タグ:マリアネラ・ヌニェス ( 2 ) タグの人気記事   

「ロミオとジュリエット」はもう観たくない ヌニェス、ソアレス @ ロイヤル・バレエ   

13.01.2012 @royal opera house

prokofiev: romeo and juliet

kenneth macmillan (choreography)
pavel sorokin / oroh

marianela nuñez (juliet), thiago soares (romeo)
thomas whitehead (tybalt), ricardo cervera (marcutio)
jonathan watkins (benvolio), valeri hristov (paris)
gary avis (lord capulet), elizabeth mcgorian (lady capulet)
melissa hamilton (rosaline), kristen mcnally (nurse)
itziar mendizabal, olivia cowley, pietra mello-pittman (three harlots), etc.


今シーズンのわたしの「ロミオとジュリエット」始まりです。ここでもう何回も書いてるけど、「ロミオとジュリエット」は、わたしをバレエの世界に引きずり込んだ記念すべき演目。それはもう楽しみにしてました。今シーズン「ロミオとジュリエット」は、ラムさん・ボネリさん、タマちゃん・アコスタさん、コジョカルさん・コボーさん、カスバートソンさん・ポルーニンさん、マルケスさん・マクレーさん、ベンジャミンさん・ワトソンさんのペアが2回ずつ、マリアネラさん・ティアゴさん、メリッサさん・ペネファーザーさんのペアが1回ずつと広くたくさんのペアで踊られます。わたしの大好きなマリアネラさんはたった1回切り。なんでーーー

今日の舞台のイメジは、意外とカラフル! 実はこの舞台って、ときどき観るDVDのせいか、それとも前に観たときの印象か、モノトーンで暗い舞台だと思っていたの。実際そうなんだけど、でも、売春婦のリーダー(?)の服には胸に赤いワンポイントがあったり、目を惹くカラーが上手に使われてる。衣装も背景もとても精巧に丁寧に作られていてシンプルなんだけどとっても贅沢。そしてもちろん、舞台に出てくる人全員の性格付け。まさに演劇的なロイヤル・バレエの真骨頂。舞台のどこに目をやっても生き生きとドラマが展開されていて、ダンサーたちも上手に演技をします。ロイヤル・バレエのステキさは、こういう名もない役のダンサーたちに下支えされて魅力を増しているんだと思います。その中で目を引いたのは、応援してるので私情入ってるかも知れないけど、扶生さん。彼女、コールドの中にいても目を引く何かを持っていると思うんですね。それに今日は喧嘩を諫めたり、結構目立つところにいました。

今日のオーケストラはロイヤル・オペラ・ハウスのオーケストラ。指揮はソロキンさん。オーケストラからとても良い音を引き出していました。相変わらずトランペットは下手でしたけど。ところで、この曲は大編成のせいか、ステージ際の客席(コストパフォーマンスが良くて好きなエリアなんですけどね)が閉められて天井(オーケストラから見たら)を抜いていました。そのせいで、わたしの席にはホルンや木管楽器の音が客席の下からダイレクトに聞こえてきました。いつもなら控えめにしか聞こえないチェレスタが突然大音量で鳴り出してびっくりしたり、ホルンや木管楽器がオーケストラ・ピットから届いてくる他のオーケストラの音と交わらずに個別に聞こえたりで、音楽を聴くにはちょっとぉって感じ(天井を外さなければいいのに)。でも、そのせいでプロコフィエフが変な音を多用しているのが分かってそれは面白かったんですけど。。。

