに雷落ちたの(サンダーマシーンが叩いた勢いで落っこちた)聴いたことあるの)、ヘンなことばかり。あと、カウベルは何年か前に亡くなったマーラーへの追悼かなとか。ユングフラウだったら電車でてっぺん近くまで行けるのにとか。それにしてもサンダーマシーン、今日はステージの後ろの方左右に2つあったけど、いつもいつ来るかいつ来るかとワクワクしながら見つめてしまうの。嵐が終わる頃、1度しか鳴らないんだけど、もったいないな。もっとがんがん雷鳴らしまくればいいのに、と浅はかな素人。
橘さんは、オーケストラの良さを無理なく引き出して、理路整然とした音楽を作っていました。描写音楽と言うより、音楽自体を大事に捉えた交響曲的寄りなアプローチですね。とてもきっちり、オーケストラをドライヴしている感じで、オーケストラもそれに応えてステキな音楽を奏でていました。ちょっと真面目すぎて、(プロのオーケストラだったら)聞こえない、細かな背景の音(聞こえないけれども靄のように音の雰囲気を作る)まで浮き出て聞こえていたのはご愛敬。オフステージの金管部隊も大きな音で(大好き!)かっこよかったし、素晴らしいアルプス登山でした。楽しくて、その分、哲学的な深みにはあまり触れなかったかな。でもいいの。登山そのものだって楽しいんだから。最後、夕日の奥に沈み込む、心地良い疲れと爽快感の余韻は、音楽の充実の賜物でしょう。

カーテンコールのとき、プログラムにもステキな文章を寄稿されていた、なんと!楽団創立メンバーにして100回の音楽会に皆勤賞で乗っている方が紹介されて、指揮者から花束が贈呈されていました。75歳には見えない若々しさ。これには、わたしも感涙。このオーケストラの背骨の凄みを見る思いがしました。多分それはメンバーみんなが共有している、オーケストラの歴史が作る道筋なのでしょう。
記念すべき登山を無事に終えて、これからもずっとこつこつとステキな音楽会を積み重ねていって欲しいですしそうするのでしょう。末永く聴いていきたいオーケストラです。


♫♫
東京楽友協会交響楽団の次の定期演奏会は、9月18日、すみだトリフォニーホールです。
[PR]

# by zerbinetta | 2016-04-03 10:39 | アマチュア | Comments(0)

[news from japan] bruckner needs extra male toilets   

agency for cultural affairs, government of japan, ordered that the concert halls should provide extra male toilets when the concert includes any one of bruckner’s symphonies to prevent a long queue for the toilet during intermissions. if they are not able to do it at least 10 min intermission must be placed after every single movement of the symphony, or forcing the symphony to end within 30 min by adequate cuts and/or playing it faster.

[bruckner toilet] a weird phenomenon in the symphony concerts in japan is a hundred meter long queue for the male toilet (not female one) during intermissions, specifically when the program contains a bruckner’s symphony. this is hardly observed in the concerts including any other long symphonies such as mahler’s. bruckner symphonies are quite popular in japan especially among men (so called bruota (bruckner-otaku)). so the concert hall is crowded with men and they rush into the toilet before the long symphony. another possible reason is suggested from psychological and physiological researches. ‘this is preliminary data…’ dr. buruwota says ‘so far we don’t know the exact mechanism but our results show a diuretic effect of the bruckner symphony. interestingly, this effect is much obvious in japanese men. i personally prefer to go to the toilet just for having a sound sleep during the tedious symphony’
[PR]

# by zerbinetta | 2016-04-01 08:04 | Comments(0)

ニュウス   

文化庁は、有識者懇談会で指摘されていた、我が国におけるブルックナーの交響曲を含む音楽会での劇場、音楽堂等の男性トイレの不足問題(所謂ブルックナー・トイレ)を解消することを目的として、以下の指針を劇場、音楽堂等の運営する者に通達する。この通達は平成28年4月1日より試行するものとする。

