タグ:ヒラリー・ハーン ( 3 ) タグの人気記事   

プチ追っかけの原点に戻る   

18.05.2011 @cadgan hall

tartini/kreisler: variations on a theme by corelli
beethoven: violin sonata no. 5
ives: sonata no.4, s63 'children's day at the camp meeting'
bach: partita no. 1
antheil: sonata for violin and piano no. 1

hilary hahn (vn), valentina lisitsa (pf)


ヒラリーとリスィツァさんのリサイタルにはるばるカドガン・ホールまで行っていきました(いつものホールは地下鉄乗り換えなしで行けるのに、ここは乗り換え1、2回)。もともと教会だったのを改装してホールにした1000人規模の中ホール。リサイタルにはぴたりのサイズです。

わたしのプチ追っかけ、実は初めての相手がヒラリーだったのです。あれはわたしがまだ、うら若き少女時代、なんちゃって、でも若かったよ〜、まだ20代、ヒラリーも10代の頃でした。そのヒラリー、プログラムのプロフィールには、冒頭にきっぱりと31歳のヴァイオリニストと書いてあって、うぎゃ、もうそんな歳なんだ、わたしも年とったんだな〜と妙な感慨。今は、ヒラリーのプチ追っかけはしていないけど、でもヒラリーの音楽会とあればなるべく聴くことにしている。
ピアノのリスィツァさんは、前回のリサイタルのときも聴いたけど、もう10年以上前に初めて彼女を見たときとんでもない美人だって思った人です。そしてがんがん弾く人。今は落ち着いた感じになってきましたね。

今日はちょっと意図がよく分からない寄せ集め系プログラム。わたし、プログラムを見るとついキー・ワードを探したくなるんですね。もちろんそういう組み立て方をしていない音楽会も多いのですが。始まりは、タルティーニ/クライスラーのコレッリの主題による変奏曲。タルティーニもクライスラーのも言わずとしれたヴァイオリンの名手。そんな彼らの作品だからヴィルトゥオーゾ満載。でも、ヒラリー楽々と弾きこなしていきます。全く、危なげなくというか、憎らしいほど余裕綽々。そして、多彩な音色。ヴァイオリン一挺でこんなにいろんな音色を表現してしまうとは。そして驚いたことに、ふっくら系の音色。ヒラリーの音色って凛とした研ぎ澄まされた透明な音だと思っていたのに、今日は不純物たっぷり(不純物がたっぷり入ってるからお酒っておいしいんですよ。アルコール水だったらなんて味気ないこと)、というか倍音が多くて、幅の広いふくよかな音色。まずこれにびっくりしました。最近は、特にフォーク・ミュージックの人との共同作業が多いせいなのか、クラシック以外の音楽にも目を開いていろんな可能性を探ってるヒラリーだけど、その成果が音に出てるのでしょうか。でもこれは、両刃の剣。わたしは以前の凛とした音色が好きだったので、ちょっと引っかかりました。

で、もっと引っかかったのがベートーヴェン。澄み切ったきらきらした春を描くのかと思ったら、まず始まりのゆっくり目のテンポにびっくり。見事に予想を裏切られます。じゃあ春のうららかな感じかな〜って思うとそうでもない。泰然とした風格さえ感じられる音楽を豊かな音色で弾くので、のどかというよりなんだか畏怖のようなものまで感じます。そして、汚い音まで敢えて使って、音楽に奥行きを与えているよう。とても良く考えられていると思うのですが、わたしにはちょっと考えすぎというか、考える方向がわたしのとは違ってるように感じました。なのでちょっと戸惑った。
でも、第2楽章には凄みのようなものまで感じられて、これはもうヒラリーの独壇場。会場のお客さんの空気までぴーんと変わって、第2楽章と第3楽章の間は息を詰めたよう。ヒラリーはベートーヴェンの書いた若くて朗らかな音楽(一見かも知れないけど)をものすごく精神性の高い音楽として表現しようとしていると思いました。ずっしり来るような聴後感は、それが上手くいっていたことを証明しているのかも知れません。好き、嫌いにかかわらずね。

