タグ:ニコラ・ベネデッティ ( 5 ) タグの人気記事   

仲間ってステキ ニコラ・ベネデッティと仲間たち3 ランチタイム・コンサート   

15.03.2012 @jerwood hall, lso st kuke's

shostakovich/atovmyan: five pieces for two violin and piano
mahler: piano quartet movement
shostakovich: piano quintet

nicola benedetti, alexander sitkovetsky (vn),
maxim rysanov (va), leonard elschenbroich (vc),
alexei grynyuk (pf)


アリーナと共に大好きなヴァイオリニスト、ニキと仲間たちのBBCラジオ3・ランチタイム音楽会が、LSOセント・リュークで4回にわたってあるのでそのうちの2回を聴きに行くことにしました。ほんとは4回とも聴きたかったんだけど、さすがに仕事そんなにさぼれないし。。。今日はその3回目にして、わたしにとって1回目の音楽会。ニキと仲間たちがショスタコーヴィチとマーラーの音楽を弾きます。タコと聞いたら聴かずにはおれません。

始まりは、タコ、アトフミヤン編曲の2つのヴァイオリンとピアノのための5つの小品。まとまった曲を編曲したのではなく、同じような感じの曲を5つまとめたものみたいです。ガボットとかワルツとかポルカとか軽妙で健やかな小品が5つ。気の置けない音楽です。ピアノは、ニキとよく組んでるアレクセイさん。ヴァイオリンはシトコヴェトスキーさんがファースト、ニキが下でした。それにしても、ニキ、楽しそうに下付けてるなぁ。1曲目のプレリュードが終わりそうな頃から、でも、ここでひとつ問題が! 音出しをしているチェロの音が会場にまで響いてきて。がんがん弾いてる様子。LSOセント・リュークって音楽会用に楽屋とかちゃんとしてないから、オーケストラのときは外で待っていました、控え室で音出ししてると聞こえてきちゃうんですね。ニキがちょっと困った風で、結局譜めくりの人(会場の係の人?)が走って行って止めました。笑いつつ、音楽を再開。もしかしたらここで切れちゃうかな、と思ったんですが、大丈夫。それにこれはタコが余興にさらりと書いたような音楽だから、肩の力が抜けていてステキ。

2曲目は、音出しのチェロ、ニキのボーイ・フレンドのレオナルドさんも加わって、マーラーのピアノ4重奏。若書きの未完成の断片だしさらっと聴こうかなと思ったら、なんととんでもない目に。夕暮れ時の街の奥から重くどろりと夜の暗闇が湧いてくる感じのピアノに乗って弦楽器が豊かな情感で歌い始めると、黒い手に包まれて異世界に引き込まれていく。重くてゆっくりと幻想を見るような音楽。マーラーのこの曲ってこんなに濃厚だったっけ?なんだか暗いボヘミアの森に囲まれた小さな異世界の村に彷徨い込んだ感じ。そこには人ではないものが住んでる。昨日ドヴォルジャークの音楽を聴いたせいか、この音楽がマーラーの出自のボヘミアに直接根を張っているように聞こえる。それにしてもなんて豊かな音楽なんだろう。泣きそうになって、呆然として、涙が出た。深い井戸に落ちたかのよう。マーラーのこの音楽でこんなに衝撃を覚えるとは思わなかった。このマーラーは、わたしのマーラー体験の中でも最も心に突き刺さったもののひとつになりました。お昼の音楽会で、まさか、こんなことになるとは。。。

このグループ、誰かがリードをとっているというわけではありません。自然に音楽を合わせるという感じです。正直、初めて見たとき、どちらかというとあまり風采の上がらない人たちで(ニキがいわゆる美人音楽家のカテゴリーにされてる人なのでイケメンをよりどりみどりなのに、なんて俗なこと考えた)、ニキは面食いじゃないのかなぁ、なんて思ってたのに、音楽を聴いたらニキがこの人たちと音楽をしている理由がよく分かった。本当の意味で音楽でつながっている。
(ところで、ニキは美人ヴァイオリニストとしてプロモートされている気配もあるけど、本人はそんなことどうでもいいと思っているに違いない。むしろ、彼女の真摯な音楽に対する姿勢を演奏を聴くごとに感じるし、彼女、とっても真面目で浮いたところがない感じ。容姿ばかりが注目されてしまうのは、彼女も本望じゃないような気がするしもったいないよ)