一)ブルックナーの交響曲の一を全曲演奏する劇場、音楽堂等は男性トイレを倍増しなければならない。但し、トイレの増設は演奏当日のみの仮設でも可とする。
二)トイレの増設が不可能な場合は、各楽章の間に最低10分間の休憩を置くものとする。もしそれが芸術上の理由で認められざる場合は、作曲家に対して友人が行ったように凡長な箇所をカットする、又は演奏速度を速めて概ね全曲を30分以内で終わらせるように努めなければならない。

一部女性有識者から提起されていたバレエ・トイレ問題については、今後の検討課題とされ、当面は男子トイレの一部を女子用に流用する等、劇場の努力を要請するに留めた。
[PR]

# by zerbinetta | 2016-04-01 00:06 | Comments(0)

謎はなかった インバル/都響 ショスティ15   

2016年3月29日 @東京文化会館

モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番
ショスタコーヴィチ:交響曲第15番

クンウー・パイク(ピアノ)
エリアフ・インバル/東京都交響楽団


都響と深いつながりのあるインバルさんとの音楽会。来月のサントリーホールでの「カディッシュ」は聴きに行けないので、こちら。ショスティとアヒルの群れにぽつんと白鳥の雛が混じっちゃったようにモーツァルト。インバルさんとモーツァルトがどうしても結びつかないんだけど、ピアニストの希望?
絶対似合わない~~って思ったけど、ふたを開けたらほんとにそうでした。ピアノのパイクさんは、少しロマンティック路線のピアノ。オールドスタイル。対するインバルさんは、ロマンティックとは距離を置いているけど、ピリオド・スタイルではない、これまた別の往年のスタイル。正直ふたりの音楽がかみ合ってるのかかみ合ってないのかよく分かりませんでした。よく分からないまま進められるモーツァルトの名曲。まあ、協奏曲ですから、インバルさんはパイクさんに合わせて付けていたと思うんだけど、このスタイルの演奏にちょっと戸惑ったまま終わってしまいました。わたしの度量の狭さゆえだけど、悔しい。無地になってまず音楽を受け入れる訓練をしなければ。。。
パイクさんのアンコールは、ブゾーニの「悲歌集」から「トゥーランドットの居間」という曲だそう。初めて聴く曲だけど、モーツァルトよりこちらの方がパイクさんのピアノの雰囲気に合ってたかな。音に落ち着きがあって速い部分でもメカニカルにガチャガチャとしない感じがいいの。グリーンスリーヴスが聞こえてくるとやっぱりしっとりしちゃうから。

ショスティは謎が多い。最後に書かれた(死の床で書かれたわけではない)交響曲第15番はとりわけ謎だらけの作品だと思います。「ウィリアム・テル」や「神々の黄昏」からの露骨な引用ゆえにその意味がかえって分からなくなってるというか、本当に謎かけなのかすら謎。メタ謎かけ。それを考えながら頭で聴くのがショスティの魅力のひとつだと思うんだけど、さて、インバルさんの演奏は、即物的ゆえに謎がなかったかのように消えているの。音楽を、書かれた音符に即して、音だけを取り出してわたしたちに聴かせてくれる。クリアに理知的に。音そのものには確かに意味はないし、意味を考えるのはかえって音楽を聴くことを邪魔するのかも知れないけど、でも、わたしにはそれが物足りなく思えました。永遠に答えが得られないのなら(多分交響曲第15番の謎はそういうものなのです)、答えを見つけるより、問いかけはいらない、という割り切り方にね。ひとつのアプローチの仕方としてとても正しいんだと思うんですけど。。。
ドライな都響の音もインバルさんの解釈に縁取りを与えていたと思います。なので、両者の方向が一致していて、この音楽にはまる人には、もう素晴らしい演奏なのでしょう。ただ、チェロのソロや金管楽器にもう少し奮起を求めたいところはありました。
インバルさんと都響の長き良きコラボレイションは、今の都響をインバルさんの楽器にしているので、これからもインバルさんとの共演が楽しみです。でも、同時に、大野さんが音楽監督になられて1年。大野さんの下、これからどう変わっていくのかを聴き続けるのも楽しみです。