でも、ヒラリーの本領発揮はここからです。まずは前回も弾いたアイヴスのソナタ第4番。キャンプ集会の子供の日。いろんなフォークソングがコラージュのように積み重なっているアイヴスらしい曲です。最後のはたんたんたぬきの〜♪ ですよね。それをあるがままに、まさにあるべき姿で弾いたのがヒラリーとリスィツァさんです。実は、ベートーヴェンのときは、リスィツァさんのピアノ、わたしの感覚にフィットしなくて、ああやっぱりピアニストも大事なんだなぁ、アリーナのティベルギアンさんってものすごくいいんだな(最近彼らのCDを聴いて、ティベルギアンさんのピアノにますます惚れ込んでいるのでした)、なんて余計なことも頭によぎっていたのですが、アイヴスのこの曲や最後に演奏されたアンタイルのソナタには、まさに彼女じゃなきゃという存在感がありました。
アイヴスの音楽は最近のヒラリーの方向性ととてもよくマッチしていて、ステキです。前回もアイヴスのソナタを数曲演奏しているのだけど、彼女が今、力を入れているフォークソングとのコラボレイションのクラシックへの成果としてアイヴスの演奏は成功していると思います。全集を録音するのかな。したらいいな。それにしてもこの曲最後は人を食ったような終わり方ですね。

そして、やっぱりヒラリーの真骨頂は、バッハ。パルティータの第1番というあまり有名ではない曲ですが、これがもう神々しくて(awesome)まるで音楽に神が宿ったようです。ヒラリーはデビュウCDがバッハのソナタとパルティータ(ただし全曲ではなくて半分)だったように、バッハをとっても大事にしているのだけど、だからこそ、畏敬の念を持って精神性の高い圧倒的なバッハを求道しているように思えます。そして今日のバッハは、10代で録音したCDでの演奏とは全く別物(CDではパルティータの第1番を録音していませんが)。CDで聴かせた透徹で透明感の溢れる音色から、ラシャのように、厚みがあって柔らかい音色。わたしは、最近はアリーナの繊細なバッハが大好きなんだけど、全く別世界に到達したヒラリーの演奏にも圧倒されてしまいました。もともとプロテスタント系(多分)の教会を改装して作られたこのホールの雰囲気と相まって超絶的なバッハ体験のひとつになりました。バッハの無伴奏の全曲録音はしないんですかと尋ねたところ、いつか、って答えていた彼女。まだ、その時期にはなっていないと考えているのでしょうか。でも、そのいつかがとても楽しみです。

最後のアンタイルのソナタは、作曲家の名前も初めて聴く人だったんですが、とても現代的。で、プログラムを見てびっくりしたんですが、アンタイルは1900年に生まれて59年には亡くなっているんですね。しかもこのソナタは23年の作曲。なんか途轍もなくいっちゃってる作曲家なんですね(アイヴスもそうですが)。しかもウィキペディアで調べると、無線LANの基礎となった技術を発明しているらしい。
この曲、ときどきストラヴィンスキーの影も聞こえてきて、激しく、技術的にもむちゃ難しそうですが、ヒラリーはもう盤石ですね。現代のヴァイオリニストの中でもテクニックは間違いなくトップ、音楽を読む目も確かな彼女が弾くと、ちょっとよく分からないモダニズム系の音楽もきちんと聞こえてしまいます。っていうか、彼女にこれだと言われるとすっかり納得するしかない、そんな圧倒的な説得力が彼女の音楽にはこもっているようです。

31歳、ますます高いところに向かっていく彼女。今は、フォーク・ミュージックの人との共同作業や、短い新作を何人もの作曲家に委嘱したり、音楽を豊かにしていく作業を意識的に行ってる彼女だけど、どこに向かっても、もし迷っても、あの原点のバッハがある限り、彼女は正しい道へ戻るでしょう、って確信した。わたしは、10年前、彼女にさようならをしたんだけど、でも、やっぱりこれからもプチ追っかけの原点として彼女を聴いていかなければと思い直しました。

10年前の日記(一部)です。ヒラリーがタコの協奏曲(第1番)をシャイーさんとコンセルトヘボウの共演で弾いたとき(2002年2月)。
・・・・ ヒラリーの音楽はわたしには想像もつかないほどの深みに達しているって。そしてわたしは寂しさを覚えたの。ヒラリーを聞き始めたときから、わたしも一緒に音楽を深めていこうと思ったのに、もう置いてけ堀を食らっちゃった。ヒラリーの音楽はもうずうっと遠くにある。これから彼女はどう成長していくのでしょう。ヴァイオリニストとして一番充実する40代まであと20年。そう考えるともう空恐ろしい。 ・・・

アンコールには、リスィツァさんがソロでショパンのノクターン。実はこれびっくりするくらい良かった。リスィツァさんの印象思いっきり変わっちゃった。静かで優しくて音楽が慈愛に満ちていて。そしてふたりでクライスラーの美しきロスマリン。このふたつのアンコールで張り詰めた心はまたやさしく溶けたのでした。とても充実した音楽会でした。でも、空席もあったのがちょっと残念。カドガン・ホールってあんまり宣伝上手じゃないのよね。
c0055376_2174440.jpg