さて、最後はタコのピアノ5重奏。タコ好きと言いふらしてる癖に初めて聴きます。マーラーでどっぷり来たので、この曲もステキなものになる(今日ここに来る前は、ニキとタコって合うのかななんて思っていたクセに)に違いないと思った通りに、ステキなことになりました。なにしろみんなが自主的に音楽をしながらひとつに合わせているので、聴いていて気持ちが良いし、音楽のスタイルをとてもよく勉強しているという感じがしました。ソヴィエト系のピアニスト、アレクセイさんの薫陶かなぁ。この人、一見ヲタク系のとっちゃん坊やにも見えるんだけど(あっ失礼!)、この人にピアノ、なにげに凄いです。音楽は、第5楽章まであって、ゆっくりとした第4楽章が交響曲第15番の最終楽章っぽくて透明に消えていくのかなと思ったら、賑やかな楽章が始まってびっくり。晩年のタコだったらあそこで閉じると思うのだけど、まだ、元気な壮年だからかな、明るい音楽を付け足した感じ。でも、たっぷりと充実した音楽を聴いてすっかり満腹のお昼。いいですよ。ニッキと友達。わたしも混ぜて欲しいくらい。口三味線じゃダメかしら?

ニキと友達。肩を組んだ下から首をにょっと出してるのがアレクセイさん
c0055376_8214869.jpg

[PR]

by zerbinetta | 2012-03-15 03:18 | 室内楽・リサイタル | Comments(0)

またブルックナー! ブル女カミングアウトか? エッシェンバッハ、LPO ブルックナー交響曲第7番   

02.11.2011 @royal festival hall

brahms: double concerto for violin & cello
bruckner: symphony no. 7

nicola benedetti (vn), leonard elschenbroich (vc)
christoph eschenbach / lpo


今日の音楽会もちろん、ニキ(ニコラ・ベネデッティさん)目当てだったんですよ。彼女がブラームスの2重協奏曲を弾くというのは覚えてました。だから、メインは協奏曲かなって思ってたら、なんと協奏曲は前座で、メインにブルックナーとは。。。ブル女ですかわたしは。でもでも、交響曲第7番だけはずうっと好きなのです。この世で一番美しい音楽のひとつだと思います。でも、その前に、お目当てのニキ。

先日のリサイタルでのブラームスがとっても良かったので、今日はとっても期待していたのです。本当は、ひとりで弾く協奏曲の方が良かった(好き)んですけど、レオナルドさん、ギリシア彫刻系の(でもドイツ人)結構イケメンくんだったからいいか。下世話な話なんですけど、このふたり恋人同士なんですね。ひゅーひゅー妬けちゃうなぁ。あっそうそう、プログラムにレオナルドさんの名前を見たとき、実はエッシェンバッハさんの息子さんかなって思っちゃったんです。じっと見ると名字のスペル違うんですけど、似てるでしょ。似てない?
音楽は、実はわたし、苦手なのです、この曲。なんか大袈裟で、中途半端な感じがしちゃうのよね。せっかくソロがいい気持ちで歌おうとすると、もうひとりのソロがとっちゃうとか。あっそうか、わたし、お目当てがニキだったので、レオナルドさんにじゃまされて文句言ってるのか。多分、ふたりのソロもオーケストラも等しく聴こうとしたらもっと良かったんだわ。この曲って、作曲者の性格か、ソロが前に出るより、お互いにお互いを立てるように弾いた方が良いみたいだから、ちゃんとまとめようとすると控えめになっちゃうのかもね。ニキを聴きたかったわたしはプチ欲求不満ですけど、レオナルドさんもとっても良いチェリストでしたよ。