でも、今日の舞台はやっぱりマリアネラさん。ずーんと感動しました。泣きました。ものすごいものを観たような気がします。そしてそれは今だにじわじわと心に染み込んでいく。完全にマリアネラさんの世界で物語は動いていたと思います。踊りが上手いとかそういうレヴェルではもうない。バレエを観ているとか、物語を読んでるとか、そんなレヴェルでもなくて、完全にロミオとジュリエットの世界に共振して一体化して、そしてそれにわたしも完全に巻き込まれている。舞台の世界を客席から観ているのではなく、わたしが世界の中にいるの。わたしと舞台との間にはもう何も障害物はない。
初めにマリアネラさんが舞台に出てきたときは、あっ大っきいかなって思ったんです。シェイクスピアの物語ではジュリエットは14歳。まだほんの少女。やっと胸がふくらみ始めたくらいの。なのでわたしのイメジではジュリエットは小さな人だったんですね。でも、さすがにダンサーは自由に背丈を変えることはできないから、もしかすると、ずうっと違和感を引きずるかなっと思ったんです。でもそれは一瞬の杞憂。やっぱりマリアネラさんかわいらしい。まだぬいぐるみと遊びたい溌剌とした少女。ところがロミオと出会って電気が走って。ここからのジュリエットの成長はマリアネラさんの独擅場。そして今日のお相手は、プライヴェイトでのパートナーでもあるティアゴさん。おふたりの視線のやりとり、舞台の上での秘密の会話がなされていて、もうこれはやばいと思った。もちろん演じるダンサーは、俳優と同じように、舞台上では恋人同士でも、私生活でもそうである必要なんてなくって、というかないのが普通で、演じることの方が大事なんだけど、それでも本物の恋人同士だと自然にふたりは閃きあっちゃう。コジョカルさんとコボーさんのペアにもみられるけど、本当にそれがプラスに働くし、自然に出てしまうものだからあえて不自然に抑える必要はないのよね。で、マリアネラさんばっかり褒めているけど、実は今日はティアゴさんが輪をかけて良かったんです。
ティアゴさんってロミオのキャラクターじゃないなぁって観る前は思ってたんですよ。でも、ティアゴさんのロミオ、はまってた。ロミオって王子さまではないんですね。良家のぼんぼんだけど、優等生ではなくって、女好きの3バカトリオのひとり。でもまっすぐなところもあって。原作でも下卑たジョークを飛ばし合うちょっとやんちゃな青年として描かれてますよね。でも、ロミオもジュリエットと出逢って変わっていく。そんなロミオを上手に演じ踊って(ほんと、ティアゴさん身体が切れてました)、特に、ジュリエットとのふたりのシーンはもう涙が出そう。いえ、出てました。特に第3幕のパ・ド・ドゥのせっぱ詰まった感は、物語のテンションが最高に上がって転回点になる第2幕最後のティボルトの死の場面から一気に物語をロミオとジュリエットの悲劇に引き戻す力があって、さっき号泣したばかりの(いつもわたしはキャピュレット婦人の慟哭の踊りに心が突き刺されるんです)わたしから涙を絞り取っていく。

実は今回、マリアネラさんのことではなく、ほんとに良かったティアゴさんやマキューシオを踊ったセルヴェラさん、それから、舞台の枠(脇の誤りではありません)をしっかり支えていたキャピュレット夫妻のギャリーさんとマクゴリアンさん、乳母のマクナリーさん、それにいつものように切れのある踊りを見せてくれた売春婦のメンディザバルさんがとっても良かったので、そのことばかり書こうと思っていたんです。でも、マリアネラさんの印象がじわりじわりと心の中に占めてきて。そこからは逃げられない。

ティボルトを殺めてしまって追放されるロミオ。そこからのジュリエットの、マリアネラさんの想いと苦しみ。気が狂わんばかりだったでしょう。無理矢理パリスと踊らされる、死んだような踊り、結婚を迫られて現実を拒否して一瞬子供に退行してしまう精神、僧ロレンスの手引きで表面的には結婚を承認するものの決してパリスを受け入れない一途さ、毒薬を前にしてたじろぐ気持ち。ジュリエットの生をマリアネラさんは全力で走ったの。あまりに深い感情表現に、わたしの心臓はナイフで切り刻まれて沈んだ。動けなかった。わたしも泣いたけどマリアネラさんも泣いていた。お互い泣きながら写真を撮るのが精一杯。
c0055376_534253.jpg


もう「ロミオとジュリエット」はしばらく観たくない。わたしの心の回復に時間が必要。わたしの心に重く沈殿する踊りを踊るのはマリアネラさんだけ。去年の「ジゼル」から、「白鳥の湖」「マノン」と心に突き刺さる踊りを見せてくれてるマリアネラさん。やっぱりわたしの一番のダンサーです。

マクナリーさん、ギャリーさん、マクゴリアンさん、フリストフさん
c0055376_5351546.jpg

セルヴェラさん、ホワイトヘッドさん、ワトキンスさん
c0055376_5355878.jpg

マリアネラさんは泣き笑い、最後までマリアネラ・スマイルはありませんでした
c0055376_5363390.jpg

[PR]

by zerbinetta | 2012-01-13 05:29 | バレエ | Comments(4)

一線を越えてしまった ヌニェス、マノン。ロイヤル・バレエ   

05.11.2011 @royal opera house

massenet: manon

marianela nuñez (manon), nehemiah kish (des grieux)
thiago soares (lescaut), christopher saunders (monsieur g.m.)
claire calvert (lescaut's mistress), elizabeth mcgorian (madame), etc.

kenneth macmillan (choreography)
martin yates / orchestra of roh



もう今日はマリアネラ讃で許して〜。わたしのまわり、何故かアリーナさん派とタマちゃん派に分かれていて(あとアコスタさん派がひとり)、マリアネラさんのファンいないんだもん。ブログを私物にしてって怒られそうだけど、だって私物だもん。もう今日は、(ファンということは抜きにしても)徹底的にマリアネラさんを褒め称えるわよ。でもその前に。

