タグ:ショスタコーヴィチ ( 45 ) タグの人気記事   

男の世界   

shostakovich: suite from the nose, symphony no. 1, the gamblers (operatic fragment)
mikhail urusov (tn), viacheslav voynarovskiy (tn), sergei leiferkus (br),
vladimir ognev (bb), sergey aleksashkin (bs), mikhail petrenko (bs)
irina brown (dir) / vladimir jurowski / lpo @royal festival hall


ロシアってなんだか白黒のウオツカと男の世界だと思う。と勝手にイメジ。ってか、これはムソルグスキーとショスタコーヴィチ(タコ)から。だって、ムソルグスキーのオペラって出てくるの男の人ばかりだし、なんてタコはムソルグスキーのファンだから、すでにバイアスかかってるけど。チャイコフスキーなんかのバレエを観てるとカラフルで女の人もたくさん。
さてそんなモノクロームのマニアックなタコの音楽会。何しろ曲目がオペラ「鼻」からの組曲、交響曲第1番、そして未完のオペラ「賭博師達」の断片。タコ好きにはたまらないというか、実は交響曲第1番以外は聴いたことなかったし、交響曲も実演では初めて。2曲はオペラ関係で歌手も出るけど、男声ばっかり。地味といったら地味だけどかえって女性ファンの心をくすぐる? タコは女性ファンが割と多いのですよ〜。

「鼻」の組曲は序曲と6つのシーンから取った音楽のようです。歌は入るけど、オペラのストーリーを追えるものではなく、っても荒唐無稽の物語なのでストーリーはなくても大丈夫。あらすじはわたしもあとで知ったんだけど、正直会場では字幕を読んでも何のことか分からなかったし、何しろ一人歩きする鼻と自分の鼻を捕まえようとする人の話。でも、音楽は圧倒的に良かった。金管楽器もひとりずつの小さなオーケストラだけど、打楽器は12人くらいいて、賑やかで面白いの。音楽も若い頃のタコの前衛的で力強い感じがとっても良くて、で、この音楽、タコ22歳の頃の作品なんですね! 天才ってほんと、凄いっ。音の煌めきの放つ強烈なエネルギーは若者にして天才にのみ創造を許される特別なもの。演奏もとっても良かったです。バリトンのレイフェルクスさんはメトでもよく歌ってたので、何回か聴いたことがあります。相変わらず張りのあるたっぷりと深い声で、ステキです。安定感抜群。テナーのウルソフさんは初めて聴く人でしたが、こちらもどっしりと安定。暗めのトーンがむちゃステキです。これから世界に羽ばたいていく優れたロシアン・テナーのひとりになるでしょう。オーケストラはピッコロが凶暴で良かったです。ピッコロってオーケストラの楽器の中で一番凶暴なんじゃないかしら。ねっ。

交響曲第1番はタコの出世作。才気溢れた音楽はとってもステキ。希望と野望に輝いてる。ユロフスキさんの演奏は、ちょっと辛口だけど、普通。上手く捌いていたと思うけど、一歩つっこんでいくところがないように感じました。若さゆえの煌めきをもっと表現して欲しいし、そういう全体を壊すようなドキリとする表現があってこそ音楽が生きると思うんです。安全運転はわたしにはつまらないし、タコの若い棘をなめらかに磨いちゃったら、きれいだけど違うものになっちゃうよね。