[PR]

by zerbinetta | 2011-05-18 21:05 | 室内楽・リサイタル | Comments(2)

眼鏡ヒラリー   

arias and orchestral movements by j.s. & c.p.e. bach
mojca erdmann (sp), matthias goerne (br), hilary hahn (vn),
alexander liebreich / munich chamber orchestra @barbican hall


わたしは持ってないんだけど、最近CDで出た歌とヴァイオリンのアルバムのツアーです。CDではシェーファーさんが歌ってるし、今日もシェーファーさんの予定だったんだけど、病気のためキャンセル。代わりはモイカ・エルデマンさんでした。知らない人だったけど、この人、ものすごくきれい〜〜、ステキ〜〜。そうなんです、ずうっと応援してるヒラリー(・ハーンさん)とこの間オペラでも聴いたけど、結構好みのシェーファーさんを聴きに来たのです。シェーファーさんは残念だったけど、エルデマンさんがとおってもステキだったので良しです。将来性のある若い人に出会えるとほんとうれしいんです。

今日のプログラムは、C.P.E.バッハのシンフォニアの1番と4番、これはオーケストラの演奏ですね、その間とそのあとにJ.S.バッハのカンタータからアリア、最後にマタイ(メンデルスゾーンの編曲版)から「私を憐れんでください」のアリア。ここまでが第1部。休憩を挟んで、J.S.バッハの管弦楽組曲第2番の序曲、カンタータやロ短調のミサ、マタイのアリア、それから管弦楽組曲第3番のアリア、最後にカンタータからデュエット。歌と、オブリガードのヴァイオリンにスポットを当てたプログラムです。なのでヒラリーはどちらかというと脇役。譜面を見ながら眼鏡をかけての演奏です。でも、眼鏡ヒラリーもとてもステキなんです。なんか正統派優等生みたい感じで。眼鏡ヒラリーを見るのは実は2回目です。前回はニューヨークでブランデンブルク協奏曲を弾いていました。こういうヒラリーの姿を見ると、ヒラリーって本当に合奏が好きなんだなぁって思います。凄く楽しそう。ソロのときのように前面に出ないで、音楽をみんなで奏でていくというのが好きなんでしょう。ソロの出番が終わってシンフォニアの第4番では第2ヴァイオリンの席に座って弾いていましたし。歌のオブリガードでは、歌うようにヴァイオリンを弾いていきます。ふたりで歌ってるように。

歌はゲルネさんがとっても安定していて良かったんですが、今日はモイカ・エルデマンさんでしょう。うっとりするほど可憐な人。プロフィールを見るとこの間まで学生だったみたいなので、まだ20代の半ばくらいでしょう。なので当然といえば当然なんですが声の質が若々しくて、透明で爽やかなんです。歌うのが楽しそう。現代音楽でも絶賛されてるようなので技術的にもしっかりしてるんでしょう。短い息継ぎの前の子音がちょっとせせこましく感じられることもありましたが、これからどんどん歌い込んでいけば、もうすぐにトップ歌手のひとりになるんじゃないかしら。軽い声なので、イタリアオペラとかは難しそうなのがちょっと不利な感じもするけど、古典や現代物歌いとして高く評価されるのでは、と思いました。絶対これから応援していこう。今日一番グンと来たのは、休憩前のマタイでした。音楽が始まる前からのエルデマンさんの悲しげな表情もじんときたし、何よりもバッハのこの曲が好き。そして、メンデルスゾーンの編曲のを初めて聴いたけど、今ならマタイを編曲して演奏することはあり得ないと思うけど、これはこれでステキな感じで全曲も聴いてみたいと思いました。3時間、聴くのにはちょっとこってり目かもしれないけどね。

もうひと方、指揮者のアレクサンダー・リーブライヒさんがとおおってもステキだったんです。イケメンで胸きゅん。指揮するお姿もスマートでかっこいいし、何よりも音楽がとっても良かった。この人もものすごく才能あるなって思った。この人の音楽もっと聴きたい。ロンドンのオーケストラに振りに来ないかなぁ。そして、オーケストラでは通奏低音も弾いたチェロの人がぐいぐいとオーケストラを引っ張ってるみたいで、ステキでした。とっても表情豊かで楽しそうでした。今日はヴァイオリンのリーダーの人よりこの人中心だったのかな。