ニキとレオナルドさん
c0055376_9213873.jpg


休憩のあとはブルックナー。はあ。と思う人はわたし以外にもいるみたいで、休憩のあとには若干空席が増えました。ブルックナーの交響曲、静かに本当に静かに始まったのだけど、あの美しい旋律が聞こえてくるところで虚を突かれたようにぽかん。というか時間が止まった。なんてゆっくりと奏でられるんでしょう。本当に本当に慈しむようなスロウ・テンポ。我に返ってしみじみと感動が込み上げてくるまでに時間がかかってしまった。予想外。ゆっくりとしたテンポから生み出される音楽は、雄大な山のような音楽、荘厳な伽藍のような音楽、ではない。音楽の向こうに見えている景色は遠い地平線。目の前に広がるのは荒涼とした平野ではなく、秘やかに生命溢れる大地。静かな光合成。ああそうだった。エッシェンバッハさんは、絶対のトランクゥイロを持った人だったんだわ。わたしがそれに気がついた10年前の日記を引用するね。

「実はおとといエッシェンバッハさんの演奏を聴いたときから、どうしてこんなに心を揺さぶられるのだろうって考えてたの。もちろん楽器を思いっきり鳴らした力に満ち溢れた演奏は心に響くものがあるけどそれだけなのかなって。で、今日第6交響曲の第3楽章、これだけ通して練習したの、を聴いて答えが見つかった。エッシェンバッハさんはこの楽章をとってもゆっくり演奏したのだけど、最初ああロマンティックって思ったんだけど、そうじゃなくてむしろトランクゥイロの音楽だったの。消え入るような絶対的な静寂を持った。エッシェンバッハさんは音のパレットの中に絶対的な静寂、音がありながら音のない世界を持っているのね。向こう側の世界も表現できるような。こんな音を出せる音楽家ってほとんどいないよ。ここから音楽を組み立てられるから、エッシェンバッハさんの音楽が何かとんでもなくすごいものを感じさせるんだと思う。春の祭典でも大きな音のうれしさに耳を囚われたけど、静寂の部分が神秘的で彼岸を彷徨うようなこの楽章を聴いて、エッシェンバッハさんの凄さを改めて感じたの」
(ニューヨーク・フィルハーモニックとのマーラーの交響曲第6番のリハーサルを聴いて、2001年3月)

今日も全く同じことを思ったんです。もの凄くゆっくりと歌わせた音楽は、優しく静か。何もないけど孤独ではない広大な世界に心を休ませる。音があるのに音のない静寂(しじま)。もうなんて美しい音楽なんでしょう。ふうっと心が温かなもので洗われていく。
第2楽章も静謐の世界。ゆっくりと音楽が心を慰めるように流れていく。そこには、激しい悲しみも感情の爆発もなくて、本当に平静、クライマックス部分はトライアングルもシンバルも入るのに、音は強く大きいのに、心の中はとっても静か。葬送の音楽も悲しみに叫ぶことなくむしろ慰めに満ちている。なんだか、エッシェンバッハさんのブルックナーは今まで聴いたことのないような独特な世界観に満ちていると思う。これがブルックナーらしいのからしくないのかわたしには分からないし、わたしにはどうでもいいのだけど、わたしはとっても惹かれてる。

第3楽章のスケルツォになってやっと少し現実に戻れたか、でもやっぱりまだ心象風景が見せている世界なのか。記憶の中の村の踊り? 隠れ里を見つけた? わたしの子供の頃は隠れ里がそこここにあったんです。2度と見つけられないお地蔵様とか、丘の上の畑とか、突然出てきた小さな小学校とか、もう一度探しに行っても2度と見つからない場所。彼の音楽も同じ。もう一度触れたいのに2度と還ってこない。
第4楽章は、多分またゆっくり目のアプローチに戻って、でも多分というのはもうテンポだとかどうでもよくなって、ただ音楽に身を委ねていたい、この音楽をあるがままに心に受け止めたいって思っていたからです。エッシェンバッハさんのブルックナーは、言葉を尽くしてとか、大きな声でとかして説き伏せるのではなく、音楽そのものがぴたりと心の中に入って理由もなく納得してしまう感じ。矮小でもなく雄大でもなく、とにかく静かな、音のない世界のような音楽。去年の交響曲第6番は録音されてCDにもなったけど、今回は録音なし。なんてもったいないんでしょう。