賭博師達は未完のオペラの作曲された部分です。タコは全25曲のうち最初の8曲を作曲して作曲を中止したそうです。なのでお話は完結してません。字幕はちらちら見る程度で音楽に集中することにしましょう。オーケストラの前にテーブルを配置してセミ・ステージドの演奏です。オーケストラが席について、リーダーと指揮者がテーブルで遊んでます。会場係の人がリーダーに耳打ちをして、音合わせを始めます。そして気の乗らない指揮者に指揮棒を渡して指揮台に追い立てます。音が鳴る前から音楽が始まってたんですね。もちろんユロフスキさんもいやいや演奏を始めた訳じゃないですよ。オペラの公演と違って動ける範囲が狭く、舞台装置もほとんどないセミ・ステージドですから、演劇的要素は少なく、歌手達はほとんど自分の席について歌うんですけど、賭博場での会話で成り立ってるオペラなのでそれで十分。歌手は男声ばかり6人で華がないんだけど(ハナがないって「鼻」とかけてる?)、タコの音楽にぴったり渋い。暗くはないんですよ。ユーモアのあるお話だし。渋いんです。男の匂いって感じかな。歌手では先に歌ったお二人はもちろん良かったんだけど、バス・バリトンのオグネフさん(この人、自然で剽軽な演技も良かった。プロフィールを見ると役者もしてるんですね)とバスのペトレンコさんが印象に残りました。オーケストラの演奏も良かったです。ユロフスキさんはオペラに向いてるんじゃないかしら。劇場で聴いてみたいです。
[PR]

by zerbinetta | 2010-02-24 04:44 | ロンドン・フィルハーモニック | Comments(2)

わたしの好きがふたつ   

shostakovich: five fragments, symphony no.4
szymanowski: violin concerto no.1
carolin widmann (vn), vladimir jurowski / lpo @royal festival hall


実はまた振られました。ほんとは今日はユリア・フィッシャーさんが弾くはずだったんです。とってもわくわくしていたんですが、ユリアさんは出られなくなっちゃってカロリン・ウィドマンさんが弾くことになりました。初めて聴くお名前の人です。がっかり。のハズだったんですが。。。何しろ曲はヴァイオリン協奏曲の中で一番好きと言っていいくらい大好きな曲。そして、大好きなのに初めて生で聴くシマノフスキ。そして、なんと!ウィドマンさんのヴァイオリンが素晴らしすぎることに! 感動するっきゃないでしょう。理想の演奏者を迎えた音楽の幸せなとき。ウィドマンさんの音色はまさにシマノフスキの求めた音楽そのもの。凍えた夜に聞こえる口笛のよう。冷たく澄んででも尖っていなくて。そして音が大きいのです。大きなオーケストラに対座して十分に渡り合える音量(もちろんオーケストラがヴァイオリンに覆い被さるようには書かれていないんですが)は、表現に余裕が出るし音楽が痩せないので美質だと思うんです。ちなみに、キャンセルになったユリアを初めて聴いたときの第一印象が、わ〜音大っきいでした。でも音色や音量のことばかり書くのは片手落ちです。音楽がとっても良かったから。オーケストラの出だしは細かい音符の速めのテンポでしたが、ヴァイオリン・ソロの伸ばした音からは一転ゆったりしたテンポになって、静かにたっぷりと音楽が歌われていくんです。不純物のない水晶のように透明なのに音が豊かで音楽が柔らかい。清廉で、でも精神的なエロスを感じさせる音楽。弦の上を流れる弓の圧力が心地良い。ひとつひとつの音に付けられるニュアンス、音のつなげ方、フレーズ、どれをとっても繊細で歌に溢れてる。音色は凛として冷え冷えと冴えてるのに、音楽には温もりのある歌がある。この人、現代の作曲家の作品をよく演奏してらっしゃるみたいなので、彼女からすればシマノフスキの新しいところも時を経て馴染んだものに映るのかもしれませんね。慈しむように歌われる音楽に心温まります。盛り上がるところも実に自然で澄み切った空のように星がきらめく。あああ、わたしにもっと詩的な言葉があったら。でも、語ることよりわたしの中の宝物にしたい、そんな演奏でした。(こんなこと言っちゃブログ書き失格よね)
ウィドマンさんは1976年生まれだから、ヒラリーやリサの世代とミドリや諏訪内さんの世代とのちょうど間。この世代のヴァイオリニストってわたし、あまり知らないんですよね。ミュンヘン在住だそう。ミュンヘンって確か、ムターさんやユリア、リサも住んでて、女性ヴァイオリニストの住みたい街第1番なんでしょうか。
c0055376_8142172.jpg