.
[PR]

# by zerbinetta | 2016-03-29 11:24 | 日本のオーケストラ | Comments(0)

カオスのエロス 大友/群響 トゥランガリーラ   

2016年3月20日 @すみだトリフォニー

ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
メシアン:トゥランガリーラ交響曲

児玉桃(ピアノ)、原田節(オンド・マルトノ)
大友直人/群馬交響楽団


群馬交響楽団、しばしば練馬交響楽団と間違えるんだけど、前に一度聴いたし(しっかりした地方オーケストラの印象。地方のレヴェルもすごく上がっていますね)、わたしには縁のない土地だし(わたしは地元優先主義)、今年はいいか~と思って、チケット割引のお知らせを放っておいてたのだけど、トゥランガリーラをやると聞いて俄然興奮。悔しいかな割引のお知らせは捨てちゃったので、定価でチケットを買って聴いてきました。群馬交響楽団、年に2回東京公演を行ってるみたいですね。

「牧神の午後への前奏曲」は、柔らかな白昼夢の中にいるような演奏。刺々しいドビュッシーの批評集を読むと、彼の新しい音楽がそんな音楽を指向していないことは明らかだと思うのだけど、時代は変わって、時を経て多様な聴き方ができるようになった古典。大友さんの、分かりやすい、クラシック音楽に馴染みがない人の耳にもすうっと入ってくる音楽は、クラシック音楽の裾野を広げるのに、とっても価値のあることだと思います。オーケストラも曇りのない明るい音でゆらゆらと白昼夢。

メシアンの大作「トゥランガリーラ」は、オーケストラがここまでやれるぞ、とアピールするような選曲かも。で、実際なかなかやるなって思ったんですけど。演奏するには確かに複雑で、難しい曲ではあると思うんだけど、Jポップだってポリリズムやら、複雑な踊りやら、やたらと難しくなってる昨今、「トゥランガリーラ」もビートに乗って演奏できるんですね。結構ポップなノリのリズム感で、すいすいと危なげない。それに、何だか、もはや現代音楽には聴かせない、みたいな感じで、おおお、「トゥランガリーラ」ってこんなにも分かりやすい、きれいな音楽かって思えました。ここにも大友さんらしさが出ていたんじゃないかしら。幅広くいろんな音楽を分け隔てなく演奏している大友さんならではのポップな音の饗宴を楽しむ「トゥランガリーラ」になっていました。今の人には絶対、ベートーヴェンやブラームスより近づきやすいし、感覚的にストンと腑に落ちるんじゃないかしら。一方で、音が混じってヴィヴィッドな色合いよりも中間色的なふんわり感が(それこそが大友さんの特徴なのかな)出てしまったのが、尖った音楽好きのわたしにはちょっと物足りませんでした。
原田さんのオンド・マルトノ音は、わたしの席からはあまり聞こえなかったです(指向性のあるスピーカーを通しちゃうのでどうしても席によって聞こえ方が違っちゃう)。もしかすると、大友さんの意図がオンド・マルトノもオーケストラの楽器の一部として全体の音色を作る方にあったのかもしれませんが。
超素晴らしかったのは、ピアノの桃さん。がんがんと確信を持って弾く引きっぷりが良かったし、「愛と眠りの園」の機械仕掛けの鳥の囀りを微妙にルバート(アドリブ)かけて弾いていたのが、わたし的には完全にツボ。桃さんメシアン弾きですよね。もっと聴きたい。

あと全然関係ないけど、時事的に、大太鼓のマレットのフェルトがふんわりとゆるんでて風になびくトランプさんのカツラ(?)のようで、ずっと可笑しかったです。

愛をしっかり充填してきたんだけど、メシアンのエロス、どんな愛だったんだろう。「トゥランガリーラ」を聴きながらことに及んだらどんなすんごいxxxドラッグ系?アクロバティック?野獣?性の喜びの解き放たれたカオス。


.
[PR]

# by zerbinetta | 2016-03-20 09:39 | 日本のオーケストラ | Comments(0)