オーケストラは、エッシェンバッハさんのテンポにがんばってついて行ってました。ロンドン・フィルはとっても良いオーケストラですけど、今回初めて、エッシェンバッハさんにはもっと良いオーケストラでこの曲を演奏して欲しいと思いました。エッシェンバッハさんの音楽はもの凄い高みにあってそれを表現するには、残念ながらロンドン・フィルではちょっと力不足って感じたから。どのオーケストラが良いのかはよく分からないのだけど。。。
c0055376_9223692.jpg

[PR]

by zerbinetta | 2011-11-02 02:19 | ロンドン・フィルハーモニック | Comments(0)

草叢から匂い立つように湧き上がってくる音楽 ニコラ・ベネデッティ ブラームス、ヴァイオリン・ソナタ   

11.10.2011 @wigmore hall

beethoven: violin sonata op. 30 no. 2
brahms: violin sonata no. 1

nicola benedetti (vn)
alexei grynyuk (pf)


大好きなニキの音楽会とあらば、仕事をさぼってでも聴きに行かないでしょうか。いや行く(反語)。
最初っからはっきりと言っておきましょう。ニキの美質、魅力は歌にあります。ニキのヴァイオリンはとても美しく歌います。ヴィブラートを多用して派手に自分に酔うように歌うのではなく、ときに静かにときに大らかに本当にステキに歌って、それがわたしの心に浸みわたるのです。心の奥から湧き上がってくる、つい口ずさんでしまうような自然な歌。これはもう音楽の神様が彼女に与えた天賦の才能で、決して作られたものではないと思います。その魅力が強力な重力となってわたしを引きつけて離さないのです。同じ世代では1歳年上のアリーナの方が総合的な実力では上でしょう。でも、ニキには比べるべきもののない魅力があるのです。二人は違う魅力を持っている。だからこそ、わたしは二人ともが大好きです。ピエール・エルメのマカロンとファブリス・ジロットのショコラとどっちが好き?と聞かれても答えられない。みはしのあんみつと空也のもなかとどっちが好き?と聞かれても答えられない。いいえ、答える必要すらない答えのない質問。いえいえ、瞬時にどっちも好き♥と答えられる質問にもなってない質問です。アリーナもニキもどっちも好き。それぞれに別々の魅力があるんですもの。

ニキのリサイタルはウィグモア・ホールでのBBCラジオ3のランチタイム・コンサート。1時間の短い音楽会で、ベートーヴェンのソナタ第7番、ハ短調のソナタです。おおお、そお来たか的なプログラムです。ベートーヴェンだったら、有名な「春」や第8番のソナタの方が可愛らしくて歌いやすいニキ向きだと思ったのです。実際最初の、激しい短調の曲想に少し手こずってる感じがしました。手こずってると言っても、もちろん、弾けてないとかではなくて、自分の持ち味を何とかだそうと格闘しているみたいな。でも、それはそれでとっても良かったと思うんです。そして、第2楽章。あっこの曲を弾く理由はこれかぁって思いました。こういう歌が出てくるとほんわりと頬が緩んじゃいますね。