もうわたしはシマノフスキに大満足で、あとはおまけ、おまけみたいなモノと決め込んでいたんだけど、そのおまけがまた凄かったんです。これまた大好きなタコ4。ショスタコーヴィッチの交響曲第4番。タコの交響曲の中では8番と共に通好み。って通ってなんだよ、タコヲタなだけじゃないかって感じですけど。もちろん始まりからハイテンション。鋭く尖った高い音の木管楽器が耳に突き刺さります。一瞬にしてタコの世界に。この音なんですよね〜、タコって。そしてそのあとに来る怒濤の行進。速いテンポ、そうだ、ユロフスキさんの基本テンポって速めなのよね。ユロフスキさん、自国の音楽がほんと大好きなんでしょう。ロシアものをもう何回か聴いていますが、いつも自信に溢れて一点の隙もない。このショスタコヴィッチも同じ。音楽に同化するような勢いでオーケストラを完璧にコントロール。それに応えるロンドン・フィルも熱いし上手い。金管楽器も打楽器もそして弦楽器もいいんだけど、今回は敢えて木管。特に狂気の小クラリネットとピッコロは凄かったです。こうでなきゃ。第1楽章の弦楽器が速い音符でフガートで入るところはオーケストラが壊れる寸前のテンポで手に汗握りまくり。でも、ここでもぴたりと合わせてくるオケに脱帽。ほんと凄いもの聴きました。マイクがたくさん立っていたので録音されたのでしょうか。ユロフスキさんの指揮でタコの交響曲全集を出して欲しいです。あっシマノフスキも音盤になればいいな。
実はタコ4は、わたしにはまだよく分からない音楽です。CDでよく聴いてはいるんですけど、謎がたくさん隠されていそうで。引用も多くてどんな意味なのかなぁ〜って考えても分からないことばかり。この曲も多分、モーツァルトの魔笛やマーラーの復活なんかが重要なところで引用されてるよね。最後もハッピーエンドなんだか、悲しい終わりなのかよく分からないし。今日の演奏は例えば、マーラーの交響曲第9番の第1楽章の終わりのように清廉とした終わり方でした。なんか夢の中に墜ちていくような感じ。ユロフスキさんの演奏は、ショスタコーヴィチの持つ意味の難しさや複雑さをひとまず脇に置いて、音楽の凄さを分かりやすく伝えようとする若者らしい演奏だったと思います。精神性よりも音楽のスペクタクルに音楽そのものを語らせようとするような。そこのところでは少し不満が残るかもしれません。でも、交響曲第4番ってショスタコーヴィチ30歳の時の作品なんですね。もしかすると本質は若い勢いに迸る音楽と考えるのが正解なのかもしれません。音楽を聴いたあとの圧倒的な充足感はユロフスキさんの音楽とショスタコーヴィチの音楽がやはりしっかり共鳴している結果に違いないような気がしました。

今日の一番はじめに演奏されたタコの5つの断章はたった10分くらいの音楽。新ウィーン学派の3人の音楽の影響なのかしら、でもタコってミニマムに集中していくタイプじゃなくて拡大拡散していく傾向のある音楽家(だと思う)ので面白くはあるけど無理あるなかなぁ〜。もっと聴きたいって思っちゃうもの。タコらしい冷たいラルゴが聴けたのは良かったけど。交響曲第4番と同じ主題が使われたりしてたけど、作品番号隣り合わせなのね。

今日はバスに思いっきり水をはねられてずぶ濡れ状態になったり、風邪気味で頭が痛かったりしたけど、こんなステキな音楽会を聴けて幸せでした。
[PR]

by zerbinetta | 2010-01-16 08:13 | ロンドン・フィルハーモニック | Comments(2)