ヒラリーとエルデマンさん
c0055376_9552924.jpg

リーブライヒさんとゲルネさん
c0055376_956302.jpg

通奏低音のkristin von der goltzさん(チェロ)とrosario conteさん(テオルボ)
c0055376_9571928.jpg

[PR]

by zerbinetta | 2010-03-23 09:53 | 室内楽・リサイタル | Comments(2)

ヒラリーと魔女   

ysaye: sonata no.4, no.6, reve d'enfant
ives: sonata no.4, no.2, no.1
brahms (joachim): hungarian dances
bartok (szekely): romanian folk dances
hilary hahn (vn), valentina lisitsa (pf) @barbican hall


この音楽会のアナウンスを見たときびっくりしたのよ。だって、ヒラリーの伴奏者、聴いたことある、ヴァレンティナ・リスィツァさんなんだもの。わたしが聴いたのは8年前。プロコフィエフの協奏曲第3番でした。ものすごく美人で(まるでモデルさんみたい)、でも演奏は男性的で叩きまくる。プロコフィエフの曲がそういう音楽なんだけど、でもかなり(我を忘れて)叩きまくってたような。ヒラリーの清楚で模範的な演奏スタイルとは大違い。このふたりでデュオやるの?って。それからはどんなことになるんでしょうとわくわくしっぱなし。リスィツァさんのこと調べてみたりして。なんか魔女系ピアニストとかのだめピアニストとかって言われてるんですね。ユーチューブにも演奏あるんだけど、ラフマニノフのこれや(速い)や、ショパンのエチュード10−4。うむむ。
音楽会のプログラムもこれも変わっていて、メインはアイヴスのソナタ。それとイザイの無伴奏、ブラームスのハンガリアン舞曲、バルトークのフォークソング。いまいちつながりが分からなかったんだけど、聴いてみて納得。キーワードはフォークソング。ヒラリーはほんと頭の良い音楽家だと思います。意識的に自分のレパートリーを創ってる。アメリカのフォークソング、カントリー系の音楽家とコラボレイションしたり、ブラームスやバルトークの音楽を勉強して20世紀以降の音楽の重要な要素となる民族性をしっかり見つめて音楽の裾野を広げようとしているとわたしには思われる。また、来シーンはアンコールピースになる新作を委嘱して現代音楽にも理解を深めようとしてるし(あっでもこれはこの間出たシェーンベルグの協奏曲のCDを聴いたときにも感じたことだわ。あっそうしてもうひとつ、彼女のために書かれたメイヤーの協奏曲がフォークソングと現代曲の接点的な作品だった!あの頃からアフィニティがあったのね)。それからそれから、今回のアイヴスの作品も賛美歌やフォークソングをアイヴス流にコラージュしてるし、イザイも民族音楽的な要素大事だし、曲の選び方が考え抜かれてる。そしてそして、イザイからみたらヒラリーは正真正銘の孫弟子。もちろん彼女がイザイを直接知ってるわけではないけれども、つながりを考えたら特別な想いがあるでしょう(確かそのような文章をCDのブックレットに書いてなかったかしら)。なんだか、彼女の世界をひとつ垣間見るようなプログラムですね。
演奏はもちろん、とってもステキでした。彼女の美質を崩さずにフォークソングを奏でるのはものすごく考え抜かれた成果です。フォークソングというと少し荒っぽく弾いたり泥臭い方が「らしい」とも言えるのですが、ヒラリーは崩さずに高い音楽性を持って見事に聴かせてくれました。それでいてしっかり歌って。アンコールピース的でマンガや映画にもよく出てくるブラームスのハンガリアン舞曲の第5番がこんなにも音楽的でステキだったなんて。びっくりすることに曲によって音色を大きく変えていて、いつもの凛として清涼感のある音色からしっとりとした艶のある音色まで弾き分けて、表現の幅が大きく広がっていて、またしてもわたしの期待を超えて成長していくヒラリーでした。そしてピアノのリスィツァさんもヒラリーに寄り添ってステキなピアノでした。ふたりのコラボレイション、わたしの予想に反してぴったりフォークソングの世界にはまってる。ヒラリーこれからどうなっていくんでしょう。ますますわたしの想像を超えた高みに昇っていくのだわ。わたしもこれからもずうっと聴き続けていきましょう。できたらわたしも音楽の聴き方が成長できればいいな。こんなステキな音楽家と同じときを歩んでいくなんてなんて幸福なんでしょう。そして、イザイとバッハの無伴奏、いつか全曲聴ける日が待ち遠しいな。
[PR]

by zerbinetta | 2009-04-01 04:14 | 室内楽・リサイタル | Comments(0)