ブラームスのソナタは、ものすごく大好きな曲。ニキもアリーナもヒラリーもまだCDに録音してないんですね。いつも、「ブラームスのソナタは録音しないんですか?」って聞いちゃうんだけど、アリーナは「う〜ん、いつか」って言ってたし(彼女は今日と同じ第1番のソナタは演奏したことがあって、わたしも聴きました)、ヒラリーはずいぶん前に録音してたんだけどお流れになってしまったようですね。意外と若いヴァイオリン弾きの録音がないので聴き比べることができないんだけど、ニキの歌には期待していました。
音楽が始まった瞬間から優しい歌にほろり。ニキもピアノのアレクセイさんも丁寧にとっても丁寧に、静かな歌を歌っていく。歌の糸が心の深くから静かにさやさやと紡ぎ出されて、なんだか大好きな人のそばで静かに口ずさまれる歌を幸せな気持ちで聴くみたい。ふくよかすぎないさりげない暖かな温もり。そして、ブラームスが2度同じ旋律を繰り返した明るく歌うような第2主題。ふわりと草叢から匂い立つ風が吹いてくるような爽快感と開放感。わたし、この部分がものすごく大好きで、もうここを聴くためにこの曲を聴いていると言っていいくらいなんだけど、こんなにはまった演奏を聴くのは初めて。そして後半で、同じように2回旋律が繰り返されるところは、(2回目の旋律の頭の音をヴァイオリンではなくてピアノが始めるという工夫があるのに)ちょっとしつこいなって演奏が多いのに、ニキはそんなことをみじんも感じさせずにすうっと歌ったの。その歌のなんと見事なこと。これを聴いただけでわたしは幸せです。
第2楽章の、少し影のある内省的な歌も本当にステキだったし、第3楽章の雨の歌もうんとステキ。こうやって静かに歌われるブラームス。ブラームスがクララに宛てたラヴ・レターを密かな心の内を聴かせてもらったような気がします。ニキはわたしたちのためにラヴ・レターを届けてくれた。

ニキは演奏よりも容姿の美しさで話題になることが多いみたいだけど、ものすごく上質な歌に満ちた音楽に目を瞑って耳を傾けてみて欲しいなって思います。
[PR]

by zerbinetta | 2011-10-10 23:01 | 室内楽・リサイタル | Comments(0)

なつかしい故郷の音楽   

c0055376_1953540.jpg

mendelssohn: overture the hebrides
james macmillan: i (a meditation on iona), from ayrshire, tryst
tchaikovsky: souvenir d'un lieu cher
nicola benedetti (vn), james macmillan / lso chamber orchestra @lso st luke's


わたしが応援してる若手ヴァイオリニストのもうひとり、ニキの音楽会。初めて行くロンドン・シンフォニーのもうひとつの拠点セント・ルカ教会。ここではロンドン・シンフォニーのリハーサルや室内楽、小編成のオーケストラの音楽会が行われます。時間に余裕を持っていったら珍しく道に迷わず早く着いてしまいましたよ。近代的な教会。1階にはテーブル席もあってライヴハウスの雰囲気。教会なので楽屋がなくて降り番の人たちは外でぶらぶらしてましたよ。音楽会はメンデルスゾーン、今年記念年ね、のフィンガルの洞窟に始まって、今回指揮をしているマクミランさんの作品やチャイコフスキー、グラズノフ編曲のなつかしい土地の思い出。ニキの出番は、ニキのために作曲されたエイルシャー(と発音するんでしょうか?スコットランドの地名みたいですね。お二人の故郷?)となつかしい土地の思い出。そういえばメンデルスゾーンの序曲もスコットランドの情景を描いたものです。ステキなリンクです。ニキのヴァイオリンは前回聴いたシベリウスの協奏曲ではものすごく自由奔放でここまでやられると正しくないかもしれないけど肯いてしまうって思わせるものがあったんですが、シマノフスキの協奏曲を入れたデビュウCDを聴いてみて、実はとっても高い音楽性と豊かな感受性を持ったすてきなヴァイオリニストさんだったことに気がつきました。シマノフスキももちろんですが、ポピュラーなタイスの瞑想曲の静かに歌うような心にしみいる演奏に涙しました。シベリウスで見せた自由奔放さとは違い、崩すことなく大袈裟な表情をつけることもなく、心を動かす音楽を奏でることに感心しました。と、彼女のCDのことをつらつらと書いてしまったのですが、今日の演奏にも彼女のそうした特質を感じることができました。どんな自由奔放な演奏をしてくれるんだろうって期待してやってきたのですがその期待は見事によい方向へ裏切られました。彼女の音楽にはとっても豊かな歌があります。大らかで艶やかな音色があります。特に、彼女の故郷、そして同郷の作曲家に彼女が委嘱して書かれたエイルシャーにわたしは心温まるものを感じました。ステキです。休憩時間地下のカフェで、ニキが友達やファンの人たちと話しているのを見ましたが、音楽同様大らかで艶のある感じ。とても美人なんですが色気が健康的で真っ直ぐ。そしてとっても明るくて気さく。わたしもちょっとだけお話ししてCDにサインしてもらいました。ふふっ。
[PR]