うわっ   

mendelssohn: a midsummer night's dream suite
shostakovich: piano concerto no.2
mahler: symphony no.1
martin helmchen (pf), vladimir jurowski / lpo @royal festival hall


わたしは若い人たちが好きです。むやみに親近感を持ったり(あっわたし自身は最早若い人ではなくなっていますが。。)応援したくなったり。指揮者も若手の演奏を聴くのが好きです。ロンドンのオーケストラは、ロンドン・シンフォニーがハーディングさん、ロンドン・フィルハーモニックがネゼ・セガンさんという若手(どちらも75年生まれ)の有望株を主席客演指揮者に置いています。と思ったら、実はロンドンフィルの主席指揮者はヤロウスキさん、この人も72年生まれですからまさに若手じゃないですか。わたしより若いし。応援しなくっちゃ。といいつつもう何回も聴いているんですが。ユロフスキさん(今までヤロウスキさんと表記していたんですが日本語のサイトを見てユロフスキさんに改めました)、実は失礼ながらちょびっと苦手だったのです。どこがというと髪型が。長髪はあまり好きではないのですよ。でもでもちゃんと聴いて行かなきゃと思い直したのですよ。ロンドンフィルはロンドンのメジャーオーケストラの中では一番下手だと思うけど、良い演奏をするし、プログラムも魅力的なものが多いし、これから伸び代のある好きなオーケストラなんです。このブログのカテゴリーでロンドンフィルが一番上なのはそういう理由です。ですから今日は曲目じゃなくてユロフスキさんを楽しもうと。
始まりはメンデルスゾーンの真夏の夜の夢の組曲。それが、木管楽器の和音を終えると弦楽器の細かなパッセージがものすごく速くて、ありゃ、このテンポで大丈夫かしら、オーケストラ暴走しっちゃって収拾が付かなくなるんじゃないかしら、なんて余計な心配をしつつ、妖精がさわさわと飛び回る様がステキな感じねとドキドキ聴いたのでした。もちろんオーケストラはちゃんとコントロールの元にあるのでした。そしてお終いはご存じ、結婚行進曲。快速テンポでこれを結婚式でやると早歩きしなきゃいけないな(大袈裟)なんて思いつつ、この方が晴れ晴れした感じがいいな、でももし自分がこの行進曲で入場したら可笑しくて笑っちゃうだろうな、なんて妄想に耽ってました。でも、メンデルスゾーンの結婚行進曲を聴くとついつい微笑んでしまいますよね。会場のお客さんもみんなそんな感じでした。
タコのピアノ協奏曲は圧巻でした。ユロフスキさんとタコの相性ぴったり。さすがロシア人。特に第1楽章のヴァイオリンのソリッドな歌わせ方がタコらしくてステキ。とオーケストラを褒めたところで順番が反対になっちゃいましたが、ピアノがとっても良かったんですよ。ピアニストはヘルムヘェンさん。とっても透き通ったきれいな音色で軽々と弾いていくの。色つきガラスのかけらたちが空高くできらきら光ってる感じにうっとり。いろんな色の光を反射して見えるけど決して濁らない。この人上手い。とっても上手い。しかもめちゃ若。ただわたしの好みとしては全体的にもっと柔らかいというか、ほんわりとした幸せ感、アットホーム感があったらいいなと思いました。これは単なるわたしの好みで、ショスタコ感は薄らいでしまうと思いますが。
休憩のあとはマーラー。ついこの間、ハーディングさんのを聴いたばかりなので、お口直し。指揮者の人は曲への入り込み方にいろいろあるのだけれどもユロフスキさんは、オーケストラの人をひとりひとり見回して小さくうんうんとうなずきながら音楽に入り込んでいく。その儀式が終わるといよいよ指揮棒をあげて、すうっとA音。音楽の世界が広がります。ステージ外のトランペットの信号を左右に振り分けたり面白い工夫も。とってもステキな雰囲気です。第1楽章はこの間のハーディングさんや去年のデュトワさんと同様に抑え気味。最近の演奏のトレンドは第1楽章抑えなんでしょうか。確かにスコアを見ると盛り上がったあとにすぐデミュニエンドしてピアノになったり(若造だったわたしはもっと盛り上がっていればいいのにって思ったものです)って書かれ方してるんですけど、盛り上がるところはもっと盛り上がってもいいかなって思いました。ユロフスキさんはポルタメントを上手にかけたり、指揮もテンポや拍子はオーケストラに任せて、入りや表情を指示することに専念してました。さすが常任。オーケストラと指揮者の意思疎通がとても上手くいってて信頼関係を結んでいるということがはっきり分かります。オーケストラもこの曲をよく知ってる。それにしてもこの演奏、どこかで聴いたことあるような、って思いつつふと思い出した。そうだ、テンシュテットがシカゴ・シンフォニーを振ったCDだ。それで納得。テンシュテットの演奏がこのオーケストラにしみ込んでる。テンシュテットが主席指揮者だったのはもう20年も前だから当時の楽団員はもうあまりいないと思うけれども、当時の記憶は楽譜や人を伝わって残ってると思うし、そうやって培われてきたものはオーケストラの財産だと思うのよね。秘伝のたれみたいな。ユロフスキさんの演奏は、そういうオーケストラの持つ音楽を生かしながら、自分の表現をしてステキなマーラーを聴かせてくれました。最後はちょっとテンポを速めて歓喜と興奮の中に音楽を終わるというのも秀逸。ふふふ、第3楽章のお終いの方でトランペットが完全に落ちてしまうという事故があったのにはどっきりびっくり。血が引く思いでした。トランペットの人たち終演後、ミーティングをしてましたよ。
[PR]