素晴らしかったまわりの役の人たちのことを書きます。まずは誰を置いてもデ・グリューのキッシュさん。観る前は、大丈夫かなぁ合うのかなあって思っていましたが、すごく良い。最初はちょっとぎこちなかったけど、ウブで一途な若者を上手く演じていましたし、リフトの安定感もやっぱりプリンシパルだなって思わせるものがありました。マリアネラさんが安心して飛び込んでいけるような。
そして、ムッシュGMは、大好きなギャリーさんではなかったけど、もちろんサウンダーズさんのもすこしお上品なのもステキ。サウンダーズさんは、エロじゃなくて王様が似合う人だけど、背が高くて落ち着いた風情でかっこいいし、ちゃんとエロいし、でも育ちの良さは感じられて、これもアリです。ちなみに、ギャリーさんは今日は憎っくきエロ看守。嫌あぁ〜マリアネラさんがかわいそう。そして、エロ看守に目を付けられる解放される囚人(売春婦たち?)に茜さんが!怪我でオーロラを降板したので心配してたけど、姿を見つけて喜。嬉しい♪
そして今日は日本人は、娼婦館のお客に平野さん、張り合う娼婦にユフィさんとひかるさんが出てらっしゃいました。あっそれから娼婦の中に扶生さんの姿も。ユフィさんとひかるさんのユーモラスな喧嘩のシーンを観るのは、2度目ですけど、ほんと仲が悪そう。そしてこのおふたり、表現のしかたに共通の土台が見て取れるので、ふたりの絡みがとってもフィットしてるんです。表情が日本の漫画チックというか、テレビドラマ的というかそれがとっても上手いし、日本人のわたしにはちょっと懐かしかったりして、日本的なものを発見して嬉しかったり。
今日のレスコーの愛人はクレア・カルヴェートさん。この春のマノンでこの役デビュウしたんですよね。ファースト・アーティストの彼女にしては大役ですけど(そういえば彼女、眠りではリラの精を踊っていましたね)、とっても期待されてるんでしょう。とても良かったです。

さて、レスコーと言ったら圧倒的にティアゴさんなんです、わたしにとって。彼の仏頂面での酔っぱらいぶりやっぱり最高。彼、王子さま役よりもこういう小悪党役ぶりが絶対似合ってる。ほんとステキなんだから。正直この役3人くらいの人で観ていてみんなそれぞれ上手いし良いのだけど、でも、ティアゴさんがやっぱり圧倒的にいいんだな。デ・グリューにマノンを売ったことを告げるときも、プリンシパル同士のティアゴさんとキッシュさんの踊りは迫力あるし。そして今日は特別。だって、マノンは最愛のマリアネラさん。兄と妹の役柄なのに観てるといちゃつきぶりが恋人同士のよう。でも、この小悪党、マノンをそそのかしてデ・グリューにいかさまやらせるのよね。マリアネラさん、インタヴュウの言葉じゃないけど、「ティアゴ、こんなところで何してるの?」でしょうね。