by zerbinetta | 2009-07-02 19:43 | ロンドン交響楽団 | Comments(0)

自由奔放   

berlioz: overture, le carnaval romain
sibelius: violin concerto
rachmaninov: symphonic dances
nicola benedetti (vn), hugh wolff / po @royal festival hall


わたしは若いヴァイオリン弾きを聴くのが大好きです。ヒラリーの世代が「若い」から大人の音楽家へと成長していくと同時にまた若い才能が芽生えてきて、それらを見つけて応援するのが嬉しいんです。この前聴いたアリーナもそのひとりだけど、今日聴くニキもその期待をしてました。実は直前まで気がつかないでいたんですが。指揮者のウォルフさんは、優しそうなおじさま。年よりずいぶん若く見える感じ。音楽もお姿に相似して優しい作り。安心して心地よく聴いてられます。反対に言えばうわっとびっくりするような快感がないのですが。それぞれのスタイルですからそれは望みすぎでしょう。
で、今日の音楽会のびっくりはニキです! 出だしからしっとりした感じで普段のシベリウスとは違うと思ったんですが、彼女の演奏、まさに自由奔放。シベリウスの協奏曲って清楚の極みだと思うんだけど、彼女の演奏はそんな思いこみをあっさり裏切って、独特のニュアンス、歌い方で弾かれていく。彼女の血筋のイタリア系の朗らかさと言ったらよいかしら。大御所のムターさんもデフォルメしていくタイプだけど、彼女のような精緻に計算されたデフォルメではなくて、若者が自分の感性の趣くまま弾きまくる感じ。それでむちゃくちゃな演奏かというと、そう感じる人もいるかもしれないけど、わたしにはかえって心地よい。音楽的には幼いところがあるかもしれない。これから成長していくにつれて、シベリウスの音楽の本質とは異にするやりすぎは取り除かれていくかもしれない。でも、今の彼女の演奏は今の彼女にしかできない彼女の真実があるし、それはもうすごくとっても大事なこと。ストレイトにそれが伝わってくる。それにしても、彼女にこんな演奏を許してしまう指導者ってなんてステキなんでしょう。小さくまとめようとせず、良いところを思いっきり解放する。それに十分に応える彼女の素直さ。また、新しい才能に出逢った嬉しさでいっぱい。あとで調べてみると、彼女の先生、アリーナと同じなんですね(後に変わってるけど)。ロンドンの同じ学校。ううむ。そして彼女を有名にしたのはBBCの若手音楽家のコンクールだけれども、セミファイナルの時にヴァイオリンの顎当てが取れちゃって3回も弾き直すというトラブルにもかかわらず通過、ファイナルでは滅多に弾かれないシマノフスキの協奏曲!(その様子は画像悪いけどここにあります) シマノフスキ好きのわたしはますます親近感です。あっそういえばアリーナの新しいCDもシマノフスキのアルバムだったわ。ますますこれからのふたりが楽しみ、目が離せません。
[PR]

by zerbinetta | 2009-04-30 19:47 | フィルハーモニア | Comments(0)