by zerbinetta | 2009-04-25 07:43 | ロンドン・フィルハーモニック | Comments(0)

これは傑作です   

maazel: monaco fanfare, music for cello and orchestra
shostakovich: symphony no.5
han-na chang (vc), lorin maazel / philharmonia o @royal festival hall


マゼールさんとフィルハーモニアの音楽会シリーズの3回目。わたしは2回目のは聴いてないので2回目です。今回のマゼールさんの曲はモナコ・ファンファーレとチェロ協奏曲。管楽器と打楽器によるモナコ・ファンファーレは楽しくてちょっとかっこよかった。なかなかやるじゃん、マゼールさん。でもびっくりしたのは次のチェロ協奏曲なんですよ。とても力の入った作品。雰囲気はこの間のフェアウェルに似ているんだけど、それがここではことごとく上手くいってる。ラジオから聞こえる古いワルツのような音楽や高音のトランペットのジャズふうの旋律。オーケストラに入れられたチェンバロやアコーディオン。チェロのパートも息もつかせぬ情熱を持って弾くように書かれてるの。この音楽は傑作です。とてもステキ。そして、故スラヴァ(ロストロポヴィッチさん)のために書かれたこの曲の独奏者を務めたハンナ・チャンさんが、暗譜でものすごい集中力で見事に弾ききっていました。この曲は良い独奏者を得たと思います。今日の成功はチャンさんの力が大きかったと思うし、チャンさんがこの曲をレパートリーに加えて、演奏される機会が多くなればいいなと思いました。チャンさんは休憩後、私服に着替えて会場で聴かれてました。気づいた韓国人のお客さんたちが写真を撮ったりしてたんですがにこやかに応えるチャンさんに好感度アップ。ステージではオーラを発しまくってた彼女もステージを降りるとかわいらしい女の子。まだ二十歳ちょっとですもんね。わたしもすっかりファンになりましたよ。
タコは大好きな作曲家。なぜか演奏される機会が少なくて今シーズンはこれが初めて。来シーズンはいくつかあるみたいですけどね。マゼールさん、何か仕掛けてくるんじゃないって思ったけど、意外に直球勝負。ソ連とか社会主義的リアリズムとか証言とか余計なことを考えずに楽譜に書かれたものを音にするというシンプルな演奏態度だったと思います。音楽の機能的な面を強調してたので、タコのタコたるゆえんでもある辛辣なアイロニーがあまり聴かれなかったのはちょっと残念だけど(この曲はその要素、少ないんですが)、オーケストラを鳴らす爽快感は気持ちよかった。最後も快速テンポでややあっけらかんと、大太鼓はちゃんとティンパニにかぶったんだけど、無色のまま終了。社会主義的リアリズムってなんだったんだろう?もはや死語?
[PR]