さあ、いよいよマリアネラさんを褒め称えるわよ〜〜。
まず出てきたとたんから、圧倒的にかわいらしい。実は、このマノンの髪型ってわたしの好みじゃないし、マリアネラさんに似合ってるのかなっていうと疑問なんだけど、それでもこう圧倒的にかわいらしいの。彼女から出る雰囲気が全てを凌駕してるのね。そして、マリアネラさんのマノンは家を出て、外の世界に好奇心を持った少女。冒険心に溢れてる。見るもの見るもの新鮮で興味を惹かれてる感じ。だからそんな目線で彼女に見られる男の人も彼女を見て惹かれちゃうんでしょうね。彼女にはまだ邪念はないけど、男の人も彼女の好奇心の対象。デ・グリューのアプローチに、今日気がついたんですけど、デ・グリューがわざと後ろ向きでマノンにぶつかってきっかけをつかむときって、デ・グリューが本を落とすのではなく、マノンが老紳士にもらったバッグだったんですね。このときはまだ、お金には興味がないというのを印象づけてるのかしら。ここで、マノンの好奇心、冒険心に火が付いて、デ・グリューとふたりで旅立つ。マリアネラさんのそんな表現がとっても自然でまるで言葉があるよう。
寝室のシーンでは、手紙を書くデ・グリューの羽ペンを取って投げるところが、いたずらっ子ぶりがもうマリアネラさんにぴったり。そしてパ・ド・ドゥ。ものすごく幸せな気持ちになった。ほんとに愛し合ってる感じ。マリアネラさんの踊りは羽のように軽くて、空に浮いてるみたい。うっとり。ここまでの軽さは、年始めに観たジゼルにはまだなかったの。マリアネラさんものすごく上手いのにますます上手くなってる。そして、デ・グリューの留守中にレスコーと現れたムッシュGMのお金に引かれていくところもごく自然な表現で無理がないの。心が少しずつ変心していくようで、最後までデ・グリューへの愛を持っていたけど、最後の最後に彼を捨ててムッシュGMについていくところでは完全に新しいマノンに生まれ変わってる。女は怖いってほんとに思った。
第2幕からは、だから全くの別人。自分の魅力を知って男たちを手玉にとる女になってる。怖いくらい自然に。完璧なファム・ファタル。デ・グリューをいかさまに誘うとこなんてもう本当に悪女。もう一度デ・グリューとのパ・ド・ドゥがあるけれども、もうここではデ・グリューを以前ほどには愛していない。ふたりの心はすれ違ってる。そして破滅。
第3幕では、彼女は完全に魂を失ってるよう。踊りも力なく相手にされるまま。看守に蹂躙されるところなんて悲惨すぎて目を背けたくなるし、最後の沼地のパ・ド・ドゥの苦しさと言ったら。この舞台、もう第1幕からずっしりと感動して席を立てなかったくらいなんだけど、ここに来て心に重くのしかかる悲しさ。マリアネラさん一線を越えたって思った。もう死力を尽くして、本当に、命の灯火が消えゆこうとする最後の力を振り絞って踊っているように見えるの。お願い、もう止めて、これ以上苦しまないで、死んじゃうよおって叫びたくなるくらい。息を飲んで涙も涸れる。もうこれは踊りではない。観てはいけないものを観させられてしまったように苦しい。わたしは本当にこんな結末を観たかったんだろうかって思わず思っちゃった。お芝居だと分かっていても、いえもうこれはお芝居なんかじゃない、瀕死のマノンがそこにいるの。目の前で人が死んでいくのを観るなんて。。。舞台が終わったあと写真は撮ったけど、わたしも放心状態。抜け殻。マノンの人生がわたしの裡にずっしりと沈殿して。

マリアネラさんを「発見」して以来、大好きでずうっと観てきたけど、彼女の成長ぶりが手に取るように分かるってすごいこと。特に、今年の始まりのジゼルからの表現者としての充実ぶりは素晴らしかった。そしてついに今日、さらに途方もない高みに昇ったと思います。マノンはこの春、ロール・デビュウして、今日がオペラ・ハウスで踊るの2回目だと思うのだけど、フレッシュでいて完成されたマノン。マリアネラさんの良さは、物語への理解度の高さ。この物語を完全に読みこなして自分の踊りに昇華させてる。もともと、物語の表現はとっても上手かったんだけど、そしてそれをとっても分かりやすく表現していたんだけど、ときにそれが分かりやすすぎてあざとく感じられることもあったんだけど、今日は全くそれがなくて、全く自然にマノンに一体化してた。そして彼女のマノンは短い舞台の中できちんと大胆に成長していったの。それも自然に必然の流れとして。なんという凄さ。マリアネラさん自身も深化しすぎ。
あのいつも幸せいっぱいで、わたしまで嬉しくなるステキな踊りを見せてくれたマリアネラさん。それが、悪魔に魅入られた真の芸術家のみが持っているような世界に引き込まれている。彼女の技術や表現力云々なんてもうどうでもいい。そんなレヴェルではもはやないんです。まさにマリアネラさんはわたしにとってわたしの何かを変えるファム・ファタル、運命の女なのかも。これ以上彼女の深化を観るのは怖い気もするしわくわくもする。もう彼女はバレリーナの枠を越えている表現者です。

舞台直後のおふたりは魂を抜かれたように放心状態
c0055376_7463963.jpg

花束を贈られてやっと笑顔。視線を交わす?おふたり
c0055376_747970.jpg

マノンの音楽を構成して編曲した指揮者のイェテスさん
c0055376_7473818.jpg

ユフィさんとひかるさん、そして看守のギャリーさん
c0055376_748524.jpg

クレアさんとマクゴリアンさん、そしてサウンダーズさん
c0055376_7483396.jpg

苦み走ったティアゴさん
c0055376_74927.jpg

マリアネラさんとキッシュさん なんかいい感じ
c0055376_7494460.jpg

キッシュさんから逃げるマリアネラさん
c0055376_7501674.jpg
c0055376_7504420.jpg
c0055376_751527.jpg

[PR]

by zerbinetta | 2011-11-05 07:41 | バレエ | Comments(2)