by zerbinetta | 2009-04-07 06:05 | フィルハーモニア | Comments(0)

踊る指揮者クリヴィ   

bernstein: candide - suite for orchestra
shostakovich: violin concerto no.1
brahms: symphony no.4
midori (vn), kristjan jarvi / lso @barbican hall


期待に期待してたクリスチャン・ヤルヴィさんの2回目の音楽会です。今回は古典。最初のはバーンスタインのミュージカルだけど。最初から煽る煽る。キャンディードの序曲は超快速テンポでオーケストラが噛む寸前。続くオーケストラのための組曲はオペラからあまり知られていない曲を抜き出してハーマンさんが構成したもの。有名曲がないけど(ってわたしキャンディードってコロラトゥーラのアリアしか知らなかったりするんだけど)、なかなか楽しめる感じでした。ここまでは前回のクリスチャンさん、って呼ぶのはどうかしら。でもヤルヴィさんじゃパパやパーヴォさんと区別付かないし、そうだ、クリヴィと呼ぼう、パパはパパヴィ、長男のパーヴォさんはパーヴィ。ここまでは前回のクリヴィの音楽会の続き。ノリノリ路線。でも、次はうって変わってシリアスなショスタコヴィッチのヴァイオリン協奏曲。どうなるでしょう。ソロはミドリ。全身全霊でものすごい張り詰めた感じの演奏をする方なので、クリヴィのノリと合うのかどうか。なんて心配は杞憂でした。だって、クリヴィの音楽家としての器はわたしの想像なんかよりはるかに大きかったんですもの。ここでのクリヴィの表現はとても真摯。最初の淵から這い出てくるような黒々としたオーケストラから、ミドリのヴィブラートを抑えた鋼のようなヴァイオリン。モノトーンの冷たい張り詰めた空気が全体に広がります。ミドリのヴァイオリンはときに張り詰めすぎで聴くものに緊張を強いてしまうこともあるように思うのですが、この曲はそれがかえってステキに作用します。ミドリのソロをサポートしつつ、ショスタコヴィッチが書いた音楽を丹念にそしてタコ「らしく」表現しするクリヴィ。ものすごく深みのある名演。演奏後は大きな拍手に包まれました。クリヴィとタコって実は相性いいんじゃないかな。クリヴィのタコ、交響曲第8番とか第11番とか聴いてみたいと思いました。なかなか演奏されない曲だし、彼がロンドンで振る機会も多くないので難しいと思うんですけどね。CDでも出ないかな。
最後のブラームスの交響曲第4番。これって、クリヴィがどういう風に演るのか全く想像できない。古典だし。演奏は極めてまっとう。って変な表現ですね。実はわたしはちょっぴり面白い演奏を期待していたんですけど、きちんとした演奏だったのでした。いや、面白い演奏を期待する方がおかしいんですけどね。でも、クリヴィは踊ってましたよ。踊るように指揮するクリヴィの奏でるブラームスは停滞しない流れるようなブラームス。まだ枯れるには若すぎますものね。クリヴィのわたしもブラームスも。
[PR]

by zerbinetta | 2009-02-26 08:23 | ロンドン交響楽団 | Comments(0)